歯科医師 湯浅 啓先生(湯浅歯科医院|京都府京都市)インタビュー

    歯科医師 湯浅 啓先生(湯浅歯科医院|京都府京都市)インタビュー
    湯浅歯科医院
    湯浅 啓院長

    京都市右京区の湯浅歯科医院は帷子ノ辻駅からほど近いところにある歯医者さんです。

    診療チェアは2台で、院長の湯浅先生は、患者さま一人ひとりと向き合った診療を大切にしています。

    虫歯治療や小児歯科といった一般的な歯科診療に加えて、セラミックを取り扱うつめ物・かぶせ物治療やホワイトニングなど、美容診療も取り入れることで治療の選択肢の幅を広げている湯浅歯科医院。

    この記事では院長先生に、治療方針や患者さまと接するときに心がけていることなどを詳しくお伺いしました。

    街の歯医者さんとして、小児歯科から美容診療、入れ歯作製まで幅広い治療に対応します

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットー、日ごろ大切にしていることを教えてください
    湯浅 啓先生アイコン
    湯浅 啓先生
    患者さまへの負担に配慮した治療、そしてコミュニケーションをしっかりと取ることを心がけています。

    「虫歯治療」一つをとっても当日中に処置が終わる場合もあれば、何度か通院していただく必要がある場合など、患者さまの症状によりさまざまです。

    患者さまの症状にはどんな治療が必要で、それには何回通う必要があるのか、またどういった治療の選択肢があるかなど、コミュニケーションを取りながら治療計画を検討していきます。

    患者さまの貴重なお時間を使って通院していただくため、どのような治療をご希望か、いつまでに治療を終えたいかなど、まずは要望をお聞かせいただけたらと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    初診の方や不安が強い方にはどのように接していますか?
    湯浅 啓先生アイコン
    湯浅 啓先生
    お口の中を見られるということは、どなたであっても少なからず緊張されるものです。ましてお痛みやお悩みがあると不安を抱えていらっしゃることでしょう。

    初めて来院された方は、問診と検査を行います。目視でのチェックのほかレントゲン撮影を行い、どのような治療が必要かを判断します。

    緊張すると痛みを感じやすくなることもあります。そのため、検査や治療に入る前には患者さまと向き合ってお話しし、治療についての認識をすり合わせるようにしています。

    時には治療に関係のない世間話などを交えながら、少しでも緊張や不安を和らげられるように努めています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    力を入れて学んだ分野は何ですか?
    湯浅 啓先生アイコン
    湯浅 啓先生
    前歯の見た目に配慮した美容診療(※自由診療)と、欠損部分を補う義歯を取り扱う治療です。食事を楽しむためには正しい噛み合わせが欠かせないと考え、研さんを積んできました。

    欠損部や噛む機能を補う義歯と、見た目に配慮した美容診療はこれからもさらに力を入れていきたいと考えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    環境面でこだわった点を教えてください
    湯浅 啓先生アイコン
    湯浅 啓先生
    待合室に落書きのできる壁掛けを設けたり、キッズスペースをご用意したりと、お子さま連れの方が気兼ねなく受診できる環境づくりを行っています。

    お子さん自身の治療の待ち時間や、親御さまの治療中などにご利用いただけたらと思います。

    当院では小児歯科診療にも対応しています。不安感、恐怖心が強いお子さまは歯科医師以外のスタッフがあやすなど、クリニック全体で「歯医者さんは怖くない場所」と思っていただけるように努めますので、お子さまの治療もご相談ください。

    湯浅歯科医院を掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 湯浅 啓先生(湯浅歯科医院|京都府京都市)インタビュー 2021-11-12T15:54:48+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ