親知らずの生える時期はいつ頃!?30歳目前で生えてくることも…!

親知らず_生える時期

2,295view

親知らずは「口腔トラブルの要因になりやすい歯」として知られています。「斜めに生えてくる」「一部が歯茎に埋まったままになる」など、生えてきた段階で何かしらの問題を抱えていることも珍しくありません。

さて、親知らずは名前のとおり「親の手をほとんど離れた時期に生える歯」であり、一般には18歳くらいで生えると考えられています。しかし、人によっては「一般的な時期」から大きく外れた時期に生えてくることもあるようです。そのような事情から、多くの人にとって「疑問点の多い歯」となっています。

そこで、こちらの記事では「親知らずの生える時期」「抜歯するかどうかの一般的基準」などを解説することにしました。

【関連記事】親知らずが生えかけで痛いとき、どうする?治療法と緊急時の応急処置

1.親知らずの生える時期!何歳までに生えてくる?

人間の歯は、顎の骨格の成長にあわせて徐々に生えそろいます。6~12歳くらいの期間で乳歯が永久歯に生えかわることは、よく知られています。また、乳歯の存在しなかった部位には「第一~第三大臼歯」が新しく生えてきます。このうち「第三大臼歯」が、一般に親知らずと呼ばれている歯です。

さて、「第一大臼歯」は6~7歳頃に生えてくる歯で、「6歳臼歯」と呼ばれることもあります。親知らずの1つ前に生えてくる「第二大臼歯」は11~13歳くらいで生えてきますので、別名を「12歳臼歯」といいます。たいていの場合、第二大臼歯までは真っ直ぐ生えてくるので、歯として使用するにあたって問題は起こりません。

問題は、最後に生える「第三大臼歯」です。基本的には「18歳くらいで生えてくる」とされていますが、実際に生えてくる時期は人によってまちまちです。また、「傾いて生えてきた」「生えてきたと思ったら、すぐ虫歯になった」など、口腔トラブルの原因になりやすいことから、まるで「トラブルメイカー」のような扱いを受けている気さえします。

1-1 親知らずの萌出は、一般的に17~21歳!

正式な用語では、歯が生えてくることを「萌出」と言います。親知らずの萌出は一般に17~21歳の間です。3歳半~4歳くらいで歯の生成がはじまり、12~16歳で歯冠(歯の本体)が完成…、それから数年かけて表面に出てきます。

実に長い時間をかけて歯が形成されることに驚いた人もいるかもしれません。しかし、親知らずが例外というわけではなく、すべての永久歯が長い時間をかけて完成へと向かいます。

たとえば、中切歯(真ん中の前歯)は「妊娠5か月頃に歯の生成がはじまって、4~5歳で歯冠完成、萌出は6~8歳」となっています。すでに母親の胎内にいるときから、永久歯の生成ははじまっているのです。

女子高生

1-2 親知らずは生える時期がブレやすい!30歳目前で生えてくる人も…!?

ただ、親知らずは萌出の時期がブレやすいことでも知られています。早いと14歳で生えてくる人もいますし、遅い人では29歳くらいで生えてくるケースもあるのです。稀(まれ)な例では「30代に入ってから生えてきた」という人もいます。

第一大臼歯(6歳臼歯)が2、3歳で生えたり、12歳になってから生えてきたり…という話はまず聞きません。(先天的欠損でずっと生えてこない例ならば、一定確率であります)それを考えると、親知らずは非常に「気まぐれに生えてくる歯」という印象です。

2.親知らずが生えてきたらどうする? 早く抜いたほうが良い?

「親知らず=抜いたほうが良い」と認識している人もたくさんいます。しかし、「絶対に抜くべき」とまでは言い切れません。真っ直ぐ生えていて噛み合わせに支障がない親知らずなら、そのまま歯として使うことができます。

また、特に口腔トラブルを起こしていないなら、親知らずを残しておくことでメリットが生じるケースも考えられます。将来的に、親知らずの一つ手前にある「第二大臼歯」が抜歯になったとしましょう。親知らずが生えていれば、第二大臼歯の前後に親知らずと「第一大臼歯」が存在するはずです。その場合、ブリッジで第二大臼歯を補うことができます。

さらに、歯牙移植といって「生えている歯を、別の場所に移す施術」があるのをご存じでしょうか? 第一大臼歯や第二大臼歯を失ったとき、親知らずが残っていれば、歯牙移植で失った歯を補うことも可能です。

以上から、「正常に生えていて、特にトラブルの原因にならない親知らず」に関しては、十分に残しておく価値があります。

親知らずを抜くべきなのは「斜めに生えている場合」「一部が歯茎に埋まっている場合」など、問題のある生え方をしているケースです。特に、一部が歯茎に埋まったままの親知らずは、周囲を巻きこんで炎症を起こすことが多いので、早期抜歯を勧められます。

2-1 抜歯するのなら、早く抜歯したほうがベター!

生え方に問題があり、「放置すると口腔トラブルの原因になる」と思われる場合は、なるべく早く抜歯するほうが賢明です。なぜなら、歯が生えてきて間もない時期のほうが、すんなりと抜歯できるからです。

実のところ、歯が完全に萌出したように見えても、歯根(根っこの部分)は未完成のままになっています。歯根が伸びて、歯茎・歯槽骨にしっかり固定されるのは、萌出の数年後です。一般に親知らずの歯根完成は「18~25歳」と考えられています。

つまり、生えてきたばかりの歯は歯根が短く、固定が不十分な状態です。抜歯するのなら、きちんと固定される前に抜いたほうが簡単になります。痛みも少ないですし、「歯根と歯槽骨が癒着して、抜歯に骨開削を要する」ということもありません。これが、「どうせ抜くなら早いほうが良い」と言われる所以(ゆえん)です。

2-2 親知らずが生えない人もいるって本当?

親知らずは退化傾向にある歯なので、生えてこない人もいます。むしろ、最近では「4本とも生えてくる人のほうが少ない」という状況です。なので、生えてこなかったとしても、特に気にする必要はありません。

斜めに生えてきて口腔トラブルの原因になるよりは、最初から生えてこないほうが問題は少ないでしょう。親知らずの先天的欠損に関しては、まったく気にする必要ありません。

3.まとめ

親知らずは「17~21歳頃に生える大臼歯」ですが、生える時期には大きなブレがありますし、生えてこない人もいます。仮に「20代半ばになっても生えてこない」としても、あまり気にする必要はありません。ただ、生えてくるのなら、15歳頃には歯茎の中で歯冠ができあがるはずです。歯冠はレントゲンに映りますので、「なかなか生えてこないなぁ…」と思ったら、歯医者さんでレントゲン撮影をしてもらうと良いでしょう。

ごうデンタルクリニック_親知らず_生える時期

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ