歯科医師 山口 智矢先生(山口歯科クリニック|大阪府枚方市)インタビュー

    歯科医師 山口 智矢先生(山口歯科クリニック|大阪府枚方市)インタビュー
    山口歯科クリニック
    山口 智矢院長

    大阪府枚方市に位置する山口歯科クリニック。幅広い年齢層の患者さんがお見えになる地域に根差した歯医者さんです。

    患者さんの気持ちに寄り添い、恐怖心を与えない雰囲気作りを心がけていらっしゃいます。そのため子どもだった方が大人になっても通い続けているというケースもよくあるそう。

    患者さんとの信頼関係を大切にしている山口先生に、歯科医師としての思いやこだわりを伺いました。

    患者さんの恐怖心や不安な気持ちに寄り添った、子どもから年配の方までどなたも相談しやすい歯科医院です。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットーや大切にしていることをお教えください
    山口 智矢先生アイコン
    山口 智矢先生
    とにかく患者さんの苦痛をとることが第一です。初めて来院される方はとくに、不安やお困りごとを抱えていらっしゃいます。そのためコミュニケーションをとり不安を軽減するほか、歯科衛生士や受付も含めスタッフ全体が患者さんを怖がらせない雰囲気作りに努めています。

    その甲斐あってか「歯医者さんは嫌いだけどここは来るよ」と言ってもらえることもあり、嬉しく思っております。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    子どもの患者さん、年配の患者さんにそれぞれ配慮していることはありますか?
    山口 智矢先生アイコン
    山口 智矢先生
    お子さんへの治療で気を付けているのは第一印象です。大人の患者さんより恐怖心を感じやすいので、怖い印象を植え付けないよう接し方に配慮していますね。そのため嫌がるお子さんに無理やり治療を押し付けることはいたしません。また小児歯科では「親御さんを診療室に入れない」というのが教科書的なのですが、そういった厳しいことはせず親御さんにも一緒に入ってもらっています。

    年配の患者さんは、年とともに治療した部分が悪い方に変化しているケースがあります。そのため些細な変化にも注目し診療を行っています。また、変化はお口の中だけではありません。日常生活や家庭環境の変化もお口の健康に関連してくるためそういったライフスタイルも考慮します。そのほか持病への配慮も欠かせないため問診の際に詳しくヒアリングしています。

    当院では患者さんの希望に応じて訪問歯科診療にも対応しています。通院が困難になってしまった方も気兼ねなくご相談ください。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    先生が力を入れて勉強した治療は何ですか?
    山口 智矢先生アイコン
    山口 智矢先生
    嚙み合わせと補綴治療です。「白い詰め物がいい」という要望をいただいた際、白い詰め物だけでも種類があるので患者さんの予算や希望するゴールを伺いながらより適した治療を提供できるよう努めています。そのほか開院当初から歯周病にも注力していますね。

    今後もっと力を入れていきたいのは小児矯正(※自由診療)です。ただ歯を動かすのではなく、なぜ嚙み合わせや歯並びが悪くなったのかという原因も追究した治療を行っていきたいと思っております。

    山口歯科クリニックを掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 山口 智矢先生(山口歯科クリニック|大阪府枚方市)インタビュー 2021-11-19T12:46:05+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ