歯科医師 杉本 一野先生(すぎもと歯科クリニック|東京都練馬区)インタビュー

    歯科医師 杉本 一野先生(すぎもと歯科クリニック|東京都練馬区)インタビュー
    (医)悠歯会 すぎもと歯科クリニック
    杉本 一野院長

    すぎもと歯科クリニックは、石神井公園駅から徒歩5分のところにある歯医者さんです。

    育児中の親御さんを応援したいという願いから、保育士が常駐されています。さらに広いキッズスペース、ベビーカーのまま入室できる診療室、おむつ台など親御さんの嬉しい設備も揃っています。

    また子どもが楽しく通えるよう内装にもこだわっていらっしゃいます。そんなすぎもと歯科クリニックを開業した院長・杉本先生に、歯科医師としての思いやこだわりを伺いました。

    保育士による託児サービスあり!親子で楽しく通えるテーマパークのような歯医者さん

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療方針やモットーをお聞かせください
    杉本 一野先生アイコン
    杉本 一野先生
    当院は、育児中の親御さんもお子さんを連れて気兼ねなく受診できるような環境を整えています。

    「子どもが小さいから」と受診を諦めている親御さんは少なくありません。育児中の親御さんにも平等に歯科診療を提供したい、自身の健康を諦めないでほしいという願いから、保育士を常駐させお子さんをお預かりする託児サービスを実践しています。

    保育士とお子さんが一緒に遊べる広いキッズスペースや、ベビーカーを押したままでも入室できる診療室などを設け、育児中の親御さんを応援しています。親御さん自身も治療に専念できるでしょう。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    子どもが楽しく通えるために工夫している点を教えてください
    杉本 一野先生アイコン
    杉本 一野先生
    お子さんがわくわくしながら通える、テーマパークのような歯医者さんを目指しています。医院のマスコットキャラクターがあったり、季節によって装飾を変えたりするほか、こども専用の診療台の天井にはモニターを設置し、アニメを流しています。

    キッズスペース以外もポップなデザインで、身長を測るエリアもあります。写真を撮られる患者さんもいらっしゃるほどです。私自身テーマパークが好きなので、それを反映させながら楽しい歯医者さん作りに取り組んでいます。

    また、診療の面ではお子さんに対してもていねいに説明をしています。その場しのぎの嘘やごまかしはせず、お子さんであっても誠実に向き合うことが信頼関係につながると考えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    貴院で行っている美容診療について教えてください
    杉本 一野先生アイコン
    杉本 一野先生
    お口に関するコンプレックスを抱いている方は多くいらっしゃいます。お口の健康を守るだけでなく、患者さんが思い切り笑えるようなお口に整えることも歯科医師の使命だと思っています。

    見た目にこだわると一言に言っても、患者さんにとって求めることや悩んでいることは異なります。歯の着色や噛み合わせをはじめ、どのようなお悩みにも対応できるよう努めています。

    たとえば歯の着色の場合、ホワイトニング(※自由診療)を行います。ホワイトニングには自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。それぞれのメリット・デメリットを詳しく伝え、患者さんに合ったものを選択いただけます。

    また女性の方は、女性専用の診療室でホワイトニングを受けることができます。

    (医)悠歯会 すぎもと歯科クリニックを掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 杉本 一野先生(すぎもと歯科クリニック|東京都練馬区)インタビュー 2021-10-21T18:12:02+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ