歯科医師 横須賀 正人先生(横須賀歯科医院|東京都大田区)インタビュー

    歯科医師 横須賀 正人先生(横須賀歯科医院|東京都大田区)インタビュー
    横須賀歯科医院
    横須賀 正人院長

    大田区山王にある横須賀歯科医院では、患者さまが本当に望んでいる治療を提供することを「その人医療」と呼び、そのための環境づくりや対応を大切にしています。

    「基本に忠実な治療を心がけています」という院長の横須賀 正人先生に、よりよい治療を行うための取り組みや、今後力を入れたい分野などを詳しく伺いました。

    患者さまに治療を押し付けるのではなく、その方に寄り添った治療方針を提案するよう心がけています

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    痛みが苦手な方に配慮していることがあれば教えてください
    横須賀 正人先生アイコン
    横須賀 正人先生
    当院では緊張している方には無理に治療をすることはありません。声かけなどで緊張を解きほぐすことを大切にしています。

    慣れるまでコミュニケーションをとって、患者さまが「この人なら治療を任せられる」と思ったときから治療をスタートすればよいと考えています。

    当院に限らず、いまの歯医者さんはそんなに怖がる必要はないと思いますので、まずは相談に来ていただけたらと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    土・日・祝日も診療をしているのはなぜですか?
    横須賀 正人先生アイコン
    横須賀 正人先生
    もし自分が患者さまの立場だったら、月曜日から金曜日まで仕事をしていれば、普通は夜遅くか仕事が休みの日にしか歯医者に行けないと考えたからです。

    仕事が終わってからだと皆さん疲れていますから、家に帰ってゆっくり休みたいという方が多いと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    よりよい治療のために取り組んでいることは何ですか?
    横須賀 正人先生アイコン
    横須賀 正人先生
    当院では2カ月に1回、専門の先生を講師として招き、新しい技術・知識について学んでいます。

    具体的な内容としては、つめ物・かぶせ物、かみ合わせ、あるいはセラミック治療(※自由診療)などが挙げられます。

    例えば、歯科材料には新しく出てくるものもあれば、だんだん使われなくなるものもあります。しかし大切なのは新しいものを使うことではなく、基本に忠実な治療を行い、そのうえでさらによいものを使うということだと思います。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    院内環境でこだわっているところはありますか?
    横須賀 正人先生アイコン
    横須賀 正人先生
    COVID-19(新型コロナウイルス)が流行する以前から、口の中に入るものは全て消毒・滅菌を徹底して行っています。

    また強力な空気清浄機などを設置し、不安なく治療を受けていただけるよう取り組みをしております。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    今後力を入れていきたい治療はありますか?
    横須賀 正人先生アイコン
    横須賀 正人先生
    セラミック治療(※自由診療)や矯正治療(※自由診療)に力を入れていきたいと考えています。

    歯科医師としては、虫歯の治療や歯を失った人への入れ歯や義歯の治療はもちろん基本的なことですが、それをベースとしたうえで、やはり歯並びはよい方がいいですし、歯は白い方がうれしいものだと思います。

    歯をきれいにすることは生活の質を高めますし、歯を大切にすることにもつながると考えています。

    横須賀歯科医院を掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 横須賀 正人先生(横須賀歯科医院|東京都大田区)インタビュー 2021-12-01T16:57:59+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ