歯科医師 齋藤 泰子先生(銀座中央歯科医院|東京都中央区)インタビュー

    歯科医師 齋藤 泰子先生(銀座中央歯科医院|東京都中央区)インタビュー
    銀座中央歯科医院
    齋藤 泰子 院長

    銀座中央歯科医院は女性歯科医師の齊藤先生が院長を務めています。

    銀座中央通りからほど近く、銀座駅、東銀座駅、銀座一丁目駅と、どの駅からもアクセスしやすい、まさに銀座の中心にあるクリニックです。

    診療室はプライバシーに配慮された個室設計。齊藤先生は患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら診療を行っています。

    診療チェアは1台のみ。親身なコミュニケーションを大切にしたオーダーメイド治療

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    治療方針、理念をお聞かせください
    齋藤 泰子先生アイコン
    齋藤 泰子先生
    「しっかり嚙めて健康に」、「笑顔に自信が持てる」、「ライフスタイルに即した健康管理のお手伝い」を診療のモットーとして掲げています。

    当院では、患者さまのニーズに合わせて、機能面だけでなく見た目の美しさにも配慮したさまざまな治療を行っております。

    また、インプラント治療に不安を抱かれる方やブリッジを希望されない方のために、種々の入れ歯治療も取り入れております。

    入れ歯に対してネガティブなイメージを抱いている方も少なくありませんが、健康な歯を削ることを最小限にとどめる手段としては、決してマイナーなものではありません。症例によっては留め金を使わないものや、磁石を使って小さくするなど、より目立たなくする方法もあります。

    皆さまのライフスタイルやご希望をよく伺ってご相談の上、より良い治療方針を立てることを、心がけております。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    治療にともなう痛みを和らげるために行っている工夫はありますか?
    齋藤 泰子先生アイコン
    齋藤 泰子先生
    疼痛緩和にレーザー治療(※自由診療)を取り入れています。

    レーザー治療は、主に歯周病の治療や、口内炎の治療、顎関節の痛みの緩和、虫歯の治療などにも使われます。

    「レーザー」と聞くと、よくわからず不安に思う方もいらっしゃるため、事前説明の際に何のために使うか、治療後の痛みの程度などをしっかりとご説明いたします。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    「個性心理学」を活かした治療説明を行っていると聞きました
    齋藤 泰子先生アイコン
    齋藤 泰子先生
    当院では患者さま一人ひとりに合わせた細やかな対応、わかりやすい治療説明を行うことを心がけています。

    そのために「個性心理学」を取り入れ、患者さまの思考・行動パターンを大きく三つに分類し、それぞれの特徴・個性にあわせて説明をしています。

    不安な気持ちと痛みは関連していることもあるため、親身なコミュニケーションに努め、治療説明を丁寧に行うことで不安を和らげるようにしています。

    また歯科衛生士による処置の場合も、治療内容によっては院長が問診を行い、治療説明まで行うようにしています。

    診療チェアは1台のみで、まわりの患者さんの様子などを気にする必要のない個室設計なので、何でも心置きなくご相談ください。

    銀座中央歯科医院を掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 齋藤 泰子先生(銀座中央歯科医院|東京都中央区)インタビュー 2021-09-08T18:06:27+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ