お悩み解決コラムその他

歯科検診の用語を解説!大切な自分の歯を守るための全まとめ

歯科検診_用語

2,099view

歯科検診の診断結果を見ても、専門用語だと分かってはいても意味まで分かっている方は少ないと思います。
用語の意味がずっと気になっていた方、これから歯科検診を受ける方、今回は気になる歯科検診の用語の意味をお伝えしたいと思います。

1.歯科検診の用語を覚えよう

1-1 歯の状態

乳歯と永久歯を指す用語

歯の一本一本には、アルファベットと数字が振られています。
右上、左上、右下、左下で、それぞれ前歯から奥歯に向う順番です。

ABCDE:乳歯

12345678:永久歯

8番は親知らず。抜いてしまった方もいます

歯並びを指す用語

M:歯並びが悪い

MO:歯並びが少し悪い

健康な歯を指す用語

:一度も虫歯になったことがない健全な歯
※検診では、歯の〇番~〇番が「/(斜線)」であると伝えてくれます

:健全な歯が連続で並んでいる場合、まとめて呼ぶことがあります

:虫歯治療がすんでいる歯

×:欠損している歯

虫歯を指す用語

虫歯は口の中に入った糖分を虫歯菌が食べ、出した酸で歯を溶かすことでなります。
こちらは虫歯菌の進行状態を表しています。数字が大きいほど症状は重いです。

CO:虫歯になりかけの状態。歯磨きなどでしっかりケアすることで、自然に治る可能性があります

C1:虫歯菌が表面のエナメル質を溶かして浅い穴をあけた状態。痛みを感じることは少ないです

C2:エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯菌が進んだ状態。冷たい水や熱いお湯を飲んだ時にしみることがあります

C3:虫歯菌が象牙質を破壊して、奥にある歯髄にまで進行している状態。常に痛みを感じます。痛みの度合いは個人差があります

C4:虫歯の最終段階。歯髄が死んでしまい、歯冠部まで溶けた状態。痛みはもう感じられなくなります

【関連記事】進行度や状況に応じた虫歯治療と痛みを抑えた治し方

1-2 歯茎の状態

歯茎の状態は「プローブ」という専用器具で測ります。

歯と歯茎の境目にある溝がどれだけ深いかで歯周病の進行が分かります。数字が大きいほど症状は重いです。

P1:3㎜以下。正常な状態です

P2:4~6mm。初期から中期の歯周病。歯のぐらつき、出血、腫れの症状が見られます

P3:7~9mm。重度の歯周病。歯のぐらつき、出血、膿、口臭の症状が見られます

P4:10mm以上。歯周病の末期です。歯がぐらぐら揺れて、いつ自然に抜け落ちてもおかしくない状態です

歯茎の検査と一緒に歯肉の炎症の有無も分かります

G:歯肉炎
GO:軽い歯肉炎

【関連記事】歯肉炎の痛みは悪化のサイン!自宅で行う対処法と歯科治療

1-3 歯の動揺

歯がどれだけぐらぐら揺れているかを度数で表しています。
数字が大きいほど抜けやすくなっています。

動揺度0:ほとんど動かない
動揺度1:前後に動く
動揺度2:前後・左右に動く
動揺度3:前後・左右・上下に動く

1-4 歯石

歯石とは、口の中に残った歯垢(プラーク)が、唾液中のカルシウムと結びついて硬くなったものです。

ZS:歯石

2.歯科検診ですること

ここからは歯科検診でチェックする4つのことをお伝えします。虫歯の早期発見や虫歯予防に欠かせない歯科検診は良いことがたくさんあります。

虫歯の進行が重くなってからでは、治療の時間も費用もかかってしまいます。

【関連記事】歯科検診はお得!?知っておきたい歯科検診の費用と頻度

2-1虫歯があるかチェック

日頃どれだけ磨き残しがあるかが分かる

虫歯は歯垢の磨き残しが原因です。
薬剤で歯の染め出しを行って、どれだけ磨き残しがあるかを調べたうえで、歯のブラッシング指導をしてくれます。

虫歯がどれだけあるか判明する

虫歯は症状の進行によっては自覚できない場合があります。
C2までの虫歯の状態で歯医者さんに診てもらえれば、歯をあまり削らなくてすみますし、治療の期間も少なく済みます。
C2とC3の間には、治療のしやすさでは大きな開きがあるので、早期治療を心がけましょう。

2-2歯並びのチェック

歯並びが悪いと、磨き残しが多くなって虫歯や歯周病になりやすくなります。顎の発育にも悪影響を与え、顔の形のバランスが崩れたり、滑舌が悪くなったりします。歯医者さんで歯並びが悪いと判断されたら、すぐに矯正を始めましょう。
噛み合わせが悪いことを、正式には「不正咬合(ふせいこうごう)と言います。不正咬合の代表的なパターンは次の通りです。

叢生(そうせい)

八重歯、乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれます。
生えてくる歯が大きかったり、顎の横幅が小さかったりして、歯が生えるスペースが足りないことで、でこぼこな歯並びになってしまいます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯とも呼ばれます。
前歯や上顎の骨が前に出すぎているため、前歯の傾きが目立ってしまいます。

反対咬合(はんたいこうごう)

受け口とも呼ばれます。
下の前歯あるいは下顎の骨が前に出すぎている状態です。
下顎の骨が原因の場合は、子供の時期の良いタイミングでの治療が重要とされています。

開口(かいこう)

口を閉じた時に奥歯の数本しか噛めずに、前歯が上下に噛み合わない状態です。
前歯の噛み合わせができないと、発音や力の分散に悪影響を与えます。
とくに成長期に開口を放っておくと、顎の骨格の変形にも繋がると言われています。

2-3 歯石がどれだけあるかチェック

歯石は歯にこびりついていて、どんなにブラッシングしても落とせません。
無理に強く擦っても、歯の表面を傷つけてしまいます。

歯石だけなら実は害はないのですが、歯石の表面にいくつもあいている穴には、歯垢がたまりやすいのです。
磨き残した歯垢が2日で歯石になることを考えれば、3カ月に一度は歯のクリーニングに行く必要があります。

2-4 歯周病の進行をチェック

歯を失う一番の原因は歯周病です。日本の成人の8割以上が歯周病に感染していると言われています。
虫歯と違い、進行しても強い痛みを感じることが少ないため、本人は気づかないことが多いです。しかし、痛みを感じていなくても、歯が揺れると感じる時は注意が必要です。

歯が揺れる原因の多くは歯周病です。歯と歯茎の境目に溜まった歯垢を落とせないでいると、虫歯菌が溜まって、歯肉が赤くなったり、腫れたりします。これが歯周病の初期症状です。

進行すると歯と歯茎の境目にある溝がどんどん深くなります。この溝を「歯周ポケット」と呼びます。

歯周病の症状が進行することで、歯がどんどん揺れるようになり、自然に落ちることもあれば、周りの歯を守るために抜歯する必要が出てきます。
歯周病の進行を止めることが歯の寿命を延ばすことに直結するのです。

3.まとめ

歯科検診は虫歯や歯周病の予防のため、定期的に受けることが大事です。その際に歯科検診の用語を知っておくと、歯医者さんの説明がよく分かりますし、日頃から自分の歯の状態への関心が高まると思います。虫歯予防は自分の歯をよく知ることからです。

ページトップへ