歯周病

歯肉炎の痛みは悪化のサイン!自宅で行う対処法と歯科治療

37,925view

歯肉炎とは、歯茎にとどまった炎症のことで、痛みを感じることがほぼありません。しかし、歯茎に痛みが出ているということは、体のどこかが不調であるというサインです。体の他の部分が、痛みなどの症状で不調のサインを出すのと同じです。

この記事では、歯茎の痛みはどんな原因で起きているのでしょうか。さらに、急な痛みが出た時に自分で行える応急処置法や歯医者さんでの治療法、歯茎の痛みを繰り返さないために知っておきたい予防法も紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯肉炎の痛みは“歯周病が進行している”状態

1-1 歯肉炎は歯周病の初期症状を指す

歯肉炎というのは、歯周病の初期症状です。「歯周病」とは、細菌などにより歯を支える組織が壊されていく病気の総称です。歯周病は症状の度合いにより、歯肉炎から歯周炎へと進行します。

歯肉炎の症状とは、歯茎が赤紫色に変色する、腫れる、少しむずがゆい感じがする、歯磨きの時に血が出るといったものです。歯肉炎ではほとんど痛みを伴いません。

ですから、違和感を多少覚えながらも自覚しにくく、痛みを感じる頃にはすでに歯肉炎から歯周炎という段階に進んでいるといえるでしょう。

 歯肉炎により赤紫色に変色した歯茎

shinikuen_henka

1-2 初期には痛みのない歯周病

歯肉炎は、細菌の作り出した汚れの塊である「歯垢(プラーク)」が歯や歯茎に付いていると、その歯垢の中にある細菌が歯茎に炎症を引き起こし発症します。細菌が作り出す毒素により歯と歯茎の境目にある歯周ポケットと呼ばれる溝に2~3ミリのすき間ができます。

そしてさらにこの状態を放置していると炎症はひどくなり、歯周組織や歯を支える骨である「歯槽骨」や歯の根っこの周りにある歯根膜にまで細菌がおよび、壊していくのです。歯周炎の軽度の状態なら、この段階でもまだ痛みがないことが多いです。症状としては、歯茎の腫れや出血、膿、口臭などが挙げられます。

1-3 痛みが出始める中度の歯周病

歯周炎が中度にまで進行すると、歯周ポケットの深さは4~5ミリまで深くなります。炎症がさらに悪化し、歯槽骨を半分近くまで溶かしているので歯を支えきれずに歯がグラグラし始め、噛むと痛みが出ます。歯ぐきの痛みを感じる場合は、すでにこの段階に達していると考えられます。

1-4 痛みを放置する危険性

重度の歯周病にまでなると、歯周ポケットの深さは5ミリ以上です。歯槽骨が半分以上溶けて歯周組織が破壊され、歯はグラグラになります。歯茎の痛みが生じても放置しているなら、最終的には歯は抜け落ちてしまい、生え変わりのない永久歯は取り返しのつかないことになるのです。

歯槽膿漏とは1

2.自宅で行う歯茎が痛む時の対処法

歯茎が痛む時、すぐに歯医者さんで診察を受けるのが最善です。しかしすぐに行ける状況にない時には、鎮痛剤などで痛みを和らげる対策を施しましょう。

2-1 痛みに効く鎮痛剤を飲む

痛みを一時的に抑えるのに鎮痛剤は有効です。痛みの根本原因を治すわけではないので、あくまでも応急処置として服用してください。歯医者さんでは、「ロキソプロフェン」を主成分とする鎮痛剤を処方してもらうことができます。歯茎の痛みを抑えるのに有効と言われていて、ドラッグストア等でも購入可能です。

2-2自宅でできるその他の応急処置

痛い部分を冷やす

冷えピタなどを頬の側から貼って冷やしたり、ぬれタオルをあてたりして冷やします。注意点として、直接冷やそうとして氷などを口に含むのは、しみて刺激が強すぎるので避けましょう。

うがい薬でうがいをする

「イソジンうがい薬」や、「コンクールF」などには殺菌作用が期待できますので、消毒のためにも使用すると良いでしょう。

硬いものを食べないようにする

歯周炎により歯槽骨が溶けて歯がグラグラしているために痛みが生じている可能性が考えられますから、硬いものを食べることは避けましょう。歯が折れたり抜けたりしてしまうこともあります。

2-3 歯茎が痛む時の歯ブラシのあて方

痛みが出ている時や出血、腫れなどの症状があると歯ブラシをあてるのが怖いと感じるかもしれませんが、歯磨きをしないのは症状の悪化につながります。歯周病の原因は歯垢から生じているからです。

やわらかい歯ブラシで歯と歯茎の境目にある歯周ポケットの中に歯ブラシの毛先が入るように45度の角度を付けて優しくあてましょう。

横に小刻みに動かし、マッサージするような感じで磨きます。固い歯ブラシでゴシゴシと力を入れて磨くと歯茎を傷付けてしまうので避けましょう。

3.歯医者さんでの治療方法

歯医者さんに行くと、まず歯周病がどの程度の段階であるかをチェックして治療方針を決めます。歯周ポケットの深さを測り、レントゲンで歯槽骨がどの程度破壊されているかを見たりします。

歯肉炎の段階であれば、表面の歯垢を取り、正しい歯磨きの仕方の指導を受け、それを毎日行うことで症状は改善されていきます。

歯周炎に進行している場合、基本的な治療は、歯と歯茎の間に付いている歯垢や歯石、歯周ポケットの中に付いてしまった歯石を超音波による器具などで取り除くことです。スケーリングと呼ばれる方法です。

この治療方法と指導された通りの正しい歯磨きを毎日丁寧に行なっていくことで、歯茎の腫れが治まり、引き締まってきます。

そうすると、歯周ポケットの中の歯石が取りやすくなりますので、さらにスケーリングで歯石を除去していき、歯茎の奥深い部分の細菌を取り除いていきます。そしてまた歯ブラシを丁寧にあてるという繰り返しにより、健康な歯茎へ改善していきます。

歯周ポケットが5ミリ以上深く、歯石が取りきれない場合は、麻酔をして歯茎を切開し歯石を取り除く「フラップ手術」という処置を行うこともあります。

4.歯茎に痛みを伴う他の原因

4-1 歯が割れている場合

歯が割れている時に歯茎に痛みが出ることがあります。表面上は正常に見えても、歯の根っこの部分が割れているケースです。この場合は、抜歯するか、歯の割れ方によっては歯を分割すれば残せることもあります。

4-2 歯の根っこの先に膿がある場合

治療途中で終わっている歯があったり、歯の根っこの治療が不十分であったり、虫歯で歯の神経が自然に死んでしまっていたりする時に、歯の根っこの先に膿がたまり痛みが生じる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」と呼ばれる病気です。この場合は、歯の根っこの中から膿を出す治療を行い改善させます。

5.歯茎の痛みを繰り返さないために

痛みが治ってしまうと歯のケアに気を遣わなくなってしまい、歯肉炎、歯周炎を繰り返してしまうことがあります。次の点を心がけましょう。

5-1 毎日の歯磨きを丁寧に

歯肉炎を生じなければ、痛みが伴うような歯周炎になることがありません。そのためには、毎日の歯磨きが欠かせません。しかし、ただ磨けばよいというものではありません。

歯並びや歯磨きの癖というのは個人個人異なりますから、歯科医院で指導を受けるのが最善です。歯ブラシや歯磨き剤の選び方、デンタルフロスや歯間ブラシの使い方も教えてもらいましょう。

5-2 歯医者さんで定期健診を受ける

歯肉炎は自覚症状がないうちに進行していきます。歯医者さんには痛みが出てから行くという方が非常に多いですが、定期的に健診を受けていれば、早期発見・早期治療ができ、簡単な治療と短い期間で済みます。ですから、歯医者さんが苦手という方こそ定期健診をおすすめします。

3カ月から6か月に1度は健診を受けましょう。また、どれだけ丁寧に歯磨きをしていても自分では取りきれない汚れがありますから、歯医者さんで定期的に除去してもらうことも歯肉炎の予防につながります。

6.まとめ  

「歯肉炎の痛みでは?」と思っている歯茎の痛みは、すでに歯周病が進行している状態です。この痛みがある段階になると自然に治ることは望めません。

自宅で応急処置をして痛みが一旦引いたとしても、早めに歯医者さんで適切な治療を受けるようにしましょう。歯と歯茎を健康に守るために、普段からのお口のケアが大切なのです。

ページトップへ