お悩み解決コラム親知らず

親知らずの炎症が原因で発熱!?歯性感染症の症状・治療法を解説

親知らず_発熱

101view

親知らずの炎症を放置すると、発熱・喉の痛みなど「風邪に似た症状」をきたすことがあります。稀(まれ)なケースではありますが、全身症状が悪化して生命にかかわるほどの重症になる例もあるほどです。

こちらの記事では、親知らず周辺の炎症がもたらす発熱について解説しています。「どのような症状が見られたら要注意なのか」を含めて掲載していますので、ぜひ、参考にしてみてください。

1.なぜ、親知らずの炎症で発熱することがある?

虫歯・歯周病を含めて、口腔内の炎症は「歯・歯周組織が細菌に感染すること」が原因です。当然ながら、感染が拡大すれば、周囲の組織にまで炎症が広がります。喉に広がれば「喉の痛み」が現れますし、広範囲に拡大すれば発熱・倦怠感といった全身症状が現れます。

親知らず周辺の炎症を「智歯周囲炎」と呼んでいます。智歯周囲炎の原因はたいてい「斜めに生えた親知らず」です。斜めに生えた親知らずは歯磨きの邪魔になり、周囲の衛生状態を低下させます。結果、親知らずの周囲が細菌の温床になってしまい、感染・炎症へとつながるわけです。

口腔内の炎症が周囲に拡大した状態を「歯性感染症」と総称しています。親知らず周辺の炎症に起因する発熱・倦怠感は、「智歯周囲炎を発端とする歯性感染症」ということになります。それでは、智歯周囲炎の炎症がどのように拡大していくのかを確認することにしましょう。

親知らず_発熱_イラスト

1-1 最初は親知らず周辺の局所的炎症

初期症状は、親知らず周辺の炎症です。うまくブラッシングできていなかった場所に歯垢が溜まり、細菌感染を起こした歯茎に腫れ・痛みが生じます。この時点では「歯茎が炎症を起こしている」という程度の自覚症状しかありません。

1-2 智歯周囲炎が悪化!口腔・喉に炎症が拡大

智歯周囲炎が拡大すると、周囲の組織に炎症が及びます。口腔内で広がると、口腔底(舌の下にあたる口の底部分)に水ぶくれができたり、広範囲が赤く腫れたりします。喉の方向に炎症が広がると、「唾液を飲みこむときに喉が痛む」など風邪に似た症状が現れます。このあたりまで拡大すると、発熱が見られることも多いです。

1-3 顎が感染すると、顔が大きく腫れあがることも!

感染が顎に拡大すると、「顎骨骨膜炎」を起こすことがあります。顎の骨を覆っている膜が細菌感染を起こした状態です。外見的にわかるほど頬が腫れ、強い痛みを伴います。心拍に合わせてズキズキと痛む「拍動痛」を訴える人もいます。首のリンパ節が腫れて、「押すと痛む感覚」が出てきます。舌の親知らずが智歯周囲炎を起こした場合、顎骨骨膜炎を起こしやすい傾向です。

1-4 感染範囲が広がると、蜂窩織炎(ほうかしきえん)に!

口腔内・頬粘膜にむくみが出て、広範囲で炎症が見られる場合は「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」を起こしたものと思われます。多くは強い痛みがあり、「口がうまく開かない(開口困難)」「唾液を飲みこむのさえ難しい(嚥下困難)」などの症状を伴います。ここまで炎症が拡大すると、38℃以上の発熱・頭痛・倦怠感など全身症状が顕著になります。

1-5 首から下に炎症が及ぶと、命にかかわるリスクも!

さらなる悪化が続くと、扁桃腺・リンパ節がパンパンに腫れあがり、発熱・倦怠感も強まります。また、非常に稀(まれ)なケースではありますが、炎症が首から下に及ぶと危険な状態に陥ります。肺に膿が溜まる「膿胸(のうきょう)」、心臓が感染したことによる「急性心筋炎」など、生命にかかわる症状をきたす恐れもあるからです。

2.親知らずに起因する発熱!歯性感染症の治療法とは?

「38℃を超える発熱」など強い全身症状が出ているなら、早急に医療機関を受診するべきです。口腔内の細菌感染が全身症状に発展するようなら、免疫力が低下していると考えてください。そのまま自然治癒に期待するのは、リスキーです。この章では、智歯周囲炎による歯性感染症の一般的治療法を確認することにしましょう。

2-1 抗生物質による薬物療法

細菌感染ですから、抗生物質を投与して原因菌を抑える治療がおこなわれます。智歯周囲炎を原因とする場合、原因菌は「不衛生な智歯周辺で繁殖した雑菌」です。つまり、複数菌に感染している…ということになります。そのため、多くの菌に対して作用するペニシリン系・セフェム系の抗生物質を用いるのが一般的です。経口投与・注射の2通りが考えられますが、重症の場合は1日数回の点滴をおこないます。

2-2 膿瘍(のうよう)があれば外科的治療

炎症の刺激が繰り返された結果、膿の溜まった空洞が形成されることがあります。これを「膿瘍」と呼びます。膿瘍ができている場合は、切開して膿を排出する必要があります。

2-3 原因となった親知らずの抜歯

智歯周囲炎が発端になったのであれば、「親知らずの周囲が炎症を起こしたこと」が根本原因です。いったん炎症が鎮まっても、親知らずを放置すれば炎症再燃のリスクがあります。斜めに生えている親知らずは、今後も歯磨きの邪魔になり、周囲で雑菌が繁殖する原因になるでしょう。

そこで、炎症が鎮まるのを待ってから、親知らずの抜歯をおこないます。親知らずを抜いてしまえば、もう智歯周囲炎の心配はありません。親知らずの抜歯が、歯性感染症の根本治療に相当するわけです。

3.まとめ

親知らずは、口腔内だけでなく全身症状をもたらす原因になることもあります。口腔内の炎症が全身に広がれば、発熱・倦怠感など風邪のような症状をきたすからです。

口腔トラブルが拡大した直後に発熱・倦怠感を覚えた場合は、早めに医療機関にかかって炎症の悪化を食い止めるようにしましょう。歯性感染症の疑いが強い場合は、歯科口腔外科を設置している総合病院の受診がおすすめです。

コージ歯科_親知らず_発熱

ページトップへ