ホワイトニング

少ない費用で白くする!自宅でホワイトニングの手法

58,752view

白い歯になりたい!というのは誰だって思いますよね。白い歯になれば自分の自信もついて、思いっきり笑う事ができます。今では、ホワイトニング治療の技術も進んできていて、ご自宅で簡単に白い歯を手に入れる事ができます。

ただ、なかなかやってみたいと思っていても「費用は…」「痛いのかなぁ」と不安はありますよね。

ご自宅で出来る主なホワイトニング方法として、「ホームホワイトニング」というのがあります。今回は、ホワイトニング治療だけでなく簡単に歯を白くするやり方もお伝えできればと思います。

1.自宅で白い歯を手に入れるやり方

1-1ホワイトニング専用歯磨き粉で白い歯に

市販で販売されているホワイトニング歯磨き粉では、色素を分解する成分が入っています。この成分では、歯の着色を落とす成分が汚れを落とすので、白くなったと実感するわけです。歯科医院で使用している薬剤とは異なりますので注意してください。

◆おすすめ ホワイトニング歯磨き粉とは

「ピロロン酸ナトリウム」でイオンの力でステインを浮き上がらせてすっきり落とす作用がある歯磨き粉もおすすめです。ホワイトニングしたいけど、なかなか費用がかけられない方におすすめです。

◆ホワイトニング専用歯磨き粉を最大限効果的に使うには

最大限効果を発揮するやり方として下記のような流れを行います。

①普通の歯磨き粉でブラッシングする

②ホワイトニング専用歯磨き粉を使ってブラッシングする

③フッ素を塗る

この流れを行う事によって、汚れを落とした後に着色を落とすことが出来ます。その後に、汚れをつけさせないようにするため、市販のフッ素で良いので塗ってください。

◆どのくらい費用がかかるのか?

このやり方であれば、約2000円程度で出来ます。内訳はホワイトニング歯磨き粉が約1000円でフッ素が含まれている商品が約1000円です。

1-2重曹を使ったホワイトニング

重曹は研磨作用が含まれているために歯を白くするのに効果的です。また、虫歯予防や口臭を防ぐ働きもあります。ただ、やり過ぎると歯を傷つけてしまう事がありますので注意しましょう。

◆重曹を使ったホワイトニングのやり方

①重曹を使ったうがいのやり方

500mlのお水にスプーン一杯の重曹(3g程度)を入れてうがいをするだけです。

②重曹で歯磨きをするやり方

濡らした歯ブラシに、ひとつまみの重曹をパラパラとふりかけて歯ブラシをします。

◆重曹を使うときの注意点

・工業用ではなく食用の重曹を使う事

・磨き過ぎに注意(やり過ぎは歯を傷付けてしまいます。目安は1週間に1回程度)

◆どのくらい費用がかかるのか?

100gが100円程度なので安いです。ドラッグストアに売ってますので、気軽に使ってみてください。

1-3ホワイトニングペンで白い歯に

ペン本体にジェルが入っていて、ペン先から出てきて白くする働きがあります。持ち運びがしやすいのと、朝と夜に2回塗るだけなので、手間がかかりません。

◆使用する前の注意点

・先に塗るタイプと後に塗るタイプがある

◆どのくらい費用がかかるのか?

1本約2500円程度になります。

1-5自宅でホワイトニングをする際の注意点

上記で紹介したやり方は併用しないで下さい。歯に対する刺激が強すぎると痛めてしまう場合がありますので注意しましょう。時間と費用を考えてもらい、自分に合っていると思うやり方を選んでください。

2.効果が高いホームホワイトニング

2-1ホームホワイトニングとは

歯医者さんでマウスピースを作成し、専用の薬剤を使用して自宅で出来るホワイトニングの事です。自宅で2時間程度装着してもらい、2週間程度続けていただくと効果的です。ホームホワイトニングは自分が望む白さまで継続する事ができます。ただ、しっかり継続して行うことが大切です。継続する事ができる人が向いています。

◆歯医者さんでの一般的な流れ

オフィスホワイトニングの流れ

◆ご自宅での一般的な流れ

ホームホワイトニングの流れ

このような流れでホワイトニングを行います。1週間程度したら歯医者さんに行って頂き、ホワイトニングの状態確認とメンテナンスをします。

※装着時間に関しては、ホワイトニングメーカーによって異なります。最短1時間、最長6時間の場合もあります

2-2ホームホワイトニングをする時の注意点

ホワイトニングをした直後の1時間は飲食を控えましょう。より効果的に用いるために、使用中は着色しやすい食べ物は控えましょう。食べ物以外だと、タバコや色つきの歯磨き粉、うがい薬(イソジン)も注意が必要です。

◆問題ある食べ物

【例】コーヒー、紅茶、赤ワイン、抹茶、カレー、キムチ、野菜ジュースなど

◆問題ない食べ物

【例】水、ヨーグルト、白身魚、お米など (着色の薄い食べ物)

2-3どのくらい費用がかかるのか

自費治療なので歯科医院でことなりますが、10,000~50,000円程度かかります。歯医者さんでやるホワイトニングでオフィスホワイトニングというのがあり、その場合は1本いくらという形なので全体的に出来るホームホワイトニングは、お得かもしれません。

3.まとめ

自宅で出来るホワイトニングではいくつか方法があります。しかし、歯医者さんと連携して行う「ホームホワイトニング」よりは白くする事ができません。ホームホワイトニングは自分の望む白さを期待できます。

海外では、ホワイトニングシートが流行っており、専用の歯磨き粉もどんどん出てきているので参考にしてみて下さい。

ページトップへ