お悩み解決コラム矯正

捻転歯を解消するには?ねじれて生えた歯への対処法

歯の模型を持つ歯科衛生士
3,740view ★役に立った!9

歯並び・かみ合わせに問題がある状態を「不正歯列」「不正咬合」と呼びます。近年では歯列矯正する人も増えるなど「不正歯列・不正咬合は矯正するもの」という考えを持つ人が多くなっています。

この記事では、不正歯列の中でも「捻転歯(ねんてんし)」と呼ばれる歯について解説します。捻転歯を解消する方法にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

この記事の目次

1.捻転歯とは何か?

捻転歯は、読んで字のごとく「歯がねじれて生えた状態」を指します。アルファベットで「ROT」と表記することもあります。「rotated teeth(直訳:回転した歯)」の略語です。

「歯の形状自体がねじれている」というわけではなく、時計回り・反時計回りといったように「ねじれて生えてくる」ことを指します。

例えば、自分から見て右上の前歯なら、歯面(歯のオモテ面)が正面ではなく「外側に向いている(時計回り)」「内側に向いている(反時計回り)」などの状態を捻転歯と言います。

ねじれ具合は個人差があります。軽度のこともあれば、90°近く(歯の側面が見えてしまうほど)など、大きくねじれていることもあります。

1-1 捻転歯のデメリットとは?

捻転歯があることで生じる問題点は、単に「見栄えが悪い」というだけではありません。機能的な側面でも、少なからずトラブルの元になります。捻転歯によって生じる問題点を確認してみましょう。

虫歯・歯周病リスクが増大する

歯ブラシは歯面を磨くようになっているため、途中に捻転歯があると効率的に歯面を磨くことができません。その結果、捻転歯の周辺は磨き残しが多くなり、常に歯垢(プラーク)が付着したままの状態になります。

当然、衛生的ではないため、捻転歯はもちろん隣の歯も巻き込んで虫歯になったり、歯垢が歯石に変わって歯周病の原因になったりします。

捻転歯に限ったことではありませんが、不正歯列は虫歯・歯周病リスクを増大させます。

全体の歯列に影響が出る

「欠損した歯があると、隣接した歯が欠損部位の方に傾いてくる」というのは、よく知られています。これは、歯が「接触する相手がいない方向に傾く性質」を持っているためです。

捻転歯と隣り合っている歯もまた、捻転歯の方向に傾いてくることがあります。捻転歯が90°近くなど大きくねじれている場合、隣接する歯との間に空間ができるからです。

歯並びは、一部が乱れると連鎖的に波及する傾向があります。捻転歯を放置したことで、全体の歯並びが崩れる恐れもあります。

鏡で歯をチェックする女性

1-2 捻転歯の原因は?

捻転歯の原因はいくつか存在します。いずれも意図して予防できる原因とは言えませんが、知識として「何が原因になり得るのか」を知っておきましょう。

顎のスペースが不足している

「永久歯が生えてくるために必要なスペース」に対し「顎のスペース」が不足していると、捻転歯になることがあります。十分なスペースが存在しない状態で、無理に生えようとするためです。

スペース不足は、捻転歯に限らずさまざまな不正歯列の原因になります。

過剰歯が存在している

基本的に、歯は種類(切歯・犬歯・臼歯等)ごとに本数が決まっていますが、稀(まれ)に「過剰歯」と言って正常よりも歯が多く存在することがあります。

特に多いのが、前歯の中央に余分な歯が出てくる「正中過剰歯」です。過剰歯は通常の歯より小さかったり(矮小歯)、歯茎の中に埋もれていたりするケースが少なくありません。

歯茎に埋もれた過剰歯が邪魔になって「本来生えてくるべき歯」がきちんと生えてこないといった場合、捻転歯になることがあります。

遺伝的な原因がある

歯の生え方などは遺伝子が影響していることがあります。

例えば、歯が作られる初期段階で「歯の芽」とも呼ばれている歯胚(しはい)が「ねじれて生える遺伝子情報」を持っていた場合、捻転歯になることがあります。

このケースでは、歯が生えるのに十分なスペースがあったとしても、ねじれて生えてきます。軽度の先天異常です。

上唇小帯付着異常に起因する場合

上唇の裏側には、歯茎と連結された「縦向きの筋」があるはずです。この筋を「上唇小帯(じょうしんしょうたい)」と呼びます。

1歳くらいなら、前歯の間に上唇小帯が入り込んでいることは珍しくありません。成長とともに、高い位置(歯茎の上の方)に移動していきます。

しかし、永久歯が生える頃になっても低い位置(歯に近い方)に付着している場合は「上唇小帯付着異常」かもしれません。低い位置にある上唇小帯が前歯の生え方に影響をおよぼし、捻転歯になってしまうことがあります。

歯科医師の説明を受ける女性患者

2.捻転歯の一般的な治療法

ねじれが小さい場合は、だんだんと正しい向きに直るケースもあるようです。しかし、大きくねじれた捻転歯は自然治癒が期待できません。そのため、治療の対象になることがあります。

ただし、乳歯の捻転歯は何もせずに経過観察するのが一般的です。永久歯が正しい向きで生えてくるようなら、あえて乳歯に手を加える必要がないからです。

2-1 歯列矯正

歯列矯正によって、捻転歯を正常な向きに矯正することができます。

全体のかみ合わせに問題がなければ、捻転歯または周辺だけの部分矯正で済むこともあるでしょう。部分矯正なら、費用・痛みなどの負担が大幅に少なくなります。

ケースによっては、抜歯をともなう矯正治療になることもあります。

2-2 抜歯

「歯が生えるスペースが極端に不足しているケース」などでは、必要に応じて抜歯することがあります。スペースを作り、矯正せずに自然に治るか経過観察をしていきます。

※永久歯を抜歯した場合、歯は二度と生えてきません。抜歯のメリット・デメリット、後戻りのリスク、抜歯後の処置などについて歯医者さんとよく話し合い、慎重に判断しましょう。

3.まとめ

ほかの不正歯列にも同じことが言えますが、捻転歯を放置すると周囲の歯にも悪影響を与える恐れがあります。永久歯が捻転歯だった場合は、早めに歯医者さんを受診し、どうすれば良いのか相談してみましょう。

何もせず経過観察するにしても、定期的に歯医者さんを受診していれば、大問題が生じる前に手を打てます。

この記事は役に立った!

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

矯正歯科の相談ができる歯医者さん一覧へ

フリーワードで探す

エリアカテゴリーから探す

ページトップへ