歯がザラザラに感じる6つの原因!ザラザラ感を取る方法と対策も紹介

歯_ザラザラ

144view

歯の表面を舌で触ってみるとザラザラしていることがあります。どんなに歯磨きをしても取れない場合もあれば、歯磨き後はすっきりツルツルなのに数時間もすればザラザラしてしまうケースもあります。

また、歯医者さんで歯石を取ってもらった後など、同じザラザラ感でも原因は人によって異なります。この記事では、歯がザラザラになる6つの原因を紹介しています。ザラザラ感を取る方法や対策も一緒に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

1.歯がザラザラになる6つの原因

1-1 歯垢が付いている

歯垢(プラーク)が付着していると、歯の表面がザラザラしているように感じる場合があります。歯垢とは、細菌の塊で虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。歯の表面の歯垢であれば歯磨きで落とすことができますが、磨き残しがあると歯磨き後もザラザラした感触が残ります。

歯_ザラザラ_歯垢

食事をしてから歯垢が作られるまでの時間は個人差があり、4~8時間ほどです。歯磨きをした後はすっきりツルツルになっていても数時間経つと再びザラザラしている場合は、食事をしたことで新たに歯垢が付着したものと考えられます。また、何も食べていなくとも、磨き切れていない場所から細菌が繁殖するので、再び歯垢が作られることになります。

1-2 歯石が付いている

歯がザラザラする原因は、歯石が付着していることが多いです。歯石は、歯垢が唾液に含まれるカルシウムやリンと結びついて白く石灰化したものです。そのため、唾液が分泌される場所に近い前歯の裏側と奥歯の外側、そして歯垢が溜まりやすい歯と歯茎の間にできやすいです。
29311700

歯石が付くと歯の表面が凸凹になり、舌で触った感触もザラザラします。歯の表面がザラザラしていると歯垢が付きやすくなるので、放置していると虫歯や歯周病の原因となってしまいます。固くなって歯にこびりついているので、歯磨きで取ることはできません。

1-3 歯の表面が傷ついている

過度に力が入った歯磨きや研磨剤入りの歯磨き粉によって、歯の表面が傷つくとザラザラします。歯を守るためのエナメル質も、何度も繰り返して磨かれることで表面が傷つきます。歯のザラザラや汚れを気にするあまり、力を入れすぎて歯磨きをしてしまうと返ってザラザラ感の原因となってしまいます。

歯_ザラザラ_歯の表面が傷つく

1-4 歯が欠けている

噛み合わせが悪く、歯に大きな負荷がかかると歯茎との境目あたりが欠けてしまうことがあります。その欠けた部分がザラザラした感触になる場合があります。

1-5 乳歯のキメは荒い

乳歯は永久歯と比べてキメが荒く、歯の表面が凸凹しているのでザラザラして感じます。

歯_ザラザラ_乳歯

1-6 歯石を取った後の違和感

これまで歯にザラザラした感じはなかったのに、歯医者さんで歯石取りをした後にザラザラ感が生まれることがあります。その理由は、歯石は毎日少しずつ大きくなるので舌がその感触に慣れてしまうからです。そのため、歯石の除去によって逆に、歯の表面のザラザラ感や歯が小さくなったような違和感を覚える場合があります。

2.歯のザラザラを取る方法と対策

2-1 丁寧な歯磨きで歯垢を落とす

磨き残しがないように、丁寧に歯を磨いて歯垢をしっかり落とすことが重要です。テレビを観ながら長い時間何となく磨くよりも、鏡の前で集中して5分間磨く方が効果は高いです。

ラウリル硫酸ナトリウムなどの泡立ち成分の入っていない歯磨きを使用して、鏡の前でチェックしながら磨くなどすれば、磨き残しによるザラザラ感を解消することができます。デンタルフロスや歯間歯ブラシを使って、歯磨きでは落としづらい歯と歯の間の歯垢を除去することも効果的です。

2-2 歯医者さんで歯石を取ってもらう

歯石は固くなって歯にこびりついているので、歯磨きで取ることは困難です。歯医者さんで歯石取りをしてもらいましょう。スケーラーという鉤状の器具を使用して、手動の場合は歯石をひっかくようにして除去します。超音波スケーラーでは、振動の力で歯石を粉々にして取り除きます。

このスケーリングによって、歯のザラザラ感を解消することができます。それに加えて、専用の器具を使って行うクリーニングで歯の表面を研磨してもらえば、ツルツルした感触にすることができます。

2-3 正しい歯磨きで歯を傷つけない

歯を傷つけないように、毛先が固い歯ブラシや研磨剤が入っている歯磨き粉は避けましょう。歯磨きに力が入りすぎて歯を傷つけてしまっている方は、鉛筆を持つように歯ブラシを握る「ペングリップ」をおすすめします。

余計な力が入らずに小刻みに動かすことができます。また、脇をしっかり締めることで、歯ブラシを持っている手が安定するので磨きやすくなります。正しい歯磨きができていれば、歯が傷ついてザラザラになることを防げます。

2-4 欠けた部分の修復と矯正治療

歯の欠け具合によっては、レジン(歯科用プラスチック)で修復して形を整えます。そして、根本的な原因である噛み合わせについては、歯医者さんに相談しましょう。ブラケットの矯正装置やマウスピースを用いて、歯並びを改善します。噛み合わせのバランスが良くなって、過度に力がかからなくなれば欠けて歯の表面がザラザラすることも防げます。

2-5 乳歯なので問題なし

乳歯は生えたばかりのときは、未完成で表面がザラザラしているのが普通です。だんだんと表面が平らになるので問題ありません。ただ、歯の表面がザラザラしている間は歯垢が付きやすいため、虫歯になる可能性が高い状態です。そのため、生後半年頃から使用できるフッ素スプレーや歯医者さんでのフッ素湿布で虫歯になりにくい丈夫な歯にしましょう。

2-6 1週間で違和感がなくなる

歯医者さんで歯石を取った後に歯の表面がざらざらする場合は、1週間ほどで舌が慣れて違和感がなくなります。

3.まとめ

歯がザラザラする主な原因は、歯垢や歯石の付着です。歯の舌触りがザラザラしているとどうしても気になってしまいます。何より歯垢や歯石は、放っておくと虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。毎日のセルフケアに加えて、歯医者さんでのクリーニングで定期的に取り除くようにしましょう。そうすることで、歯の表面のツルツル感はもちろん、お口の健康状態も維持できます。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):
ページトップへ