歯の神経治療って何をするの?歯内療法の手順・器具を解説

歯の神経治療

176view

虫歯がひどくなると、夜も眠れないほどズキズキと痛むようになります。「早期治療が大切」とは言うものの、今でも多くの患者さんが「何もしなくてもズキズキ痛む(=自発痛)段階」になってから、歯科医院を受診します。

多くの場合、深い虫歯の治療では「歯の神経治療」が必要になります。簡単に言うなら「神経を抜いて、根の治療をする」ということです。しかし、ほとんどの人が「歯の神経治療では、具体的に何をしているんだろう?」と不思議に思っているのではないでしょうか? そんな疑問を解消するため、こちらの記事では「歯の神経治療とは何か」を解説したいと思います。

1.なぜ、歯の神経治療が必要なのか?

虫歯の進行には段階があり、一般に「C1~C4」の4段階で表現されます。さて、何もしなくてもズキズキ痛む虫歯はどれくらいの進行度なのでしょうか?

◆C1:エナメル質齲蝕
歯の表面にあるエナメル質に穴があいた状態。この段階では痛みはありません。

◆C2:象牙質齲蝕
エナメル質を越えて、象牙質に穴があいた状態。「甘いもの」「冷たいもの」がしみることはありますが、自発的な痛みはありません。

◆C3:歯髄の仮性露出
虫歯が歯髄(歯の神経)に達した状態。重度の虫歯で、何もしていなくてもズキズキと痛む「自発痛」が特徴です。

◆C4:残根
神経が死んでしまった状態。末期状態で、もう痛むこともありません。

以上から、何もしなくてもズキズキと痛む虫歯は「C3」に相当します。要するに、すでに重度の虫歯になっているわけです。激痛の原因は、虫歯菌が歯髄(神経)に炎症を起こして歯髄炎を起こしていることです。

1-1 重度の虫歯は「抜髄」が必要!

「C2の虫歯で歯髄のごく一部が炎症を起こした場合(急性一部性単純性歯髄炎)」であれば、歯髄炎が治ることもあります。しかしながら、C3の段階で発生した歯髄炎を完治させることはできません。歯髄が元通りにならない歯髄炎を「不可逆性歯髄炎」といいます。C3の虫歯を治療するためには、神経を抜く処置(抜髄)が必要になります。

1-2 「歯の神経治療」は歯の内部を無菌化する治療!

いわゆる「歯の神経治療」は、神経を抜いて終わりではありません。むしろ、神経を抜いてからの行程が重要です。神経を抜いた後、歯の内部は空洞になります。空洞には「大部屋」と「細い通路」があり、それぞれ「歯髄腔」「根管」と呼ばれています。歯髄腔は「神経が入っていた空間」で、根管は「歯の根っこ方向に伸びる神経の通り道」です。

歯髄腔と根管を空っぽのままにしておくわけにはいきません。空洞のままにしておいたら、虫歯が再発するからです。そこで、歯髄腔と根管の虫歯をきれいに取り除き、内部に薬剤を詰める作業をおこないます。

1-3 根管の治療が、歯科治療の成否をわける!

特に大変なのは、「根管の虫歯を除去して、薬剤を入れられる状態にするまで」です。根管は1本の管ではありません。細くて曲がりくねった複雑な管の集合です。直径0.1~0.2mmくらいの根管が枝分かれしていて、このままでは内部に薬剤を詰めることなどできません。

そこで、「ファイル(針の先端がヤスリのようになった器具)」を使い、複数の根管を1つにまとめていきます。複数の根管を拡大・統合して、0.4~0.5mm程度の太くてまっすぐな管に変えていくのです。

1-4 歯の内部に薬剤を詰めて、再感染を防ぐ!

根管拡大が終わったら、いよいよ内部の殺菌です。薬品を使って根管の内部を殺菌し、無菌状態を作りあげます。何度か殺菌を繰り返して無菌状態になったら、再感染を防ぐための薬剤を詰めていきます。

保険診療であれば、根管内に詰めるのは「ガッタパーチャポイント」と呼ばれる薬剤です。根管の中に入れやすいように、細い棒のような形状をしています。ガッタパーチャポイントを隙間なく詰める作業を「根管充填」といいます。根管充填が終わったら、上から詰め物・かぶせ物を入れます。

ここまでの一連の治療を指して、世間一般では「歯の神経治療」と呼んでいます。もう少し正式な言葉では、「根管治療」「歯内療法」と呼びます。

2.より精密な「歯の神経治療」とは…?

歯の神経治療は、「一度でも治療すれば、もう再発しない」というものではありません。かぶせ物で全体を覆っても、内部で虫歯が再発する例はあります。神経を抜いた歯は、虫歯が再発しても痛みを感じません。そのため、虫歯の再発に気づかず、歯を残せるかどうかの瀬戸際まで進行することが多くなります。これが、「神経を抜いた歯は長持ちしない」と言われる所以(ゆえん)です。

もちろん、虫歯が再発しても、(よほど重度に進行していなければ)1回、2回は再治療(リトリートメント)することができます。しかし、リトリートメントは初回治療(イニシャルトリートメント)より成功率が低く、将来的な再発率も高まる傾向があります。また、治療のたびに歯の内部を削るわけですから、リトリートメントには限度があるのも事実です。一定回数を超えて虫歯が再発すれば、早期に発見できても抜歯になります。なるべく、イニシャルトリートメントで「再発しにくい、精密な治療」をすることが大切です。

以上から、歯の神経治療においては「いかに虫歯の再発率を下げるか」という観点が重要になってきます。内部に虫歯菌を残さないよう無菌化することはもちろん、再感染防止の薬剤を隙間なく詰めることが重要です。この章では「再発率の低い、精密な神経治療」について解説することにしましょう。

※精密な神経治療に用いられる器具は、保険診療における診療報酬が設定されていません。そのため、多くの歯科医院で自由診療となります。ただ、一部の歯科医院では保険外の器具を無料で使用することもあるなど、医院ごとに事情が異なります。

2-1 マイクロスコープの使用

精密な神経治療をするための器具としては、「マイクロスコープ」が挙げられます。マイクロスコープは歯科用の実体顕微鏡で、治療中の視野を20~30倍ほどに拡大することが可能です。

根管は0.1mmといった細い管ですから、治療は目に見えない「ミクロの世界」でおこなわれます。そのため、一般的な神経治療では、歯科医師が経験・手の感覚を頼りに治療を進めます。結果、虫歯を取り残す例があるわけです。マイクロスコープを使用すれば、細い根管を視認しながら治療を進めることができます。当然、治療の正確性は明確に向上するはずです。

2-2 ラバーダムの使用

神経治療の成功率を上げる手段としては「ラバーダム」も有名です。ラバーダムは薄いゴム製のシートで、「治療する歯」と「それ以外の部分」を遮断する道具です。治療中の歯の周囲を遮蔽すれば、歯の内部に唾液が入りません。唾液に含まれる雑菌で、内部が汚染されるのを防ぐことができます。

歯の神経治療においては、「歯の内部を無菌化すること」が重要です。となれば、唾液の浸入を予防するラバーダムは、「無菌化の成功率を上げる手段」として有効といえます。唾液など水分の侵入を抑えることから、この方法を「ラバーダム防湿」と呼びます。

2-3 ニッケルチタンファイルの使用

根管内を清掃するとき、多くはステンレス製のファイル(針の先端がヤスリになった形状の治療器具)を用います。しかし、ステンレスファイルは硬く、曲がりくねった根管全体を処置するには不向きな部分があるのです。

ニッケルチタンファイル(Ni-Tiファイル)なら、柔軟に曲がるので、複雑な根管内を効率的に清掃することができます。当然、虫歯を取り残す確率も低減されるでしょう。

2-4 MTAセメントの使用

通常、根管内部の再感染を防ぐための薬剤としては「ガッタパーチャポイント」を用います。ただ、根管の損壊が激しい場合、ゴム状の既製品であるガッタパーチャポイントではきちんと隙間を埋めることができません。

しかし、MTAセメントと呼ばれる薬剤なら、ガッタパーチャポイントを入れられない場所にも充填可能です。MTAセメントはペーストになっているので、「既存の形状」がありません。根管の状態を問わず、緊密に充填することができます。

3.まとめ

神経に達した虫歯を治療するには、「歯の神経治療」が必要です。内部をきちんと無菌化できるかどうかで歯の寿命が大きく変わってきますから、とても重要な治療といえます。患者さん側でも治療内容をよく理解し、「より歯が長持ちする選択」を目指してみてください。

高村歯科医院_歯の神経治療

ページトップへ