歯の磨きすぎによる3つの症状と歯茎を傷めないための予防法

歯の磨きすぎによる3つの症状と歯茎を傷めないための予防法
監修日:2015年09月15日
藤原 崇平監修
コメント

歯の表面に付着した歯垢(プラーク)を歯ブラシによって取り除く事は、虫歯や歯周病の予防の基本です。しかし、誤った方法で歯ブラシを行ったり、自分にあわない道具を使用してしまったりすると、逆に歯や歯茎に障害をもたらしてしまう事もあります。歯医者さんでは正しい使用法や、適切な道具等もアドバイスしているので是非ご相談下さい。

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
歯の教科書はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

歯の磨きすぎによる3つの症状と歯茎を傷めないための予防法 2019-09-25T14:51:30+09:00
歯の教科書ロゴ
ページトップへ