いびきの原因は…?習慣的ないびきを放置するリスクを解説

いびき_原因

800view

就寝中の「いびき」は、さまざまな問題を引き起こします。同じ部屋で眠っている人を起こしてしまうことから、家族の迷惑になったり、人と旅行に行きづらくなったり、対人関係にネガティブな影響を及ぼすこともあります。

また、「いびき」の悪影響は対人関係だけにとどまりません。日常的にいびきをかいている人は、「日中に眠くなる」「集中力が低下する」といった悪影響を受けることが知られるようになりました。こちらの記事では、「いびきの原因」「いびきがもたらす健康上のリスク」を解説したいと思います。

【関連記事】いびきの治療は歯医者さんでもできる!?睡眠時無呼吸症候群を防ぐために

1.メカニズムを解説!いびきの原因をチェック

いびきは、鼻・口から喉にかけての上気道が狭くなることで起こります。唇を閉じた状態で無理やり空気を出せば、音が鳴ります。同じように、気道を閉じた状態で無理やり空気を通すことで、音が鳴るわけです。

上気道が狭くなる原因は、主に「舌の付け根(舌根)が喉を塞ぐこと」です。眠っているときは筋肉に力が入っていません。だから、仰向けに寝ると、舌根(ぜっこん)が重力に従い、下に落ちやすくなります。こうして気道が狭くなると、呼吸のたびに音が鳴り、いびきをかくわけです。

ただ、仰向けに眠ったからといって、必ずしもいびきをかくわけではありません。健康で標準体型の人は、眠っているときでも舌根が完全に落ちることは稀です。

1-1 健康な人がいびきをかく原因は?

健康で標準体型の人でもいびきをかくことはありますが、その場合は決して病的なものではありません。特に心配する必要がないのは、以下のような原因で「一時的に」いびきをかいている場合です。

疲労しているとき

疲れが溜まっているときは、ふだんより筋肉が緩みがちになります。そのため仰向けに寝ていると舌根が落ち、気道が狭窄(きょうさく)しがちです。

アルコールや睡眠薬を飲んでいるとき

アルコール・睡眠薬には身体を弛緩させる働きがあります。疲労しているときと同様、舌根が落ちやすくなります。

口を開けて寝ているとき

口を開けると、舌の付け根が喉の方向に引っこみやすくなります。その結果、舌根が喉を塞ぎやすくなります。

顎を引いて寝ているとき

顎を引くと、喉の部分が圧迫されます。単純に姿勢の問題で気道が狭くなるだけなので、特に心配はいりません。正常な状態なら、呼吸が苦しくなった時点で無意識に姿勢を変えるはずです。

1-2 心配ないびきは、どんな原因で起こる?

健康に悪影響を与えるいびきは、「習慣的ないびき」です。ほとんど毎晩、いびきをかいているような場合、注意が必要になってきます。習慣的ないびきをかきやすいのは、以下のような特徴を持った人です。

肥満体型の人

肥満体型の人は、たいてい首回りにも脂肪がついています。そのため、仰向けになると脂肪の重さで気道が狭くなってしまうのです。また、肥満体型だと舌も平均より分厚くなるので、舌根も落ちやすくなります。舌の重さ、もともとの気道の狭さが相まって、気道が塞がりやすいわけです。

顎が小さい人

顎が小さい人は、口の中のスペースが狭くなっています。そのため、舌が喉の方向に行きやすくなります。結果、仰向けに寝たとき、舌根が喉を狭窄しやすいわけです。

扁桃腺が肥大している人

扁桃腺が肥大している人は、もともと肥大した扁桃腺によって気道が狭くなっています。そのため、舌根がそれほど深く落ちていなくても気道が塞がってしまいます。

喉彦(のどびこ)が大きい人

喉彦が大きい人は、喉彦によって気道が塞がれやすく、いびきをかきやすくなります。舌根と喉彦の双方が気道を狭窄してしまうからです。

2.習慣的ないびきを放置すると…?

いびきを放置することによって生じるのは、就寝時の騒音だけではありません。生活面・健康面でもさまざまな問題を引き起こします。習慣的ないびきは、たとえば以下のようなトラブルの原因になります。

眠りが浅くなり、睡眠不足と同じ状態になる

いびきをかくのは、気道が狭くなっているからです。つまり、いびきをかいているとき、呼吸が苦しい状態になっているわけです。だから、呼吸が苦しい状態が続くと脳がいったん覚醒して、「姿勢を変える」「舌根を持ち上げる」といった動作をします。

ほんの数秒、中途半端に目覚めるだけなので記憶には残りませんが、中途覚醒していることに変わりはありません。結果、睡眠不足と同じ状態になり、昼間の眠気・集中力低下を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群になる

習慣的ないびきを放置していると、やがて睡眠時無呼吸症候群に発展する恐れがあります。まず、「無呼吸」とは「10秒以上の呼吸停止」を指しています。その上で「7時間に30回の無呼吸」または「1時間に5回の無呼吸」があると睡眠時無呼吸症候群と見なされます。

睡眠時無呼吸症候群になると、睡眠中、何度も呼吸を再開するための中途覚醒を繰り返し、実質的には不眠に近い状態になります。昼間の強い眠気・集中力低下、さらには抑うつ傾向に悩まされるなど、健康状態に多大な悪影響をもたらします。

3.まとめ

「ただのいびき」と軽視している人もいるかもしれませんが、習慣的ないびきは昼間の眠気などを引き起こし、「生活の質」を下げる要因になります。家族から頻繁にいびきを指摘されるようなら、いびきの治療をおこなっている歯科口腔外科・耳鼻咽喉科などを受診するようにしてください。

コージ歯科_いびき_原因

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ