いびきの治療は歯医者さんでもできる!?睡眠時無呼吸症候群を防ぐために

いびき_治療

209view

睡眠中のいびきは、眠りを浅くして「日中の眠気」「集中力低下」などを引き起こします。また、習慣的にいびきをかいている場合は「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の疑いもあるでしょう。単に「同じ部屋で寝ている人に迷惑」といった騒音の問題だけでなく、健康状にもさまざまな問題をはらんでいます。

こちらの記事では、「いびきの一般的な治療方法」に加え、睡眠時無呼吸症候群に関する基礎知識もお届けしたいと思います。

【関連記事】睡眠時無呼吸症候群の治療法~重症化を防ぐために

1. なぜ、いびきを治療する必要があるのか?

空気の通り道を「気道」と呼びますが、気道は「上気道(じょうきどう)」と「下気道(かきどう)」にわけられます。「口・鼻から喉まで」が上気道、「喉から肺まで」が下気道です。そして、いびきをかくのは「上気道が塞がりかけていること」が理由です。

上気道が塞がりかけているということは、呼吸が苦しくなっていることを意味します。ですから、いびきをかいているときは、多少なりと呼吸効率が悪くなっているわけです。呼吸が苦しくなれば、眠りが浅くなったり、一瞬だけ中途覚醒して姿勢を変えたりします。そのため、睡眠の質が下がり、「昼間の眠気」「集中力・記憶力低下」を招くわけです。

眠気や集中力低下は、仕事の質を落とす恐れもあり、社会人にとっては死活問題だと思います。たかがいびき…と軽視することなく、習慣的に続くようなら治療を検討するべきではないでしょうか?

2.具体的ないびきの治療法を知りたい!

医療機関の中には「いびきの治療」を扱っているところも数多く存在しています。習慣的ないびきを指摘され、「昼間の眠気」に心あたりがあるなら、「医療機関で治療を受ける」という選択肢を考慮してください。この章では、医療機関でおこなわれている一般的な治療法を解説したいと思います。

2-1 歯科的治療~スリープスプリントの装用

歯科的に治療するなら、スリープスプリントと呼ばれるマウスピースの装用が一般的です。スリープスプリントを装用すると、自然に下顎を突きだすような形になります。顎を突き出すと気道が広くなって、塞がりにくくなります。

また、舌の付け根(舌根)が喉を塞ぐと、気道が狭くなります。仰向けに寝るといびきをかきやすいのですが、それは舌が重力に従って喉の方向へ落ちやすくなるからです。スリープスプリントには「舌を押さえる性質」もあり、舌が喉の方向に行きにくくなります。

以上から、スリープスプリントを装用することで、いびきを防止することが可能です。また、装用するのは寝るときだけなので、日中の外見・食事中の不便などを気にする必要はありません。

ただし、歯科医院では睡眠時無呼吸症候群の検査・診断ができないので、耳鼻咽頭科などの医師から紹介状を書いてもらう必要があります。紹介状がないと、少なくとも保険診療としては歯科を受診することができません。スリープスプリントによる治療を希望する場合、「睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるいびきであること」を医師に診断してもらう必要があります。

2-2 内科的治療~C-PAP療法(持続陽圧換気療法)

いびきは「気道が狭くなっている」程度ですが、睡眠時無呼吸症候群に発展すると「一時的に気道が閉塞する」というレベルになります。この段階になると、C-PAPという医療器具を用いて内科的治療をおこなうのが一般的です。

C-PAPは鼻から「圧力をかけた空気」を送り込む装置です。強い圧力で空気が入りこめば、気道が物理的に押し広げられます。結果、気道の狭窄(きょうさく)・閉塞を防いで、いびき・無呼吸を防止することが可能です。

ただ、酸素マスクのような器具を顔に装着するため、「器具が邪魔で眠れない」といった感想を持つ方もいます。また、外泊の際には持ち運びを要するので、不便を感じる方も多いようです。

2-3 外科的治療~レーザー手術・切開手術

喉にある「口蓋垂(こうがいすい)」「軟口蓋(なんこうがい)」といった部位は、気道を塞ぐ原因になることもあります。そこで、「口蓋垂」「軟口蓋」の一部を切除し、気道を広くする手術が有効です。気道を拡大すれば、睡眠中に塞がるリスクも減少します。レーザーで切除すれば、出血も少なく、局所麻酔で済みます。また、入院の必要もなく、日帰り手術で対応できます。

ほかの治療法と違い、「器具を使用しなくても気道が狭窄しなくなる」という根本解決の可能性があるのは大きな強みです。ただし、術後1~2週間は飲食物を摂取するときに強い痛みが出るなど、日常生活に影響が出ます。

また、扁桃腺肥大を伴う場合にはメスで切開する必要があり、全身麻酔下の手術(口蓋垂軟口蓋咽頭形成術)となります。この場合、術後の影響・疼痛ともにレーザー手術より大きくなります。この場合は入院を要します。

3.いびき治療の重要性!睡眠時無呼吸症候群のリスク

習慣的にいびきをかいている人は、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。簡単にいうと「気道が狭窄して音が鳴る=いびき」で、「気道が閉塞して一時的に呼吸が止まる=睡眠時無呼吸症候群」です。

さて、睡眠時無呼吸症候群の定義は次のようになっています。10秒以上の呼吸停止を「無呼吸」と呼ぶとき、「7時間に30回以上の無呼吸」または「1時間に5回以上の無呼吸」があれば、睡眠時無呼吸症候群と考えます。

人間は呼吸が苦しくなると一時的に中途覚醒し、姿勢を変えるなどして気道を確保します。ですから、睡眠時無呼吸症候群だからといって、そのまま窒息するわけではありません。ただ、睡眠の質が著しく低下することで、「日中の強い眠気」「集中力・記憶力の極端な低下」を招きます。

日常的にいびきをかく人の1~2%は睡眠時無呼吸症候群といわれているので、「いつもいびきをかいている」という自覚があるなら、早期の医療機関受診をおすすめします。睡眠時無呼吸症候群を放置すると、高血圧・心疾患などを誘発することもあります。また、日中の眠気が強くなると、「運転中に眠って意識を失う」など重篤な問題を引き起こすこともあり、最終的には生命にかかわってきます。

参照URL:http://www.toyamacitydental.jp/?tid=100046

4.まとめ

いびきは「昼間の眠気」「集中力・記憶力低下」など、さまざまなトラブルを引き起こします。また、習慣的にいびきをかいている場合、睡眠時無呼吸症候群が隠れている場合もあります。「いびき」「異様な眠気」という2つの要素に思い当たるなら、早めの医療機関受診を検討してください。

コージ歯科_いびき_治療

ページトップへ