歯周病

酷い臭いの歯垢が引き起こす悪影響と解決方法

歯垢 臭い

22,421view

自分に合った歯医者さん探しはこちら

歯ブラシやデンタルフロスで取れた歯垢を嗅いでみると嫌な臭いがすることがありませんか? あまりの悪臭にショックを受けた方もいるかもしれません。歯垢は細菌が口の中に残っていた食べカスを食べた後の代謝物なので、嫌な臭いがするのは当然なのです。←すみません、うまい表現が思いつきません。

しかし、臭っている状態を放置してしまうと口臭だけではなく、虫歯・歯周病などを引き起こす原因になります。この記事では、歯垢が引き起こす悪影響と解決方法を紹介します。お口の中に溜まった歯垢はそのままにせず、しっかりとお掃除をしてスッキリ綺麗な状態を保ちましょう。

1.歯垢が引き起こす悪影響

歯垢は細菌や代謝物の塊です。歯垢を放置していると唾液の中に含まれているカルシウムやリンと混ざり合って歯石になり、口臭や虫歯、更には歯周病の原因になります。これが歯に付着してしまうと歯ブラシではけして取ることが出来ないので、歯科医院で取り除いてもらうしかありません。

歯石はお口の中で下記のように悪影響を与えます。

・細菌が増えやすくなる

歯石があると、歯石のデコボコのせいで磨き残しが増え、歯垢や食べカスがつきやすくなり、細菌は繁殖しやすくなります。この細菌が口臭や虫歯を作り出します。

・歯周病

歯石は小さな穴があいていて、デコボコしているため、その穴の中に細菌が住みつき、どんどん繁殖します。増えた細菌は、歯と歯茎の間で炎症を起こし、歯周病を進行させます。歯周病になると、歯と歯茎の間が腫れ、膿や血が出る場合もあります。口の中の膿や血の臭いが、口臭の原因となることもあります。

歯に歯石がついた状態になってしまうと、歯磨きだけで汚れを落としきることは期待できません。悪影響を引き起こす要因になっている歯石を取り除く必要があります。

お口の問題は歯医者さんで解決!今すぐ予約はこちらから

2.歯医者に行って歯石を取ってもらう

歯石が付いてしまっていると、普段の歯磨きでは汚れを落としきれません。歯石は、歯科医院に行って、取り除く必要があります。普段の歯磨きや、自宅でのケアで歯石を取り除くことはできません。無理に取ろうとすると、歯肉を傷つけ、傷口から細菌が入ってしまい、炎症が起きる可能性があるので、絶対に手では取らないようにしてください。

歯石の除去は保険が適用されるので、歯科医院に普段から行く習慣のない方は、定期的に歯科検診を行うことをおすすめします。頻度は歯の状況にもよりますが、最低でも3カ月程度が良いです。

歯科検診で、歯石を落とすだけではなく、正しい歯ブラシのブラッシング方法なども教えてもらえるので、身につけましょう。普段きちんと歯磨きをしているつもりでも、歯垢が残って歯石となっていることがあるので、歯科医のチェックを定期的に受ければ安心です。

長期間放置していた場合は、ひどい虫歯のある可能性が高いです。

ひどい虫歯の治療法について詳しくは『ひどい虫歯でも大丈夫!痛くない治療法と放置する危険性とは』を参考にしてください

3.日頃のケアについて

日頃から歯磨きの習慣をつけ、磨き残しがないようにケアすることが大切です。細菌の住み家になる歯石は、歯垢を残さないようにすると防ぐことができます。歯石を歯医者さんで取ってもらっても、普段のケアが不十分だと、最短2日で歯石がついてしまいます。ここでは、歯石を防ぐために、日頃からできる正しい口腔ケアをご紹介します。

3-1 正しい歯磨きをする

・力を抜いて歯ブラシをする

歯垢を取り除くのに、強い力はいりません。歯にブラシを当てる時、ブラシが広がらないくらいの力がちょうど良い力加減です。力を入れると、ブラシの毛が広がってしまうため、歯に毛の先端が当たらず、歯垢を落とすことができません。普段力を入れて、ブラッシングしている方は逆効果になっているので、力を入れず磨くようにして下さい。

・歯は丁寧に1~2本ずつ磨くようにしましょう

歯ブラシを小刻みに動かすようにして、1回に磨く歯は1~2本程度とイメージしながら磨いてください。小刻みにブラシを動かすことで、歯の生えている向きや、凹凸など、汚れがたまりやすい箇所も、残さず磨くことができます。

汚れはいつも同じ場所に付きやすいので、歯医者さんの定期健診を受け、どこに汚れが付きやすいのか聞くようにして、その部分を重点的に磨き、意識して汚れを落としましょう。

・歯の境目を磨く

歯と歯の間や、歯と歯肉の間にも、歯垢は溜まります。忘れずに歯ブラシを当ててください。こういった歯ブラシの届きにくい境目にこそ、歯垢や汚れがたまります。注意して磨くようにしましょう。

3-2 歯磨きの後にデンタルフロスを使う

正しくブラッシングをしても、歯ブラシではどうしても届かない部分が出てきます。届かない部分の汚れは、デンタルフロスで落としましょう。デンタルフロスは、歯と歯の間に挟まった食べカスや、歯垢を取り除くために重要です。1日に1回で十分なので、普段の口腔ケアに取り入れましょう。

タイミングとしては、唾液の分泌が減り、菌が繁殖しやすい、夜の歯磨き後に行ってください。デンタルフロスを普段から使っていない人は力を入れすぎてしまう傾向があります。正しいやり方で行わないと歯茎を傷つけてしまうことがあるので、正しいデンタルフロスの使い方をマスターしましょう。

デンタルフロスの使い方について詳しくは『初めて使う方は必ず見て下さい、デンタルフロスの正しい使い方』を参考にしてください

3-3 口腔内の細菌を減らすマウスウォッシュを使う

マウスウォッシュ

正しい歯ブラシをしてデンタルフロスを使えば、歯についた食べカスや歯垢はほとんど落ちます。ただ、どんなに歯についた汚れを落としても、口内の細菌を完全に取り切るのは難しいです。口腔内の細菌を殺菌するには、マウスウォッシュが効果的です。

マウスウォッシュは、口臭ケアというイメージが強いかも知れませんが、商品によっては殺菌・除菌の効果が期待できます。口内の菌を殺し、歯周病や、口内炎の予防効果も得られます。マウスウォッシュもデンタルフロスと同じく、菌の繁殖が活発になる夜に使うのがおすすめです。順番としては、歯磨きやデンタルフロスでお手入れした後にお使いください。

使い方は簡単で、20~30秒間マウスウォッシュを含み、ブクブクして、口の中全体にマウスウォッシュを行き渡らせるだけです。この際、歯ブラシの入りにくい口の中の隅々にもマウスウォッシュが届くように意識すると良いでしょう。

4.正しい道具を使って歯磨きをする

歯ブラシやデンタルフロスは、種類が豊富にあります。どのデンタルケアグッズを選んだら良いか迷うと思います。『歯の教科書』では、他の記事でデンタルグッズの選び方を記載しています。簡単に紹介しますので、詳しくは記事内を確認して頂ければ、自分に合ったデンタルグッズを選べます。

歯ブラシの選び方

正しい歯ブラシを選ぶことは、正しい歯磨きの仕方を覚えると同じくらい重要です。歯ブラシの選び方を間違えると歯茎を傷つける可能性があります。

個人の歯の状況にもよりますが、多くの人に合う歯ブラシの毛の硬さは「ふつう」の硬さの歯ブラシが合います。

持ち手の部分は、突起物が無いものを選びましょう。突起物がないものだと、どんな角度でもしっかりと力を入れて磨くことが出来ます。

下記の記事に、歯ブラシの毛の硬さや材質、おすすめの歯ブラシや赤ちゃん向けの歯ブラシ、歯ブラシの交換時期などを記載しています。

詳しくは『歯磨き前に見て欲しい、自分や子供の正しい歯ブラシの選び方』を参考にして下さい

デンタルフロスの選び方

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落としきることは出来ないので、歯ブラシの後にデンタルフロスを使うようにしましょう。

デンタルフロスも種類が豊富です。まずは万人に合うものを使って、徐々に自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

初心者の方にはホルダータイプのデンタルフロスが合います。これを使ってみて合わないようでしたら、色々と使い自分に合うものを見つけましょう。

下記の記事に、それぞれのデンタルフロスの種類や歯間ブラシに関しても記載しています。

詳しくは『あなたに合ったおすすめのデンタルフロスの選び方』を参考にして下さい。

不安な方はセルフケアも歯医者さんで指導を受けよう!歯医者さんはこちらで今すぐ予約!

5.正しいケアの後は自分の口臭を確認

色々とケアをしても、口臭が残っている可能性もあります。ちゃんとケアが出来ているのか、最後に自分の口臭をチェックしましょう。

チェックする方法は簡単です。ビニール袋を用意します。ビニール袋に息を吐いて、空気をためます。そして、1~2分ほど待ち空気の臭いを嗅ぎましょう。このやり方でチェックを行えば自分の口臭に気がつくことが出来ます。

5-1 口臭があった場合の種類別対策

口臭には主に4種類あります。「病的口臭」、「生理的口臭」、「食べ物や飲み物、喫煙による口臭」、「心理的口臭」です。4章までの項目をしっかりと行っていれば、歯垢による口臭である病的口臭は防げるはずです。病的口臭以外を疑ってチェック項目を確認しましょう。

チェックする項目は下記の項目になります。

病的口臭の場合

■チェック項目

・毎日の歯磨きを適当に済ませている

・歯、詰め物の表面を舌で確かめるとザラザラしている

・歯茎が腫れたり、血がでたりすることがある

・穴の開いた歯など明らかに問題のある歯がある

病的口臭は歯垢が溜まりやすい状態になっていると発生する口臭になります。歯磨きの徹底や歯垢が溜まりやすい箇所を治療することで解決できます。

生理的口臭の場合

■チェック項目

・口の中がパサパサしている

・慢性的にストレスを感じている

・舌の表面が白く、苔のようなものがついている

生理的口臭は唾液の分泌がされていないことによって起きている一時的な口臭です。これは誰にでもある臭いで、起床直後、空腹時、緊張時は特に口臭は強まります。食事をしたり、水を飲んだりするだけでも発生を抑えられます。こちらの口臭は生活習慣の改善でよくなるものなので、治療の必要がありません。

食べ物や飲み物、喫煙による口臭の場合

■チェック項目

・にんにくやニラ、納豆などの臭いの強い食べ物を食べた

・飲酒や喫煙を長期的に行っている

臭いの強いものを摂取したときに起こる口臭です。長期的に飲酒や喫煙を続けると身体の中に取り込まれた臭いのもとが溜まり、胃から排出されるようになってしまうため、禁酒・禁煙をしてもすぐに臭いが解消されない場合があります。

食べ物や飲み物、喫煙による口臭の場合を避ける最も効果的な方法は臭いの原因となる強い食べ物や嗜好品を摂らないことです。ただ、臭いの強い食べ物は体に良い場合が多く、料理などに加えることで、格段に味を美味しくしてくれます。また、お酒やたばこなどの嗜好品は、日頃のストレス解消にもつながっていることから、それを断つということはなかなか難しいと思います。

食べ物や飲み物による口臭は一時的なものですから、原因となる食品・嗜好品を無理に避けるよりは、臭いをカバーする対処法をお勧めします。最近は効果的なブレスケアアイテムがたくさんあり、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入することができます。ぜひ積極的に利用してみてください。こちらも特に治療が必要なものではありません。

心理的口臭の場合

■チェック項目

・自分自身の口臭がキツイと思い込んでしまう。

・自分の口臭に関して神経質になりすぎてしまう。

思い込みによるものです。特に臭いは発生していません。こちらは歯医者に行っても「くさくありません」としか言われないため、カウンセリングを受けたり、精神的にもっとリラックスするように心がけたり、精神面でのケアを積極的に行うのが解決方法になります。

5-2 「臭い玉(においだま)」による口臭の可能性

臭い玉

チェック項目の中に当てはまるものがない場合、もしかしたら、それは「臭い玉(においだま)」による口臭のせいかもしれません。臭い玉は「膿栓(のうせん)」、あるいは「くさい玉」とも呼ばれる、白い塊です。

臭い玉が出来る場所は主に喉の奥の扁桃腺のくぼみです。これは歯科ではなく、耳鼻科で治療するものです。臭い玉は体には害がないので、耳鼻咽喉科でもなかなか取ってもらえないようです。正しくケアをして、口臭チェックをした後も臭いが酷い場合は耳鼻科に相談するのが良いかもしれません。

6.まとめ

歯垢は細菌や代謝物の塊なので、悪臭を発します。歯垢をそのまま放置していると虫歯や口臭、歯周病などの悪影響が出るので取り除きましょう。長年放置していた汚れは自分では取ることが出来ないので、歯医者さんに行き、落としてもらいましょう。その後、正しいやり方とデンタルグッズで日頃のケアをして、歯の健康を保ちましょう。

ページトップへ