歯ブラシの正しい選び方は?歯ブラシのタイプ別・年代別に徹底解説!

歯ブラシの正しい選び方は?歯ブラシのタイプ別・年代別に徹底解説!
監修日:2015年05月28日
飯田尚良 先生監修
先生からのコメント

歯ブラシの毛先が硬いものは歯肉を傷つけやすく細かいところまで届きにくいものです。rn柔らかすぎるものは腰が弱く擦掃効果が弱くなります。一般的には普通の硬さがお勧めです。rn毛先の形は山切とかいろいろな形がありますが、いわゆるオーソドックスな形のものがお勧めですrn歯ブラシの毛先は、切りっぱなしではなく歯肉に傷がつかないように処理がしてあるものがお勧めです。

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
歯の教科書はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

歯ブラシの正しい選び方は?歯ブラシのタイプ別・年代別に徹底解説! 2019-09-25T14:05:04+09:00
歯の教科書ロゴ
ページトップへ