歯科医師  河野 孝則先生(ややまち歯科クリニック| 熊本県熊本市)インタビュー

    歯科医師  河野 孝則先生(ややまち歯科クリニック| 熊本県熊本市)インタビュー
    ややまち歯科クリニック
    河野 孝則院長

    熊本県熊本市に位置するややまち歯科クリニックは、患者さんに笑顔になってもらえる診療提供に努めている歯医者さんです。

    患者さまにしっかりと寄り添うことを大切に、コミュニケーションをとることを重視する方針で、何でも心置きなく相談しやすい診療を心がけるややまち歯科クリニック。

    この記事では院長の河野先生に治療へのこだわりやモットーを詳しくお伺いしました。

    患者さんにとって身近な存在でありたい。コミュニケーションを大切にする歯医者さん

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    治療方針を教えてください
    河野 孝則先生アイコン
    河野 孝則先生
    患者さんに合わせた診療提供を行うことです。なるべく回数を少なく治療を行うのか、回数はかかってもいいから一回の治療時間を短くしてほしいという要望のほか、患者さんによって症状はさまざまです。そのため一人ひとりに合わせた診療を行いより良い治療が提供できるように努めています。

    また患者さんのお名前をしっかり呼び、コミュニケーションを密に取ることを重視しています。同じ目線に立った診療を行えるように「〇〇さま」ではなく「〇〇さん」と呼ぶようにし、患者さんにとって身近な存在で何でも相談できるように配慮しています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    さまざまある分野の中で力を入れて力を入れて学んだ治療はなんですか?
    河野 孝則先生アイコン
    河野 孝則先生
    高齢者歯科です。もちろん一般的な歯科治療も大事なので今もなおしっかりと学んでいますが、これからの高齢化社会が進んでいく中で、ご年配の方が抱える「食べられない」「飲み込めない」というお悩みを解消できるように入れ歯治療や訪問歯科診療などにも力を入れています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    どのようなスタッフさんがいらっしゃいますか?
    河野 孝則先生アイコン
    河野 孝則先生
    歯科医師に話せないような悩みも、コミュニケーションをしっかりととり、親身になり伺うことができるスタッフです。なかなか相談しづらいお悩みも気兼ねなくお話ができる環境になっています。
    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    痛みを抑えた治療で工夫していることはありますか?
    河野 孝則先生アイコン
    河野 孝則先生
    痛みが怖い方は多いため、いきなり麻酔注射や治療を行うことはせず、まずは日常会話などを通してリラックスしてもらえるように配慮しています。

    麻酔注射を行う際は、表面麻酔を歯茎に塗りしっかりと浸透させた上で注入速度を調節できる電動麻酔器を用いています。針を刺す際もいきなり刺すのではなく、痛みが出ないようにゆっくり処置を施すように心がけています。

    ややまち歯科クリニックを掲載している記事

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師  河野 孝則先生(ややまち歯科クリニック| 熊本県熊本市)インタビュー 2021-11-26T10:16:42+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ