歯科医師 箕西 敦久先生(箕西歯科医院|大阪府泉佐野市)インタビュー

    歯科医師 箕西 敦久先生(箕西歯科医院|大阪府泉佐野市)インタビュー
    箕西歯科医院
    箕西 敦久院長

    大阪府泉佐野市に位置する箕西歯科医院は、1991年開院以来、地域の皆さんに寄り添ったお口の健康サポートに努めています。

    その場しのぎの治療ではなく、「しっかりと噛める状態」に整えることを基本とし、かみ合わせについても研さんを重ねてきた箕西院長先生。

    この記事ではそんな箕西先生に、診療において大切にしていることなどを詳しく伺いました。

    地域のみなさまが末永くご自身の歯でお食事を楽しめるようサポートいたします

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットーを教えてください
    箕西 敦久先生アイコン
    箕西 敦久先生
    患者さんに立場に立って治療計画を検討し、一人ひとりにとってより良い治療をご提供するよう心がけています。

    医学的に「良し」とされる治療でも患者さんがご理解・ご納得していなければ、歯科医師の意見の押し付けになってしまいかねません。

    患者さんそれぞれ生活背景は異なるため、一人ひとりにとってより良い治療提供が行えるよう努めています。

    アイコン選択
    痛みを抑えた治療への工夫を教えてください
    箕西 敦久先生アイコン
    箕西 敦久先生
    痛みには個人差があります。どの患者さんもできるだけリラックスできる環境で、麻酔に対する痛みや恐怖感も取りのぞけるよう、丁寧で時間をかけた治療を大切にしています。

    治療前には患者さんのお話をしっかり伺うことを大切にし、何に対して不安を感じているのか、お悩みなど、お気持ちをくみ取れるようにしています。

    麻酔を行う際は表面麻酔を用いて、患者さんの状態や症状に合わせ注入圧をコントロールし、痛みを抑えられるようにしています。

    痛みを抑え、負担の少ない治療が行えるようにレーザー治療にも対応しています。レーザー治療は虫歯を除去する際などに対応していて、痛みも少なく、不快音も出ません。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    さまざまある分野の中で特に力を入れて取り組んでいる治療は何ですか?
    箕西 敦久先生アイコン
    箕西 敦久先生
    大学時代から入れ歯や義歯、かみ合わせについては特に詳しく学んでいました。

    入れ歯、義歯はかみ合わせが安定しないと良いものは作れません。そのためまずはかみ合わせを主体に考え、そこから整えていけるように配慮しています。

    いつまでもおいしい食事を食べることができ、健康的な生活を送るためにはしっかり噛めることが大切です。

    ほかには親知らずの抜歯や矯正歯科(※自由診療)にも対応しているため親知らずや歯並びにお悩みの方は気兼ねなく相談してください。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    箕西歯科医院にはどのようなスタッフさんが働いていますか?
    箕西 敦久先生アイコン
    箕西 敦久先生
    受付は妻が担当し、女性歯科医師として娘が手伝ってくれています。

    親切な対応を心がけ家族みんなで患者さんのお口の健康を守っていけるように努めています。

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 箕西 敦久先生(箕西歯科医院|大阪府泉佐野市)インタビュー 2021-11-19T16:13:12+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ