歯科医師 三好 健之先生(みよし歯科クリニック|大阪府茨木市)インタビュー

    歯科医師 三好 健之先生(みよし歯科クリニック|大阪府茨木市)インタビュー
    みよし歯科クリニック
    三好 健之院長

    茨木市駅から徒歩4分、幅広い世代のお悩みに対応している「みよし歯科クリニック」。どなたも気軽に相談できるよう、院内は段差のないフラットなバリアフリー設計です。

    患者さんの負担を軽減するためにも保険診療をメインに、平等で誠実な診療を行っている三好先生。この記事では先生が診療において大切にしていることやこだわりについてお話を伺いました。

    性別・年齢・身体的な事情を問わず、誰もが気兼ねなく通える医院を目指します。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    治療方針、大切にしていることをお聞かせください
    三好 健之先生アイコン
    三好 健之先生
    「すべての患者さまと真摯に向き合い、お口全体の健康を考えた治療」を念頭に置き治療を行っています。そして子どもから高齢の方まで、性別・年齢・身体的な事情を問わず誰もが気兼ねなく通えるような医院でありたいと考えています。

    患者さん自身が治療内容についてしっかり理解できるよう説明も大切にしています。口腔内カメラで撮影したり、その治療が必要な理由を詳細に伝えたりと、不明点が残ったまま帰ることにならないよう心がけています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    患者さんに接するうえで心がけていることはありますか?
    三好 健之先生アイコン
    三好 健之先生
    昔から、患者さんに接するうえで自由を進めるのではなく保険診療内で行うことをモットーにしています。費用面の負担も軽減できるでしょう。

    そしてどんな治療であっても患者さんは平等だと考え、誠実に向き合っています。自由診療の患者さんだから優先するようなことはせず、患者さん皆と信頼関係を築けるよう心がけています。

    また、問診票に「怖がりです」と描くほど恐怖心が強い方もいらっしゃいます。そのような方にはゆっくり説明、ゆっくり対応するよう配慮します。

    とくに子どもは白衣だけで怖いと感じる場合も少なくないため、はじめは私ではなく女性スタッフがお話をするようにしています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    院内のデザインでこだわっていることを教えてください
    三好 健之先生アイコン
    三好 健之先生
    入り口から診療室まで、段差のないバリアフリーに設計しています。車いすやベビーカーを押したままでも診療チェアサイドまで移動することができます。またトイレのドアも通常の90センチ幅ではなく、120センチ幅にしました。

    というのも、昔働いていた医院の場所が二階だったため、車いすの方が来院できなかったのです。悔しい思いや「受診したいけれど訪れることが困難」という患者さんの声があり、今回開院する際にはどなたもストレスなく通える環境にしようと決めました。

    また子ども連れの親御さんも来院しやすいようキッズスペースを設けているのもこだわりの一つです。

    みよし歯科クリニックを掲載している記事

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 三好 健之先生(みよし歯科クリニック|大阪府茨木市)インタビュー 2021-11-12T14:19:46+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ