歯科医師 竹内 康正先生(竹内歯科医院|大阪府堺市)インタビュー

    歯科医師 竹内 康正先生(竹内歯科医院|大阪府堺市)インタビュー
    竹内歯科医院
    竹内 康正院長

    堺市堺区の竹内歯科医院は1983年に開業しました。

    患者さまの中には親子3代で通院されているご家族もいらっしゃるそうです。2、3歳の小さなお子さまから90代のご高齢の方まで幅広い世代の方に歯科医療を提供し、お口の健康をサポートしています。

    この記事では院長の竹内先生に、診療において大切にしていること、患者さまへの思いなどを詳しくお伺いします。

    明るい応対・丁寧な事前説明・痛みの少ない治療に努め、よりよい治療をご提供します

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットー、日ごろから大切にしていることを教えてください
    竹内 康正先生アイコン
    竹内 康正先生
    なるべく痛みの少ない治療を提供することを心がけています。

    痛みを感じて来院される患者さまも少なくありませんが、治療も麻酔注射も、それ自体が痛ければ患者さまは歯科治療から足が遠のいてしまうかもしれません。

    そのため当院では麻酔処置の痛みを和らげられるよう、表面麻酔を使ったり麻酔薬を人肌程度に温めたりするなど、できる限り痛みを抑える工夫しています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    初診の患者さまと接するときに心がけていることを教えてください
    竹内 康正先生アイコン
    竹内 康正先生
    患者さまのお話をしっかりと聞くことです。まずはどのような症状、お悩みでいらっしゃったのかという主訴をお伺いし、そこから治療に取り掛かります。

    最終的には悪くなっている部分だけでなくお口全体が健康になるよう、よりよい治療をご提供するために、患者さまにはできるだけ複数の治療方法をご提示しています。

    歯科医師の意見を押し付けることはせず、最終的には患者さまのご意向にそって治療を進めていきます。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    竹内歯科医院にはどのようなスタッフさんが働いていますか?
    竹内 康正先生アイコン
    竹内 康正先生
    来院された患者さまと最初に接する受付スタッフは明るい応対を、治療にあたる歯科医師は丁寧な説明を心がけています。

    緊張していると治療にともなう痛みを感じやすくなってしまいます。不安なく治療をお任せいただくためにも、スタッフ全員が患者さまとの信頼関係づくりに努めています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    予防に力を入れているとお聞きしました
    竹内 康正先生アイコン
    竹内 康正先生
    虫歯や歯周病で歯を失わないためにも、予防はとても重要です。

    定期検診、予防ケアは歯科衛生士が歯周病・虫歯のチェック、クリーニング、ブラッシング指導を行っています。

    患者さまのお口の状態や生活背景にあわせて3カ月~半年に1回の定期検診を推奨し、健康な口内環境維持をサポートしています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    環境面でのこだわりがありますか?
    竹内 康正先生アイコン
    竹内 康正先生
    気持ちよく治療を受けていただきたいという思いがあり、院内の衛生管理に力を入れています。

    患者さまのお口に入れる治療器具は高圧蒸気滅菌器を使って毎回滅菌処理をして、患者さまごとに清潔なものを使用しています。

    コップやエプロンなどは使い捨て製品を取り入れるなど、心置きなく治療に集中していただける環境づくりを行っています。

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 竹内 康正先生(竹内歯科医院|大阪府堺市)インタビュー 2021-11-26T13:08:57+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ