歯科医師 磯村 哲也先生(康生歯科医院|愛知県岡崎市)インタビュー

    歯科医師 磯村 哲也先生(康生歯科医院|愛知県岡崎市)インタビュー
    康生歯科医院
    磯村 哲也院長

    岡崎市の康生歯科医院は、より良い治療を提供するためさまざまな設備を導入しています。さらに院長の磯村先生をはじめスタッフの方々も日々研鑽を積み、技術の向上に取り組んでいらっしゃいます。

    また一人ひとりに寄り添った診療で、基礎疾患がある方や歯科恐怖症の方も相談できます。この記事では磯村先生が抱く歯科医師としてのモットーや歯科治療へのこだわりについて伺いました。

    患者さんに寄り添った歯科診療を提供。治療環境の整備と日々の研鑽で患者さんのニーズに応えます

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療方針やモットーを教えてください
    磯村 哲也先生アイコン
    磯村 哲也先生
    患者さんのニーズに応えられるよう、設備を導入し治療環境を整えます。そして必要な技術をどんどん習得できるよう日々研鑽を積んでいます。新しいことも取り入れ柔軟に対応するという方針を、近未来的な医院のデザインとして反映させました。

    また、患者さんの思いに寄り添うことも欠かせません。治療前にはレントゲン写真や過去の治療例を提示し、目でみてイメージできるよう説明をしています。納得できないまま治療を行ってもいい結果は生まないですよね。

    誠実に向き合うからこそ患者さんにも伝わるでしょうし、「噛めるようになった」と治療を経て喜んでもらえたときは歯科医師としてやりがいを感じます。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    高齢の患者さんに配慮していることはありますか?
    磯村 哲也先生アイコン
    磯村 哲也先生
    年齢を重ねるにつれて基礎疾患がある方も多くなります。そのためお口周りだけでなく全身の健康状態を見た歯科診療を心がけています。

    持病や服用している薬もしっかりヒアリングし、それに応じて使う薬や治療方法を変えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    行っているインプラント治療についてお聞かせください
    磯村 哲也先生アイコン
    磯村 哲也先生
    インプラント治療(※自由診療)は、失った歯を補う治療の一つです。噛み心地や見た目が天然歯に近く、器具を付け外すわずらわしさもありません。また自然に噛めることから老化の防止にもつながります。

    当院のインプラントの特徴は、複雑な症例にも対応していることです。たとえば土台となる骨がない方にも、再生治療を取り入れながら処置を行います。他の歯科医院で断られた方も諦めずご相談ください。

    また、インプラントのオペは静脈内鎮静法(※自由診療)を取り入れています。麻酔に知見のある歯科医師が全身をモニターで確認しながら治療を進めていきます。静脈内鎮静法は眠ったような感覚で治療を受けられるので、恐怖心が強い方も問題ありません。また、患者さんは眠っているだけなので、長時間のオペであっても複数回にわけず一度で行うことができます。

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 磯村 哲也先生(康生歯科医院|愛知県岡崎市)インタビュー 2021-11-18T09:20:29+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ