歯科医師 鈴木 隆之先生(鈴木歯科クリニック|静岡県沼津市)インタビュー

    歯科医師 鈴木 隆之先生(鈴木歯科クリニック|静岡県沼津市)インタビュー
    鈴木歯科クリニック
    鈴木 隆之院長

    1990年に静岡県沼津市で開院した鈴木歯科クリニック。院長である鈴木先生は市内の保育園で園児のお口を守る取り組みも行っていらっしゃいます。

    機能性と見た目のどちらも考慮した歯科診療がモットー。ただし無理に自由診療を勧めるようなことはなく、患者さんの思いを尊重してくれます。

    この記事では、鈴木先生が考える治療へのこだわりや思いについて伺いました。

    「美しくてよく噛める歯」を目指しましょう。患者さんの思いや生活背景を考慮し、誠実な診療を行います

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療のモットーをお教えください
     鈴木 隆之先生アイコン
    鈴木 隆之先生
    「美しくてよく噛める」という状態のお口を守ることがモットーです。お口が健康であれば食事も楽しむことができますし、よく噛むことは健康寿命の延命にもつながります。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    子どもの歯を守るためのアドバイスをお願いします
     鈴木 隆之先生アイコン
    鈴木 隆之先生
    私は長らく沼津市にある二つの保育園で歯科健康診査を担当しています。以前、園児のお口の健康を守る取り組みとして、給食を食べた後にブラッシングと併せてフッ素先口をやるプロジェクトを実施しました。現在も続けているのですが、園児の虫歯が少なくなってきているのを感じます。

    このように、日々のケアが重要です。間食の食べ方と日々のブラッシング、親御さんによる仕上げ磨きも欠かせません。そしてお子さんに毎日ブラッシングをする習慣をつけましょう。

    当院でもクリーニングなどや歯磨き指導などの予防に力を入れているので、より健康な歯を維持するためには自宅でのケアに加え年に1、2回お越しください。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    行っているインプラント治療についてお教えください
     鈴木 隆之先生アイコン
    鈴木 隆之先生
    インプラント(※自由診療)のメリットは、噛み心地や見た目が天然歯に近いこと、残った歯を守れること、手入れが楽であることなどがあげられます。

    以前入れ歯を利用していた患者さんが、「タコが好きなのに入れ歯だとうまく食べられない」とおっしゃっていました。実は固いものを食べるのは入れ歯でも問題ありませんが、タコのような弾力のあるものは食べにくいのです。そこでインプラントを提案したところ、食事が楽しくなったと喜んでもらえました。

    また、インプラント治療において痛みが不安という方も少なくありません。当院では笑気麻酔に対応しているので、恐怖心の強い方もリラックス状態で治療に臨むことができます。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    詰め物・被せ物の治療について教えてください
     鈴木 隆之先生アイコン
    鈴木 隆之先生
    当院ではジルコニア(※自由診療)から金属まで対応しています。本人の希望がなければ基本的に保険診療内で行っていますので、費用面が不安な方も気兼ねなくご相談ください。

    患者さんの年齢や生活背景、目指すゴールなどのご要望を配慮し、一人ひとりに合った治療を提案いたします。

    また、院内に歯科技工士が在籍しているのでスムーズな治療が可能です。たとえば出張や旅行で来ているのに詰め物がとれた、というトラブルでも、場合によりますが翌日中に提供することもできます。

    鈴木歯科クリニックを掲載している記事

    施術副作用

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 鈴木 隆之先生(鈴木歯科クリニック|静岡県沼津市)インタビュー 2021-11-22T15:53:04+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ