歯科医師 新井 真澄先生(新井歯科医院|東京都多摩市)インタビュー

    歯科医師 新井 真澄先生(新井歯科医院|東京都多摩市)インタビュー
    新井歯科医院
    新井 真澄 院長

    多摩市の新井歯科医院は1989年の開院以来、地域に密着した診療を行う歯医者さんです。院長の新井 真澄先生は、勤務医時代から30年以上、多摩市で歯科診療を行っています。

    幼いころからお口の健康を見守ってきた患者さんの中には、歯科医師になった方もいるのだとか。「しかも全員、女性なんです」と、うれしそうにお話ししてくれました。

    どのような思いで診療を行っているか、女性目線でのお子さんとの接し方など、新井先生のお人柄、お考えに迫ります。

    当院は『公平な治療』・『新しい情報』を提供するため、スタッフ全員が努力を惜しみません

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    治療方針、理念をお聞かせください
    新井 真澄先生アイコン
    新井 真澄先生
    丁寧に、わかりやすく説明することを心がけています。専門用語をなるべく使わず、誰でもわかるような言葉で、患者さんのご年代にあわせた説明の仕方をするようにしています。

    治療方法はできるだけ複数提示し、患者さんが納得のいく方法を選択する「インフォームド・コンセント」の理念を大切にしています。

    また保険診療・自由診療にかかわらず「公平な治療」を行うことを念頭において治療を行っています。

    たとえどのような治療でもずさんにすることなく、一人ひとりの患者さんと向き合い、納得のいく治療を提供することが使命と考えています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    たくさんのスタッフさんがいらっしゃいますが、診療を円滑にするために行っていることがあれば教えてください
    新井 真澄先生アイコン
    新井 真澄先生
    当院には30名以上のスタッフがいて常時10名から20名が患者さまの診療に携わっています。

    そのため毎朝のミーティングで、その日に予約されている患者さまの情報共有や前日の報告を行い、一人ひとりの患者さまにあわせた応対と、治療の提供を心がけています。

    またスタッフ同士のコミュニケーションを深められるよう、ミーティングではささいなことでも、気が付いたことを報告してもらうようにしています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    お子さんの治療の際に心がけていることなどがあれば教えてください
    新井 真澄先生アイコン
    新井 真澄先生
    小さなお子さんの場合、泣いてしまったときには抱き上げてお話を聞くなど、コミュニケーションをとりながら治療を行っています。

    また親御さんの中には「なぜこんなにひどくなるまで連れてこなかったんだと怒られるかもしれない」と心配している方もいらっしゃるかと思います。

    当院ではお子さんに対しても、親御さんに対しても親身になって対応しています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    来院される患者さまへのメッセージをお願いします
    新井 真澄先生アイコン
    新井 真澄先生
    私たちは患者さまに新しい情報を正しくお伝えするため、スタッフ全員が研さんを怠りません。

    当院では正しい理論に基づいた「科学的根拠のある新しい治療」を取り入れるために、日々情報・知識をアップデートするようにしています。

    今はインターネットで何でも調べられる時代ですから、いらっしゃる患者さまの中には事前にいろいろな治療方法を調べ、「こういう方法はどうですか?」と質問される方もいます。そんなときに応えられない、ということがあってはいけません。

    患者さまの希望する治療が、根拠に基づいた治療かどうかをしっかりと見極めながら、その方の症状にはどのような治療が適しているか、それはどのような理論で裏付けされているかをしっかりとご説明できるように努めてまいります。

    新井歯科医院を掲載している記事

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 新井 真澄先生(新井歯科医院|東京都多摩市)インタビュー 2021-09-09T14:29:38+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ