歯科医師 横山 紗和子先生(自由が丘歯科オーラルケア|東京都目黒区)インタビュー

    歯科医師 横山 紗和子先生(自由が丘歯科オーラルケア|東京都目黒区)インタビュー
    自由が丘歯科オーラルケア
    横山 紗和子 理事長

    自由が丘歯科オーラルケアは2014年に目黒区に開院しました。

    理事長の横山先生は大学卒業後、一度インプラントメーカーで会社勤めをしていた経験があり、忙しいビジネスパーソンの生活背景や気持ちに配慮した診療を行っています。

    「この歯科医院に来てよかった、という気持ちで帰っていただきたい」そう話す横山先生に、診療で大切にしていることや設備面でこだわったことなどを詳しくお伺いしました。

    患者さまのご要望を正しくくみ取り、丁寧な説明を怠らず、誠実な治療に取り組んでまいります

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    クリニックのポリシー、大切にしていることを教えてください
    横山 紗和子先生アイコン
    横山 紗和子先生
    当院には5か条からなる『自由が丘歯科オーラルケアの信念』というものがあります。

    ①すべての人を愛する、慈しむこと
    ②社会のために、すべての人のために、自分をいかに有効に使えるかを追求すること
    ③諦めないこと
    ④身体と心が健康であること
    ⑤輝く笑顔を発すること

    「この歯科医院に来てよかった」と思っていただけるよう明るい笑顔でお話しし、気持ちをこめて治療を提供いたします。そして丁寧な説明を怠らず、誠実な治療に取り組んでまいります。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    院内の空間づくり、設備面などでこだわったところを教えてください
    横山 紗和子先生アイコン
    横山 紗和子先生
    個室のカウンセリングルームを設けています。お口にかんすることはデリケートなお悩みもあるかと思いますので、プライバシーに配慮してお話ししています。

    カウンセリングルームには大きなディスプレーを備えていて、そこに口腔内写真やマイクロスコープで拡大した患部の様子を映し出し、患者さまと一緒に確認しています。

    当院では治療前だけでなく、治療のステップごとにカウンセリングの時間を設けています。処置をした部分やお口の中を撮影した画像などを見ていただきながらお話しするので、治療へのモチベーションを維持しやすいかと思います。

    また自然光の差し込む待合室や清潔感のある白で統一したパウダールームなど、患者さまがリラックスして時間を過ごせるような雰囲気づくりを心がけています。

    歯の教科書 編集部
    歯の教科書 編集部

    診療においてはどのようなことを心がけていますか?
    横山 紗和子先生アイコン
    横山 紗和子先生
    患者さまのご要望を正しくくみ取ることを心がけ、そのご要望にそって治療計画を検討しています。

    お口全体を見たときに奥歯と前歯の両方が悪い場合は、奥歯から先に対処していきます。これは奥歯の方が歯並びや輪郭にも影響しやすいからです。

    お痛みなど今すぐ取り去りたいお悩みがあるときにはできるだけ早く解消し、患者さまの心身への負担を軽減してからそのほかの治療に移るようにしています。また患者さまが見た目を気にされている場合も、優先度を上げて治療に取りかかります。

    歯科医療的な優先度だけでなく、患者さまのご要望を大切にしながら治療を進めてまいります。

    自由が丘歯科オーラルケアを掲載している記事

    執筆者:歯の教科書 編集部

    執筆者:歯の教科書 編集部

    歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

    歯科医師 横山 紗和子先生(自由が丘歯科オーラルケア|東京都目黒区)インタビュー 2021-10-11T14:04:14+09:00
    歯の教科書ロゴ
    ページトップへ