歯茎から膿が出る…!?困ったときの応急処置&注意点まとめ

鏡で歯茎を見る女性
24,253view ★役に立った!71

歯茎の炎症が悪化すると化膿(かのう)してしまうことがあります。腫れたところが白くなっていたり、酸味や臭いを感じたりする場合、膿(うみ)が溜まっていることが考えられます。

この記事では、歯茎に膿が溜まったときの応急処置や控えた方がいいこと、歯茎に膿が溜まる原因、歯医者さんでの治療法などを紹介しています。放置すると悪化してしまう恐れがあるため、なるべく早く歯医者さんを受診しましょう。

この記事の目次

1.歯茎が膿んだときの応急処置と控えたいこと

「歯茎が腫れて液体が出てくる」という場合、患部が膿んでいる恐れがあります。
できるだけ早く歯医者さんを受診することが大切ですが、何らかの事情ですぐに受診できない場合もあります。

化膿している恐れがある歯茎の状態、膿が溜まっているときの応急処置、控えた方がいいことを紹介します。

1-1 化膿している恐れがある歯茎とは

膿は「細菌と戦った白血球の死骸」「細菌の死骸」「生存している細菌」などが混じった液体です。
膿が出ているということは、炎症が悪化して化膿したことが考えられます。

歯茎の腫れに加えて、以下のような症状が見られる場合、化膿している確率が高いです。

白っぽいデキモノがある

歯茎(多くは歯の根元付近)に白っぽいデキモノがあり、そこから白色や黄色といった液体が出ているようなら、歯茎の内部が化膿しているかもしれません。
白っぽいデキモノは「サイナストラクト」と呼ばれる、歯茎の内部に溜まった膿を排出するための穴です。

【関連記事】歯茎の腫れに要注意!白いデキモノの原因・治療法まとめ

酸味があり、口臭が悪化している

膿はやや酸味を持っているので、膿が出ていると口の中が酸っぱく感じられます。
また、膿による口臭が出ます。腫れている部位に酸味を感じたり、口の中が臭っていたりしたら、化膿している恐れがあります。

歯が浮くような感覚、圧迫されるような痛みがある

歯茎の内部に膿が溜まると、歯が浮くように感じられることがあります。
膿が溜まった箇所が膨れ、歯を押し上げるような圧力が生じているからです。

「歯が浮く感覚」または「内部から膨れあがるような痛みや圧力」を感じる場合、内側に膿が溜まっている恐れがあります。

歯茎が膿んで痛がる女性

1-2 歯茎に腫れや膿があるときの応急処置

歯茎が腫れたり膿が出たりしているときは、多くの場合、痛みや不快感をともないます。
歯茎に腫れや膿が見られるときの応急処置を紹介します。

市販の鎮痛剤を服用する

歯茎が腫れて痛みがあり、すぐに歯医者さんに行けない場合、市販の鎮痛剤で痛みを抑えましょう。
歯医者さんで処方される鎮痛剤にも含まれる、ロキソプロフェンを主成分とする鎮痛剤がおすすめです。

鎮痛剤は、服用してから効果が出るまで30分ほどかかることがあります。
用法用量を守って使いましょう。

うがい薬で口の中を清潔にする

腫れや膿がある場合、口の中で細菌が増殖しています。
殺菌・消毒作用のあるうがい薬で口の中をゆすぎ、細菌を減らしましょう。

ただし、アルコールが入ったうがい薬は刺激が強すぎる恐れがあるため、ノンアルコールや低刺激性のものを選びましょう。
クロルヘキシジンを主成分とするうがい薬は、歯周病を軽減・予防する作用もあるので、口の中の殺菌や消毒に向いています。

クロルヘキシジンを用いたうがい薬がすぐに入手できない場合は、一般的なうがい薬を使いましょう。

1-3 控えた方がいいこと

歯茎に腫れや膿が見られるとき、症状を悪化させないためにも次のことは控えましょう。

針などで突いて膿を出す

膿が溜まっている部分を針などで突いて、自分で膿を出すことは避けましょう。
化膿している部位は細菌が多く不衛生です。
針などで傷つけることで、今度は傷口が感染してしまうかもしれません。

運動や入浴で血行を促進する

痛みが強い場合、「激しい運動」や「体を温める」といった行為はできるだけ控えましょう。
血行が良くなると、痛みが強くなる傾向があります。

なるべく安静にしているよう心がけるとともに、長時間の入浴や熱めのシャワーなどは控えることをおすすめします。

バツの札を持つ女性

2.歯茎に膿が溜まる原因と治療法

歯茎に膿が溜まる原因はいくつかあり、それぞれ治療法が異なります。
歯茎が化膿する主な原因と、歯医者さんでの治療法を紹介します。

2-1 歯の根に炎症が起こり、膿が溜まっている

神経を抜いた歯や、神経が死んでしまった歯の根の部分に、炎症が起こることがあります。
歯髄腔(しずいくう=神経が入っていた空間)が細菌に感染し、炎症が根の部分に拡大することがあるためです。

炎症が悪化したり長期化したりすれば、歯の根が化膿し、歯茎に膿が溜まることがあります。
歯の根に炎症が起きた状態を「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」と呼びます。

◆治療法

歯の細菌に感染している部分を削り、歯髄腔や歯の根の内部を洗浄・消毒して無菌化する「感染根管治療」が第一選択となります。
無菌化したら、薬剤を詰めて根の炎症の改善を目指します。

症状によっては、「歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)」と呼ばれる処置をおこなうこともあります。
歯茎を切り開いて膿を出し、歯の根を1~2mmほど切除して薬剤を詰め、根の内部を無菌化してから歯茎を縫合する方法です。

歯根端切除術でも無菌化できないケースでは、抜歯になることがあります。

2-2 口の中の外傷が炎症を起こし、化膿している

歯ブラシでゴシゴシ磨いたり、魚の小骨が刺さったりといった原因で、歯茎に傷ができることがあります。
傷口が細菌に感染すると炎症を起こし、悪化すると化膿して膿が出ることがあります。

◆治療法

魚の小骨などがある場合は取り除き、膿を排出してから患部を洗浄・消毒します。
大きく腫れている場合、歯茎を切開して内部に溜まっている膿を排出することもあります。

症状に応じて、鎮痛剤や抗炎症剤などを併用することがあります。

2-3 歯の根が折れ、内部に細菌が入っている

外傷や強い力が加わるといった原因で、歯の根が割れたり折れたりしてしまうことがあります。
「歯根破折(しこんはせつ)」と呼びます。

歯茎に埋まっている根の部分まで割れてしまうと、割れ目から細菌が入りこみ、歯茎の内側まで感染することがあります。

◆治療法

歯の割れ方や折れ方を確認し、膿を排出して患部を洗浄・消毒した後、歯の修復を試みます。

割れ方や折れ方によっては歯を保存できることもありますが、修復が難しい場合は抜歯になることもあります。

歯の模型を持つ女性

2-4 歯周病が原因で炎症が起こっている

歯周病は「歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)」に歯石が溜まることで発症します。
多くは自覚症状のないまま進行し、悪化すると歯を支える骨が溶けてしまうこともあります。

歯周病が進行する過程で急性の炎症を起こすケースがあり、その場合は歯茎が腫れて化膿することがあります。

◆治療法

歯周病が原因であれば、「スケーリング」「ルートプレーニング」といった、歯周ポケットの歯石を取り除く処置をおこなうのが一般的です。

炎症がひどい場合は、鎮痛消炎剤や抗生物質で炎症を鎮(しず)めてから、歯周病の治療に入ることもあります。

3.まとめ

歯茎の炎症が悪化すると、化膿して口臭の元になることがあります。
化膿した箇所は自然治癒することもありますが、放置することでさらに悪化するケースも少なくありません。

膿が出る、痛みがあるといった場合、なるべく早く歯医者さんを受診しましょう。

根尖病変・歯根破折・歯周病などは、歯を失うリスクもある口腔トラブルです。
できれば歯医者さんで定期健診を受け、口腔トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

併せて、毎日の歯磨きといったケアを丁寧におこない、口の中を衛生的に保ちましょう。

この記事は役に立った!

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関するお悩み解決をサポートするべく、各お悩みに関する症状・原因・治療内容などのお役立ち情報を掲載。お悩み解決コラムの全記事を歯科医師が監修しています。

不正確な情報を報告

ネット受付・予約もできる

歯医者さん検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。

EPARK EPARK
  • 歯医者さんをエリアと得意分野でしぼって検索!
  • 歯医者さんの特徴がわかる情報が満載!
  • 待ち時間を軽減!24時間ネット予約にも対応!

歯周病の相談ができる歯医者さん一覧へ

フリーワードで探す

エリアカテゴリーから探す

ページトップへ