デュアルホワイトニングの基礎知識!白い歯が長続きする方法とは?

デュアルホワイトニング

115view

芸能人のような「白い歯」に憧れる人はたくさんいます。もちろん、どちらかといえば女性のほうが「歯を白くしたい」という願望は強いようですが、最近は男性がホワイトニングをすることも増えてきました。老若男女を問わず、白い歯を「清潔感の象徴」「当然の身だしなみ」と捉える人が増えてきたのだと思います。

ホワイトニングの方法としては、2つの方法が広く知られています。1つは歯医者さんで施術してもらう「オフィスホワイトニング」、もう1つは自宅で実施する「ホームホワイトニング」です。しかし、ひときわ白い歯を手に入れたいなら、「デュアルホワイトニング」と呼ばれる第三の手法を選択肢に含めてみてはいかがでしょうか?

こちらの記事では「ひときわ白い歯」を夢見る方に向け、デュアルホワイトニングについて解説したいと思います。

1.デュアルホワイトニングとは何か?

デュアルホワイトニングは、「オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つを組み合わせたホワイトニング法」になります。要するに、歯医者さんと自宅の両方でホワイトニングの施術をおこなうわけです。

2つの方法を掛け合わせることで、それぞれのデメリットを打ち消し、優れた部分を引き出す…。それがデュアルホワイトニングの狙いです。それでは、デュアルホワイトニングの長所を知るためにも、まずは、オフィスホワイトニング&ホームホワイトニングの特徴を知っていただくことにしましょう。

2.オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは、過酸化水素を用いて歯を白くする手法です。一般的には濃度15~38%の過酸化水素製剤が用いられます。腐食性がある高濃度の過酸化水素製剤を使うことから、歯肉の保護が必要です。そのため、歯科医院で歯科医師・歯科衛生士による施術を受けることになります。

2-1 オフィスホワイトニングのメカニズム

過酸化水素によって歯が白くなるのには、2つのメカニズムが関係しています。まず、過酸化水素が歯を白くしてくれるメカニズムを解説することにしましょう。

第一のメカニズムは、洗濯に使う「酸素系漂白剤」と同じ働きです。過酸化水素は不安定で「酸素をフリーラジカルの形で放出しやすい」という特徴があります。フリーラジカルは「不安定で、常に何かと反応しようとしている物質」のことです。過酸化水素が放出するフリーラジカルは、主に「ヒドロキシルラジカル(OH)」と「スーパーオキシドアニオンラジカル(O2-)」です。

さて、「OH」や「O2-」は反応性が強く、別の物質を強力に酸化します。結果、エナメル質の内部にある着色物が酸化され、別の物質に変わるのです。化学反応により、着色物が別の物質に変わった結果、色がなくなるわけです。

たとえば、鉄が酸化すれば、酸化鉄(サビ)になります。このとき、色は「銀色→赤褐色」と変化しますね? 物質は酸化されると別の物質になり、色が変わることがあります。同じような理屈で、「有機質」に分類される着色物は、酸化されると無色になるのです。エナメル質の内部にある着色物は有機質ですから、「OH」「O2-」に酸化されて無色になります。

第二のメカニズムは、「マスキング効果」です。本来、歯は真っ白ではありません。エナメル質は透き通っていて、その内側にある象牙質は黄白色をしています。そう、やや黄みがかっているのです。エナメル質は透き通っているわけですから、「象牙質が透けて見えるぶん、やや黄色く見える」というのが普通の状態です。

しかし、過酸化水素から放出されるフリーラジカルには、「エナメル質の表面を擦りガラスのように変える作用」があります。結果、エナメル質が光を透過しにくくなり、内側の象牙質が隠されるのです。「ガラスは透明だけれど、すりガラスは白っぽく見える」という事実を踏まえれば、納得できると思います。

2-2 オフィスホワイトニングのメリット

歯医者さんで実施するオフィスホワイトニングには、以下のようなメリットが存在します。

・施術した当日から、ホワイトニング作用を実感できる
・ホームホワイトニングより、漂白作用が強い
・歯科医師or歯科衛生士が施術してくれるので手軽
・ホワイトニングの前に、歯のクリーニングもしてくれる

オフィスホワイトニングでは濃度の高い過酸化水素製剤を塗布し、光を当ててフリーラジカルの発生を促します。過酸化水素は紫外線・青色可視光などで「光分解」され、容易にフリーラジカルを発生するのです。この性質を利用することで、目に見えるほどのホワイトニング作用を1日にして発揮するわけです。

2-3 オフィスホワイトニングのデメリット

一方、オフィスホワイトニングにはデメリットも存在しています。

・ホームホワイトニングに比べて、料金が高い
・1回で希望する白さにならなかった場合、複数回の通院が必要
・ホワイトニングの持続力が低く、色の後戻りが早い
・薬剤の濃度が高いので、知覚過敏を起こすことがある

オフィスホワイトニング最大の弱点は、「色の後戻り」です。そもそも、ホワイトニングは「1回施術すれば、ずっと白いまま」というものではありません。短いと3ヶ月、長くても半年くらいで、もともとの色に近づいてきます。

また、薬剤濃度が高いので知覚過敏のリスクがありますが、大半は一時的な症状です。ホワイトニングから1~2日で解消するのが普通です。長引く場合でも、知覚過敏の症状を抑える「硝酸カリウム」「シュウ酸カルシウム」などの成分を含んだ歯磨き粉でケアするなど、一定の対処法は存在しています。

3.ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングは、過酸化尿素(過酸化カルバミド)を用いて歯を白くする方法です。自宅でセルフホワイトニングをおこないますが、薬剤は歯医者さんから処方してもらい、歯科医師の指導を守って使用します。国内の歯医者さんで「過酸化尿素濃度10~35%」のホワイトニングジェルが扱われていますが、厚生労働省が認可しているのは濃度10%のホワイトニングジェルだけです。

3-1 ホームホワイトニングのメカニズム

実のところ、ホームホワイトニングで歯が白くなるメカニズムは、オフィスホワイトニングとまったく同じです。過酸化尿素は体温と唾液によって分解され、過酸化水素と尿素になります。10%の過酸化尿素は、「約3.6%の過酸化水素」と「約6.4%の尿素」に分解されます。これは「過酸化尿素は事実上、濃度1/3程度の過酸化水素と同義である」と言い換えることが可能です。

つまり、過酸化尿素は、「低濃度の過酸化水素」に変化して、オフィスホワイトニングと同じように「漂白作用」と「マスキング効果」で歯を白く見せるわけです。

3-2 ホームホワイトニングのメリット

自宅で実施できるホームホワイトニングには、以下のようなメリットがあります。

・オフィスホワイトニングに比べて、費用が安い
・施術のたびに歯科医院に通院する必要はない
・ホワイトニングの持続力が高く、色の後戻りが遅い
・薬剤の濃度が低く、知覚過敏を起こしにくい

一度、歯科医院でホワイトニングジェルを処方してもらえば、その後は自宅でホワイトニングをすることができます。頻繁に通院する必要はありませんし、処方されたジェルを使い切るまでには追加費用がかかりません。費用・労力をあまりかけずに、ホワイトニングをすることが可能です。

また、ホワイトニングの持続力に優れており、オフィスホワイトニングの2倍ほどの期間にわたって白さが保たれます。色が後戻りしてくるのは、半年~1年ほどの期間が経過してからです。

3-3 ホームホワイトニングのデメリット

しかし、ホームホワイトニングにも欠点がないわけではありません。

・ホワイトニング作用を実感するまでに時間がかかる
・オフィスホワイトニングに比べると、漂白作用に劣る
・仕上がりの色合いを細かく調整するのは難しい
・1日2時間のマウスピース着用を続けなくてはならない

薬剤の濃度が低いので、ホワイトニング作用が出てくるまでには時間がかかります。早くても1週間、平均して10日ほどかかるのが普通です。また、十分にホワイトニング作用が出てきてからも、オフィスホワイトニングほどの「目に見える白さ」にはなりません。

また、厚生労働省で認可されている「過酸化尿素濃度10%」のホワイトニングジェルは、1日2時間のホワイトニングを約2週間、継続するタイプです。ホワイトニングジェルの入ったマウスピースを2時間にわたって装着する…というのが、人によっては大きな負担になるようです。

4.デュアルホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、それぞれの特徴がわかったところで、改めてデュアルホワイトニングの解説をすることにしましょう。デュアルホワイトニングは、「歯科医院でオフィスホワイトニングをおこなってから、自宅でホームホワイトニングを続ける」という併用型のホワイトニングです。一般的には「オフィス1回→ホーム2週間」の流れを2セット繰り返します。

4-1 デュアルホワイトニングのメリット

デュアルホワイトニングは、オフィス&ホームそれぞれの利点を足し合わせたホワイトニング作用が期待できます。

・歯科医院への通院は、原則2回で済む
・オフィスホワイトニングをおこなうので漂白作用が強い
・ホワイトニングの持続力が高く、色の後戻りが遅い
・ホワイトニングの前に、歯のクリーニングもしてくれる

オフィス&ホームのメリットが足し合わされた結果、「漂白作用が強く、持続期間が長い」という「良いとこ取り」が実現しています。しかも、オフィスホワイトニング単独より漂白作用が上がるので、ホワイトニングをしている人と比べても「ひときわ白い歯」を実現することができます。

4-2 デュアルホワイトニングのデメリット

作用面では優れているデュアルホワイトニングですが、そのほかの観点から見るとデメリットも存在しています。

・オフィス&ホームを単独で実施するより費用がかかる
・頻繁に薬剤を用いるので知覚過敏を起こしやすい
・1日2時間のマウスピース着用を続けなくてはならない

オフィス&ホームをダブル施術するわけですから、単独のホワイトニングより費用がかかります。一般にオフィスホワイトニングは1万5,000円~5万円、ホームホワイトニングは1万5,000円~3万円ですが、デュアルホワイトニングは6万~8万円かかります。

また、オフィスホワイトニングで高濃度の過酸化水素を用いる上、家でも過酸化尿素によるホワイトニングを実施するので、知覚過敏のリスクはやや高くなります。

5.まとめ

以上のように、デュアルホワイトニングは「歯科医院と自宅で、2通りのホワイトニングを実施する手法」です。歯を白くする作用が強く、持続力も高いので、「ひときわ白い歯を長く維持したい」というニーズに適合しています。ただ、「知覚過敏のリスクが高い」などのデメリットも存在していますので、歯医者さんとよく相談しながら実施するようにしてください。

コージ歯科_デュアルホワイトニング

ページトップへ