酸蝕歯の治療法とは?原因を突き止めて悩みを解消

7,165view

虫歯ではないのに、何だか歯の様子がおかしい…と悩んでいませんか? もし、次に挙げるような悩みをお持ちなら、原因は酸蝕歯かもしれません。

・歯が黄色っぽく変色してきた
・前歯の先端が透けてきた
・歯にツヤがなくなり、表面がざらつく
・熱いもの、冷たいものがしみる
・歯に不自然な窪みができている

原因を取りのぞかないと、酸蝕歯はどんどん進行してしまいます。また、酸蝕歯によって起きた変化は自然治癒するものではないので、歯医者さんで治療を受ける必要があります。こちらの記事では、酸蝕歯の治療法・原因を解説していますので、ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事】酸蝕歯を予防する!白く輝く歯を守るための生活習慣を解説

1. 酸蝕歯を治したい!歯医者さんで実施する治療法は?

酸蝕歯の症状が見られる場合、歯医者さんに相談する必要があります。「本当に酸蝕歯なのかどうか」を診断してもらうことはもちろん、酸蝕歯であれば「原因の特定」「症状を改善するための治療」をする必要があるからです。

この章では、歯医者さんで行う酸蝕歯の治療法について紹介していきます。

1-1 酸蝕歯は、歯の表面が溶けていく症状…!

「歯が酸で溶ける」という事実は、広く知られています。虫歯菌がつくる酸で歯が溶けてしまうと、その歯が虫歯になるわけです。

しかし、歯を溶かすのは、虫歯菌がつくった酸だけではありません。酸性の物質であれば、どんなものでも歯を溶かす恐れがあります。「虫歯以外の原因で歯が溶けた状態」を酸蝕歯と呼んでいます。

1-2 軽度の酸蝕歯は、進行を止めるだけでもOK!

「わずかに歯の表面がざらざらしている」「歯の先端が少しだけ透けて見える」などの軽度の酸蝕歯は、治療をしない場合も多いです。その程度ならば、とりあえず進行が止まれば実害はありません。原因となっている習慣(食生活など)を特定し、その原因を取りのぞけば十分でしょう。

この場合、原因となる習慣を改善したあと、定期的に歯医者さんを受診し、「進行が止まった」と確認できれば問題ありません。ただ、再度進行したとき早期対応できるように、定期健診は受けたほうが良いと思います。

1-3 象牙質が露出しているなら、治療が必要

エナメル質が溶けて、象牙質が露出しているようなら、治療が必要になります。食習慣・生活習慣を改善して進行を抑えると同時に、溶けて欠損した部分を補う治療をおこないます。重症度に応じて治療法が変わってきますが、一般には以下のような治療法が選択される傾向にあります。

コンポジットレジン充填

歯の表面に窪みができている場合、その窪みを埋める必要が出てきます。そこで、虫歯治療と同じように、欠損部分を詰め物で埋めるわけです。コンポジットレジンは虫歯治療に用いられる白い詰め物なので、基本的には「虫歯治療と同じようなもの」と考えて問題ありません。

フルクラウンによる治療

歯の欠損が大きい場合、かぶせ物を使った治療をおこないます。これは「神経まで達した虫歯の治療」とほぼ同じ治療法になります。場合によっては歯の神経を抜き、外側をクラウン(かぶせ物)で覆う方法です。

ラミネートベニアによる治療

主に、前歯の酸蝕歯を美しく治したい場合に採用する方法です。歯の表面を0.5mmほど削って、白い板を貼りつけます。ネイルチップのようなイメージで、歯の表面を覆うと考えてください。見た目重視の治療法なので自費治療となりますが、「酸蝕歯による前歯の黄ばみが気になる」といったニーズに応えてくれる方法です。

2.酸蝕歯になる原因を詳しくチェック!

歯の表面には「エナメル質」が存在します。このエナメル質が溶けはじめるのは、酸性の度合いが「pH5.5」になったときです。「pH(ペーハー)」は酸性・中性・アルカリ性の度合いを示す単位で、数字が低いほど酸性、高いほどアルカリ性を意味します。

2-1 食べ物・飲み物の酸で歯が溶けてしまう!?

さて、エナメル質が溶けはじめる「pH5.5」というのは、どれくらいの酸性度だと思いますか? まずは、一般的な飲食物のおおよそのpHをお伝えすることにしましょう。「酸味があるものは酸性である」という認識から、多くの飲食物が酸性であることは想像がつくと思います。私たちがふだん飲食しているものは、いったい、どれくらいのpHなのでしょうか?

《身近にある飲食物のpH》
レモン:pH3.3~4.0
リンゴ:pH3.9~4.5
炭酸飲料:pH2.6~3.4
黒酢ドリンク:pH3.3~4.0
ワイン:pH2.8~3.6
ビール:pH3.8~4.1

参照URL:https://www.lion-dent-health.or.jp/topics/pdf/okuchi_vol6.pdf

このように、ふだん何気なく口にしている飲食物のpHを確認してみると、pH5.5を割り込んでいるものがたくさんあります。pHは低いほど酸性ですから、上記の飲食物はすべて「歯を溶かすレベルの酸性」ということです。

1-2 唾液の働きである程度は防げるけれど…

ご存じのとおり、酸性の食品を口に入れたからといって、すぐに歯が溶けることはありません。柑橘類(かんきつるい)・炭酸飲料などを摂取していても、健康的な歯をしている人はたくさんいます。

すぐに歯が溶けないのは、唾液が酸を中和しているからです。食事を終えれば飲食物は入ってきませんから、あとは唾液が酸を薄めて口腔内を中性に近づけてくれます。

しかし、「食事の時間を決めずにだらだらと何かを食べ続ける」「夜、強い酸性の飲食物を摂取して、口をゆすいだりせずに寝る」などの習慣を繰り返すと、唾液による中和が追いつかなくなってしまいます。そうなると、だんだんと歯の表面が溶けて、「酸蝕歯」と呼ばれる症状が起きるわけです。

1-3 酸蝕歯の主な原因まとめ

飲食物に含まれる酸で酸蝕歯を起こすことも多いですが、原因はそれだけではありません。そこで、以下に酸蝕歯の主な原因をまとめることにしましょう。

・炭酸飲料・スポーツドリンクなどの清涼飲料水をよく飲む
・柑橘類など、酸味のあるフルーツをたくさん食べる
・酢漬け・梅干しなど酸味の強い食品を頻繁に食べる
・ワイン・ビールなどの酒類を就寝前に飲む習慣がある
・黒酢などの酢類を頻繁に飲んだり、食べたりする
・逆流性食道炎などで、胃液が口に上がってくることが多い
・摂食障害・つわりなどで嘔吐を繰り返している
・酸性ガスを吸引するような職場で働いている

飲食物のほか、胃酸によって酸蝕歯になることもあります。胃酸というのは結局のところ塩酸です。胃酸は「pH1~1.5」程度の強い酸性を示します。食事の直後なら「pH4~5」くらいまで薄まりますが、それでも「pH5.5」を割り込んでいます。嘔吐を繰り返すことは、歯のためにもよくありません。

次に「酸性ガスを吸引する職場」ですが、これは「ガラス細工の工場」「メッキ工場」が該当します。これらの職業に就いている場合、酸蝕歯は一種の職業病といえます。

また、飲食物の影響だけですぐに酸蝕歯になる心配もありません。ただし、「だらだらと長時間にわたって飲食を続ける」「長時間、口に含むような食べ方・飲み方をする」「黒酢ダイエットなど、特定の酸性食品を頻繁・多量に摂取する」など、極端なケースでは一定のリスクがあると理解してください。

2.まとめ

酸蝕歯は、「酸性の飲食物」「食習慣」「嘔吐」などの要因で生じる「歯の溶解」です。早期に手を打てば「生活習慣の改善」だけで解決することもありますから、異変を感じたら早めに歯医者さんを受診するようにしましょう。

また、酸蝕歯の進行を止めるためにも、「酸性食品をだらだらと長時間にわたって食べ続ける習慣」は控えるようにしてください。口の中が酸性になっていると、酸蝕歯だけでなく虫歯のリスクも上がってしまいます。

 

高村歯科医院_酸蝕歯_治療

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ