親知らず

親知らずの痛みはどうすれば…4つの原因と今すぐ出来る対処法

109,169view

奥歯が痛い…親知らずに問題があるのかも。何が原因で痛みが出ているのかがわからず、不安ですよね。親知らずが痛む主な原因は、親知らず自体が虫歯になってしまっているか、周りの歯茎が炎症を起こしているのかのどちらかです。

もしも、虫歯になってしまった親知らずを放置してしまうと、顎の骨まで侵食してしまい、最悪の場合、死に至ることもあります。この記事で原因を知っていただき、今すぐに出来る対処法で痛みを和らげてください。読んでいただいた後は、歯医者さんへ必ず行きましょう。

自分に合った歯医者さん探しはこちら

1.親知らずが痛む4つの原因とは

1-1親知らずの周りが細菌で腫れている

親知らずが痛む原因

親知らずの周りの歯茎が腫れてしまう原因は、細菌が溜まっているからです。磨きにくい生え方をしている親知らずは、毎日の歯磨きで汚れを落とす事が出来ず、歯茎が炎症を起こして痛みが出て来ます。

歯ブラシで汚れを落とせない場合には、抜歯した方が良いでしょう。理由としては、再度腫れてしまう可能性が高く、食べカスが詰まっている状態が続くと、口臭の原因にもなります。

親知らずの腫れに関して詳しくは「抜いたらほっぺが腫れた!治療前と抜歯後の親知らずの対処法」を参照下さい。

1-2親知らずが虫歯になってしまっている

親知らずの虫歯虫歯が進行してしまうと、冷たいものがしみたり、何もしなくてもズキズキと痛みます。親知らずの虫歯を放置してしまうと、隣の歯にもすぐに侵食してしまうので、歯医者さんで治療を行いましょう。また、親知らずに隠れて、隣の歯が虫歯であることも多いので、先に抜歯をする事は虫歯予防や早期発見にもなります。

1-3親知らずが隣の歯を押して痛む

親知らずが隣の歯を押す

親知らずが横向きであったり、斜めに生えてきている場合は、隣と歯とぶつかって痛みが伴う事があります。常に痛むというわけではなく、一時的に痛む場合が多いです。

あまりにもひどい場合だと、隣の歯が傾いてしまい、噛み合わせにも影響してきます。噛み合わせが悪くなってしまうと、肩こりや頭痛の原因にもなりますので、抜歯をすべきでしょう。

1-4親知らずが生えてきて、噛むと歯茎に当たってしまう

親知らずが生えて歯茎に触る

親知らずが生えてくると、噛む時に歯茎にぶつかって痛みが出ることがあります。食事や生活に悪影響のある場合は、抜歯した方が良いでしょう。

2.親知らずが痛む時に今すぐ出来る対処法

2-1歯ブラシはやわらかい物を使う

親知らずに痛みがある場合は、やわらかいタイプの歯ブラシを使いましょう。硬い毛の歯ブラシだと、腫れてる部分が痛む可能性が高いからです。汚れが溜まってしまい、炎症を起こしている可能性もあるので、ゴシゴシ磨く事はせずに、優しくかきだすように磨きましょう。

親知らずのような磨きにくい場所にはタフトブラシもおすすめです。タフトブラシとは毛先が細く、奥歯の隙間の汚れを落としやすい歯ブラシです。

2-2口内をうがい薬で消毒する

親知らずが炎症して痛む原因として、お口の中に細菌が溜まり炎症を起こしている可能性があります。殺菌や消毒成分のある、うがい薬を使用すると、口内を清潔に保てます。清潔な口内は、炎症を鎮めて、抜歯をしたあとも痛む可能性を下げます。

2-3痛み止めを飲んで、一時的に痛みを抑える

親知らず、もしくは周辺が痛む場合には、痛み止めが有効です。市販の鎮痛剤などは一定の鎮痛作用が認められており、痛くて眠る事が出来ない時など、一時的に痛みを和らげてくれます。しかし、痛みが緩和したからといって、治っているわけではなく、一時的な応急処置なので歯医者さんには行きましょう。

2-4濡らしたタオルを頬に当てる

タオルを濡らして頂き、痛む部分に当ててください。炎症は冷やす事によって、血管が収縮して痛みを緩和させることができます。しかし、氷などで直接冷やすと、痛みが強くなる場合があるので、水で濡らしたタオルにして下さい。

2-5睡眠をしっかり取って、体力を回復する

風邪や体調不良などは、歯の痛みに関係があります。体力が低下している時は、抵抗力や免疫力が弱くなってしまい、痛みを感じてしまうのです。体調を整えることで、歯の痛みも軽減する場合があるので、しっかりと睡眠を取り体力を回復しましょう。

3.歯医者さんで行う親知らずの対処法

この章では、歯医者さんで行う親知らずの対処法について紹介していきます。また、下記のバナーから親知らずの治療に最適なおすすめの歯医者さんを探すことができます。ぜひクリックしてみてください。

予約記事バナー_親知らず_痛み

3-1抜歯をする

親知らずは腫れや虫歯の原因になりやすいので、抜歯をする事が多いです。現在痛みが無くても、隣の歯や噛み合わせなどに悪影響を与える場合は、先に抜歯をすることがあります。生えかたによって、抜歯すべきか判断するので、歯医者さんで相談しましょう。

抜歯をするべきかの判断は「親知らずの虫歯を抜かなくても良い時と、抜くべき時の見分け方」を参照下さい。

3-2軟膏を塗る、抗生物質を服用する

親知らずの痛みが強い場合には、口が開かなくて治療が出来ない場合があります。その際には、口内を綺麗に洗浄して軟膏を塗り炎症を抑えます。また、抗生物質などで、腫れを引かせます。

3-3歯茎を切って、細菌をたまりにくくする

親知らずの上に被っている歯茎などは炎症を起こしやすく、細菌が溜まらないように切除をします。切除する事によって、炎症の再発防止になります。

4.抜歯後にほっぺたが腫れた時の対処法

4-1抜歯後に冷やすのは24時間以内だけにする

抜歯後に冷やすのは24時間以内にしましょう。それ以上冷やし続けると、血流が悪くなり、傷口の治りが遅くなる可能性があります。

4-2抜歯後はアルコールやタバコは控える

アルコールは血流を促進する成分が含まれているので、傷口から血が止まらなくなってしまいます。タバコに関しては、毛細血管が縮まってしまうので治りが遅くなる可能性があります。抜歯後は控えましょう。

4-3ガラガラうがいはNG

勢いよくうがいをすると、傷口のかさぶたが剥がれてしまう可能性があります。口をゆすぎたい場合は、くちゅくちゅとうがいをして、かさぶたが取れないように注意しましょう。

4-4傷口はさわらず、激しい運動は控える

傷口に触ると、ばい菌が入る可能性があるので触らないで下さい。激しい運動はアルコールと同様に、血流がよくなって出血しやすくなります。3日程度は安静に過ごしましょう。

詳細は「抜いたらほっぺが腫れた!治療前と抜歯後の親知らずの対処法」をご覧下さい。

5.痛む親知らずを放置する危険性

5-1片側で噛むことが続くと、噛み合わせが悪くなる

親知らずが痛むのに放置してしまうと、無意識に痛みのない部分で噛む事が多くなります。片方の歯で噛む事が多くなると、噛んでいる部分だけ歯が削れてしまい、噛み合わせが悪くなってしまいます。噛み合わせが悪くなってしまうと、肩こりや頭痛などの原因にもなります。

5-2虫歯菌が血管を通って、大きな病気に至ることも

虫歯を放置してすると、大きな病気に至ることもあります。虫歯菌が血管を通って脳や肺に移動し、脳梗塞や心筋梗塞などの病気が起きる原因になる可能性があります。

近場で今すぐ予約できる歯医者さんの検索はこちら

6.まとめ

親知らずに痛みがある場合は、溜まってしまった細菌が原因で炎症を起こしているか、親知らずが虫歯になってしまっている可能性があります。放置していても良くなりませんので、今すぐ出来る応急処置を参考にしていただき、歯医者さんへ行きましょう。

ページトップへ