その他

実はかなり差が出る!入れる前に知っておきたい差し歯の寿命

差し歯_寿命_アイキャッチ

72,802view

差し歯は人口の歯ですが、普通に使用していれば10〜20年近く使い続けることができます。ですが、歯に負担がかかり、口腔内の状態が悪い場合には差し歯の寿命は短くなります。

どんなことが原因で寿命が短くなってしまうのか、長持ちさせるためにはどんなことに気をつけていればいいのかなどを知っておけば、差し歯の寿命を伸ばすことができます。

また、差し歯を交換しなければならない場合には、どのくらいの費用がかかるのかも知っておけば安心です。

1.差し歯の種類と寿命

差し歯は、いろいろな材質を使って作られます。保険適用か否かで材質が異なり、材質ごとに寿命も違ってきます。保険適用外の自由診療で作ることができるもののほうが、相対的に見て寿命が長いといえます。

1-1 金属

平均年数:約7年

歯は何度も交換しないほうが良いので、できるだけ良い差し歯を入れて長持ちさせるのが一番ですが、差し歯の素材によってメリットもデメリットもありますし、寿命もかなり異なります。

金属の差し歯は自然劣化するのがデメリットです。一般に歯の補綴物として使われた金属の劣化による寿命は7〜10年。金属が劣化すると、隙間から虫歯ができたり、根が傷んできてしまったりといったトラブルが起こります。

1-2 硬質レジン

平均年数:約7年

保険適用の歯の場合、多くがメタルコアと呼ばれる金属の土台を作って、その上に硬質レジンと呼ばれる金属にプラスチックを貼ったものが使われます。硬質レジンというのは、簡単にいえばプラスチックのことです。プラスチックですから、金属よりも持ちは劣り、着色汚れにも弱いのがデメリットです。

1-3 セラミック

平均年数:約8〜10年

セラミックは耐久性にすぐれた差し歯の素材として知られています。オールセラミックで作った補綴物の寿命は、きちんと管理すれば20年とも言われているほど長持ちする丈夫な素材です。

1-4 ジルコニア

平均年数:約8〜10年

ジルコニアは近年歯科の分野で使われるようになった素材で、セラミックよりも強度があります。セラミックは強度の点で、強い力のかかる奥歯などには向かないとされていました。しかし、ジルコニアが出てきたことで、奥歯も金属ではなくジルコニアで作る(ジルコニアクラウン)ことができるようになりました。

ジルコニアの登場によって、現在ではほとんどの歯科治療で金属を使わない治療が可能になっています。耐久性に優れ数十年にわたって使用することができます。着色などにも強いですが、強度があるぶん歯を痛めるケースもあります。

2.寿命を左右する原因

差し歯はきちんと使用すれば数十年持つともいわれています。しかし、実際どのくらい長持ちするかは、材質ごとのデメリットや使用環境に大きく左右されます。想定されるトラブルとしては、次のようなものがあります。

2-1 金属の劣化

保険適用の歯には金属が使われるので、この劣化が差し歯の寿命を大きく左右する原因になります。保険適用の歯でも十分丈夫で一般に5〜7年程度は問題なく使用できますが、歯を組成している金属の劣化や金属が溶け出すことによる歯茎の傷みはもっと早く起こります。

2-2 プラスチックの変色

プラスチックは色素が付きやすいのがデメリットです。金属にプラスチックを貼るタイプの差し歯では、早ければ2、3年で変色が始まります。

嗜好品が多い方は着色も進んでしまいますので、差し歯の持ちに影響を与えます。歯として使用するぶんには問題ないことが多いですが、見た目を気にする方であれば差し歯を交換したいと考えるかもしれません。

2-3 歯茎の変色

差し歯をした歯の根元が黒ずんでしまうことがあります。金属にプラスチックを貼る差し歯では、差し歯の金属部分から金属が溶けて歯茎が黒ずむ原因になります。これをメタルタトゥーとも言います。

一般的に5年ほどでこうした症状が起こり、差し歯としての機能には何ら問題はないものの、見た目の悪さから差し歯を交換したほうが良いケースが生じてきます。

2-4 根が折れる

金属の土台を使っている場合、金属の方が歯よりも強度があるため、歯が金属に負けてしまい、歯の根が折れてしまうことがあります。

2-5 差し歯が取れる

あまり多くはありませんが、差し歯の根が折れてしまうこともあります。上手に使えば差し歯全体の寿命は長く、10年から20年くらいは持たせることができますが、こうしたトラブルも皆無ではありません。

2-6 歯周病

歯茎は歯を支える土台ですから、ここに歯周病が発症してしまうと、自然歯だけでなく差し歯の寿命にも影響を与えます。歯周病は歯を支える骨そのものを溶かしてしまうので、差し歯を支えることができなくなってしまうからです。

3.差し歯の寿命を延ばす方法

差し歯の寿命に影響する要因が分かれば、それを避ける方法が分かります。2章であげたトラブル要因を元に、どのようなことに気をつければ差し歯を長持ちさせることができるのか知っておきましょう。

3-1 変色を防ぐ、オールセラミックにする

金属にプラスチックを貼る差し歯は保険診療でできるので安く作れますが、プラスチックの劣化や金属による歯茎の黒ずみの原因になります。

このような差し歯の寿命を短くする原因を解消するには、プラスチックや金属を使わないオールセラミックの差し歯にすることが考えられます。セラミックは陶器でできているため、表面が丈夫でプラスチックのように細かい傷がつかず飲食物による変色もありません。

また、金属は歯との接触面に隙間ができやすいですが、セラミックはそうした隙間が少ないので虫歯にもなりにくいというメリットがあります。自然な白さの歯にできるので、前歯の差し歯に良く使われています。

3-2 グラスファイバーで土台を作る

土台を金属で作ると歯が負けてしまう場合があるので、金属ではない素材を使うようにします。たとえば、ファイバーコアというグラスファイバーで作る土台は、歯と同じ硬さなので入れても歯が負けてしまうことがありません。

また、金属を使用しないので金属の流出による歯茎の黒ずみがないというのもメリットです。こちらもオールセラミックと同様に保険適用外の治療になります。

3-3 歯ぎしりなど歯に負担がかかるクセを直す

差し歯は人口の歯ですから、使い心地は良くても自分の歯ほどの耐久性はありません。自然の歯であれば耐えられる負担でも、人口歯には耐えられない場合も多いです。

自然歯のときに歯ぎしりのクセがあった方が人口歯でも同じようなクセを続けてしまうと、差し歯の寿命を短くする原因になってしまいます。歯と歯が接触する時間をなるべく少なくするよう心がけることが大事です。マウスピースを活用するのも良いでしょう。

3-4 歯周病を予防する

歯周病はさしたる初期症状もないまま知らない間に進行して、気づけば歯を何本も失ってしまう怖い病気です。差し歯も同様で、どんなに良い差し歯を入れても土台がダメになれば支えることができなくなります。

歯周病は自覚症状がないときから意識的に検診を受けることが重要です。定期検診で歯科衛生士からクリーニングを受け、適切なプラークコントロールをすることが大事です。

4.差し歯の入れ替えにかかる費用

差し歯は永久的に使えるものではなく、いずれは交換しなければならない日が来ます。差し歯を入れ替える場合には、保険適用で治療する場合と保険適用のない自由診療で治療する場合とがあり、それぞれ費用が異なります。

4-1 保険診療の場合

  • 硬質レジンクラウン:約3000円
  • ハイブリッドセラミックレジン:約9000円

保険適用される金属を使った差し歯にするのであれば、比較的安価に新しい差し歯を入れることができます。硬質レジンクラウンの費用は3000円(3割負担の場合)程度です。

前歯は保険でも白い歯にすることが認められており、前歯の真ん中から数えて4番目と5番目の小臼歯には、白いハイブリッドセラミックレジンを保険診療で入れることができます。費用は9000円(3割負担の場合)程度です。

4-2 自由診療の場合

  • オールセラミック:約6万〜15万円
  • ジルコニア:約8万〜17万円
  • ファイバーコア:約1〜3万円

オールセラミックは、保険適用の差し歯よりは高くなりますが、一本数万円から作ることが可能です。差し歯の大きさによって料金は異なります。ジルコニアで作る場合は、セラミックよりも2、3割高くなります。前歯に使用する場合は、透明度を上げるためセラミックを追加するのでそのぶん割高になります。

土台を金属ではなくファイバーコアで作る場合にかかる費用は、1本当たり1万円〜3万円程度かかります。自由診療の場合、どの治療でも歯科医によって料金がかなり異なりますから、事前にしっかり聞いておきましょう。また、自由診療の歯には3年~10年程度の補償期間がついていることが多いです。クリニックごとに異なりますので確認しておきましょう。

5.まとめ

差し歯の寿命は比較的長く、正しく使えば数十年持たせることも可能です。しかし、素材によって強度が異なりますし、材質の特徴によるトラブルも起こりえます。また、あくまで人口の歯ですから、歯ぎしりや噛み締めなどのクセによって負担がかかれば自然の歯よりも耐久性は劣ります。

一般に保険適用の差し歯よりも、保険適用外の自由診療で作る歯のほうが丈夫で長持ちする傾向にあります。どの歯をどう直したいのか、保険適用の有無を考慮しつつ、クリニックで十分に相談することをおすすめします。