歯周病

歯周病の症状を見極めるポイントと対策

37ea7eae665105a5f041a570501c259e_m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14,419view

自分は歯周病になってしまったのだろうか…? 日本人の80%が歯周病であるといわれている現代で、同じような悩みを抱えている方は大勢いると思います。

ここでは、自分が本当に歯周病になったのかどうかを見極めるポイントを紹介していきます。歯周病は知らないうちに進行してしまうので、早めの対策が本当に大切なのです。

また、歯周病は進行度に合わせて症状が異なってきます。自分のお口の中がいまどんな状態なのかしっかり見極めて対策をしていきましょう。

【目次】
1.歯周病で起こる3つの症状
2.歯周病になる原因とは?
3.歯周病菌は歯ブラシだけでは除去できない
4.症状を“目で見て”確かめよう!
5.歯周病の悪化を食い止める改善策
6.歯周病を放置した場合の危険性
7.まとめ

1.歯周病で起こる3つの症状

歯周病は進行すると、赤く腫れて出血を起こしたり歯茎が下がって歯と歯の間に隙間ができたりします。ここでは、歯周病の症状を段階別に分けた図をお見せします。また、「ステージ」があがるごとに呼び名も変わっていきますので、歯周病の推移を確認してみましょう。

歯周病の症状

歯肉炎チェック 歯茎が炎症を起こしたために、赤く腫れて「プヨプヨ」した状態になる「歯肉炎」です。この症状は歯周病の初期の段階ですが、そのまま放置しておくと、歯周病はどんどん進行していくので、早めのうちに対策しましょう。

 

歯周炎チェック歯茎の炎症が進行して歯茎が下がってしまいます。これにより、歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが挟まりやすくなります。さらに、口臭も発生するようになります。放置しておくと「歯槽膿漏」の状態になり、歯医者さんでの治療が確実となってきます。

 

歯槽膿漏チェック歯肉を押すと膿が出てくる状態は「歯槽膿漏」といえます。やがて歯がぐらぐらして、歯の根っこまで見えるようになります。放置しておくと歯を支える「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨が溶け歯が抜け落ちる危険性がありますので早急に治療する必要性があります。

2.歯周病になる原因とは?

◆第三者からの感染

家族、親子、夫婦、恋人などから移る可能性があります。口移し、スプーンや箸などの食器の共用、キスなどが主な感染経路になっているといわれており、ギネスブックにも世界一多い感染症と認められています。日頃からお互いに歯を清潔にしていただき一緒に歯医者さんに行っていただく事も一つの思いやりですね。

3.歯周病菌は歯ブラシだけでは除去できない

◆どうしても残る歯周病菌

決して、皆様が歯磨きができていないというわけではありません。これは歯科衛生士さん、歯医者さん達も同じなのですが、どんなに歯磨きが上手でも全体の80%から90%しか磨けておらず、常に10%~20%は歯周病菌が残っている状態なのです。

自分の歯を100%磨けている人は、ほぼいない状況なので、普段の歯磨きと合わせて歯医者さんで歯石除去などクリーニングを行っていただくことも必要になってくると思います。ちなみに国内では自由診療枠で外科処置などを行い歯周病菌を除去することは可能なようです。

歯周病の具体的な治療方法を知りたい方におすすめの記事
「これを読めば、歯周病の治し方がわかる!」

4.症状を“目で見て”確かめよう!

歯周病の症状は「歯茎」に現れます。歯周病は歯の病気ではなく、歯茎の病気です。健康な歯茎の色はきれいな“ピンク色”をしていますが、歯周病にかかると、歯茎はやや紫色がかった“赤色”に変色し、腫れ上がってきます。

歯茎の変色変色していく歯茎

初期の場合、まだ痛みはほとんど感じませんが、歯と歯の間の三角形の部分が「プヨプヨ」と柔らかくなってしまうと、まさに歯周病の症状が現れてきたことになります。

初期の歯周病は正しい歯磨きをするだけで改善できますが、進行してしまうと、歯医者さんでの外科的治療などを要する場合があります。まずは自分の歯茎の状態を確かめて、歯周病になっていないかどうかチェックしてみましょう。

より具体的に歯周病セルフチェック方法を知りたい方におすすめの記事
「もしかして歯周病?悪化を防ぐチェック方法」

5.歯周病の悪化を食い止める改善策

自分の歯茎の状態を確かめたあと、次に行うのは改善策です。歯周病は早めに対策を施すことで治療のやり方も簡単に済みます。自分がいまどんな症状なのかを冷静に判断して、歯周病の悪化を事前に防ぐことが重要です。

歯周病の悪化を防ぐ方法

6.歯周病を放置した場合の危険性

歯周病を発症すると、身体にも悪影響を及ぼすといわれています。歯周病に関連しているといわれる病気は次の通りです。

◆糖尿病

糖尿病治療に用いる「インスリン」は、歯周病の炎症物質によって機能を低下させられてしまうことがあるといわれています。つまり、糖尿病の悪化につなげてしまうのです。

◆狭心症・心筋梗塞

歯周病の炎症物質が冠動脈に影響を与えるといわれているため、心疾患の発症リスクが高くなるといわれています。

◆早産・低体重児の出産

歯周病にかかっている妊婦さんは、早産や低体重児の出産の確率が高いといわれています。歯周病の炎症物質が、へその緒を通じて、胎児の成長に悪影響をもたらすことも考えられます。

◆骨粗しょう症

閉経後の女性は、ホルモンバランスの崩れにより骨粗しょう症の発症リスクが高まります。骨粗しょう症は骨をスカスカにしてしまう病気なので、口の中の骨も同じような状態になります。歯周病になると、さらに骨を溶かしてしまうことにつながるのです。

◆誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

食べ物や飲み物を飲み込むときに、食道ではなく、誤って気管から肺に入れてしまうことがあります。この際、歯周病菌を一緒に飲み込んでしまうことで、肺炎を発症させてしまう可能性があります。

7.まとめ

歯周病は、歯を支える骨が溶けてしまう恐ろしい病気なのです。歯を支える土台がなくなれば、大切な歯は抜け落ちてしまいます。そうならないためにも、歯周病の初期の段階で進行を食い止める必要があります。また、歯周病を発症することで、身体にも悪影響が生じる可能性があることがわかりました。自分の歯茎の異常を見逃さず、歯周病の症状が出ていないかしっかりと確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加