その他

歯茎が下がる原因の追究と歯医者での治療法+日々の予防策

歯茎_下がる_アイキャッチ

16,006view

歯茎が下がると、歯の隙間が目立ったり、歯が伸びて見えたりと、まず見た目が気になるものです。また、歯茎が痩せて見えるので、歯周病の進行も気になるところ。

まずは、歯茎が下がってしまう原因を知りましょう。大きく下がってしまった場合には、歯茎を再生するような治療もありますが、その原因によっては、日々のケアによって、健全な歯茎の状態へと近づけていくことも可能です。

1.歯茎が下がる5つの主な原因

歯茎が下がる一大要因としては、歯周病が挙げられますが、それ以外にも、ブラッシングの仕方の悪さや、歯並びが悪いことによる歯茎下がりもあります。

1-1 歯周病による歯茎の後退

歯周病は、歯の土台となる歯槽骨を溶かしてしまう病気です。歯槽骨が溶けて後退することによって、それを覆っていた歯茎も一緒に後退し、下がっていきます。歯周病は歯茎下がりの原因第1位と言われています。

1-2 強すぎる歯磨きや歯ぎしり

歯のケアをしっかりするあまり、逆に歯茎を痛めてしまうこともあります。歯茎を強くブラッシングし過ぎると、ダメージを受けて、次第に歯茎が下がっていきます。硬すぎる歯ブラシにも要注意です。また、歯ぎしりが続くと歯の骨が後退して、同様に歯茎が下がっていきます。

1-3 歯を外に押し出す悪い歯並び

歯並びが悪く、歯が外側に押し出されるような力がかかる歯は、次第に歯茎が下がっていきます。八重歯をはじめ、乱杭歯で外側に出ているような歯なども、歯茎が後退していきます。

1-4 顎が小さく歯のスペースが狭い場合

歯並びが悪くなる一因として、顎の骨が小さく、歯が生えるスペースが狭いことが挙げられます。前述した八重歯や乱杭歯なども、歯のスペースがないことが原因となります。歯のスペースを確保するための抜歯をせず、無理に矯正した場合にも、次第に歯並びが乱れて、歯茎の後退に至ります。

1-5 加齢によるもの

一般的に、歯茎は10年で2ミリ程度下がると言われています。従って、20代と50代の歯茎を比較すれば、年齢的な影響により、単純計算でおよそ6ミリ程度、歯茎が下がっていることになります。

2.下がった歯茎や痩せた歯茎は戻す治療法

大きく下がってしまった歯茎を、日々のケアなどで自然に元通りにできるかといえば、残念ながらそうではありません。しかし、下がった歯茎を戻すための、さまざまな治療法があります。

2-1 噛み合わせを調整する方法

一部の歯が、外に押し出されるような形で、強く力がかかっている場合には、噛み合わせを改善することで、徐々に歯茎が戻るケースもあります。

2-2 歯茎の組織を移植する方法

大きく下がってしまった歯茎は、自然に元通りにすることは困難ですが、遊離歯肉移植術という方法によって治療できます。他の部分から歯茎を切り取って、下がってしまった部分に移植する手術です。保険が適用できる場合もあり、その際は3割負担でおよそ1万5000円程度です。

2-3 歯槽骨を再生する方法

歯周病によって、歯の土台となる骨が後退した場合は、それに伴って歯茎も下がります。逆に、歯槽骨が再生されれば、歯茎が上がってきます。それが、歯周組織再生法です。エドムゲインというタンパク質を使って、歯槽骨を再生させますが、骨が大きく後退していると、再生できない場合もあります。

2-4 歯の矯正

歯の矯正によって、歯並びを整え、外側に大きく力のかかる歯への負担が軽減されれば、歯茎の後退も軽減されます。歯茎の後退が気になる歯の、部分的な矯正も可能です。

2-5 歯周病が原因ならその改善が先決

歯茎が下がる一大要因は歯周病です。もし、原因が歯周病であるなら、歯茎の再生などを検討する前に、まず歯周病を治すことが先決となります。

3.歯茎の後退を予防する方法

大きく下がってしまった歯茎は、特別な処置をしないかぎり、完全に元通りに戻すことは難しいのですが、少し下がった程度であれば、日々のケアを改善することで、徐々に歯茎が戻っていく可能性があります。

3-1 歯茎をいたわるブラッシング

歯茎が下がる原因が、強過ぎるブラッシングや固い歯ブラシなどであれば、それを改善することで、歯茎下がりが軽減できます。毛先が細いブラシを用い、小さな力で効果的に歯磨きをする習慣へと改善しましょう。

3-2 長期的な視点で日々のケアを

歯肉の後退が軽度であれば、力をかけ過ぎないブラッシングや、日々の適切なケアで元通りの歯茎に戻っていきます。それでも、歯茎の回復には、1年から数年程度かかるケースが多いので、長期的な視点で適切な歯のケアを継続することが必要です。

3-3 歯医者さんで定期的なクリーニングを

いつもしっかりブラッシングしていても、セルフケアだけでは落とせない汚れが付着してしまうものです。そこで、3ヶ月に1度くらいのタイミングで、歯科医で定期的に歯のクリーニングを行い、ブラッシングだけでは落ちにくい汚れを除去してもらいましょう。

4.歯茎下がり対策のための歯磨き粉

歯茎下がりを抑えるためにデンタルケアアイテムを換えてみるのも一考です。歯茎下がり対策を謳った商品もありますし、歯周病をケアすることで、歯茎下がりを抑えることにつながる商品もあります。

リペリオ(ウェルテック)

歯茎の退縮を抑え、歯周組織の回復を助けるための歯磨き粉がリペリオ。歯周組織内部の生体の修復を促し、歯茎の血行を促進することで、歯肉を活性化していきます。価格は「約1200円」で販売されています。

リペリオ

出典:http://www.amazon.co.jp/

トマリナ(小林製薬)

歯茎下がりが気になる人をターゲットとした歯磨き粉。殺菌作用と抗炎症作用で、口内を清潔に保ち炎症を抑えます。そして、血行促進と組織修復作用によって、弱った歯茎を健康にしていきます。価格は「約500円」で販売されています。

トマリナ

出典:http://www.amazon.co.jp/

クリーンデンタル(第一三共ヘルスケア)

歯肉炎や歯周病を予防するための歯磨き粉。歯垢の形成や口内の細菌増殖を抑えることで、歯肉炎や歯周病、虫歯、口臭を予防します。口内環境を改善することで、歯茎下がりも抑えられます。価格は「約1200円」で販売されています。

クリーンデンタル

出典:http://www.amazon.co.jp/

カムテクト(gsk)

特に、歯茎からの出血が気になる人のための歯磨き粉がカムテクト。殺菌作用と抗炎症作用で、歯肉炎や歯槽膿漏を予防します。歯周病を早期に改善することが、歯茎下がりの軽減にもつながります。価格は「約700円」で販売されています。

カムテクト

出典:http://www.amazon.co.jp/

プロポデンタルEX(プロポリス健康増進会)

プロポリスはミツバチが作る天然の抗菌物質。ブラジル産のプロポリスを配合し、歯周病菌や虫歯菌などの、悪玉細菌の活動を抑え、歯肉を活性化して、歯肉炎や歯槽膿漏を予防します。価格は「約1600円」で販売されています。

プロポデンタル

出典:http://www.amazon.co.jp/

5.まとめ

一度、大きく下がってしまった歯茎の自然再生は難しいのですが、歯茎を移植したり、歯槽骨を再生したりといった治療法もあります。年齢的な影響で、徐々に下がっていくことは仕方ないこととしても、歯茎を下げないために毎日の歯のケアを怠らないことが大切です。歯茎下がり対策を謳ったものや歯周病ケアのための歯磨き粉などにも、新たに目を向けてみましょう。