デンタルグッズ

歯磨き前に見て欲しい、自分や子供の正しい歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方

13,133view

市販で売られている歯ブラシは種類がたくさんあるので、何となくデザインや価格で、歯ブラシを選んでいる方が多いと思います。歯ブラシには様々な種類があります。「やわらかい」、「ふつう」、「かたい」、歯周病対策の歯ブラシ、山切りカット、電動歯ブラシ、これだけ多いと自分に合うものを今使えているのかわかりませんよね。

歯ブラシの種類を1つ1つ理解した上で、自分に合うものを選べば、普段の歯磨きの効率を上げることが出来ます。また、歯ブラシの選び方を間違えると、自分の歯に合わず、磨き残しが出てしまい、虫歯を作ってしまったり、歯茎を傷つけてしまったりします。歯ブラシの選び方を間違えることによって、歯の健康を保つ歯磨きがかえって逆効果になることも有ります。

この記事では、どんな歯ブラシを選べば良いのか、選び方のポイントをお伝えします。1つ1つの特長や歯ブラシの交換時期などを記載していきます。これを機会に自分に合った歯ブラシを使い、いつまでも健康な歯を目指しましょう。

1.定番の歯ブラシの選び方

自分に合った歯ブラシを選ぶことは、実は正しい磨き方を覚えることと同じくらい重要です。まずは、どんな部分も磨きやすい定番の歯ブラシの選び方をご紹介します。

1-1毛の硬さの選び方、毛の硬さは「ふつう」がおすすめです

歯ブラシの毛の硬さには、「ふつう」「やわらかめ」「かため」があります。その中でも、一般的におすすめなのは「ふつう」タイプです。歯垢を落とすことだけを考えれば、「かため」>「普通」>「やわらかめ」の順で落としやすくなります。

ただ、歯垢が落としやすくなる分、歯ブラシで磨くほど、歯や歯茎がすり減ります。毛の硬さが硬ければ、硬いほど歯や歯茎がすり減りやすくなります。1度すれてしまった歯や歯茎を再生することは難しいので、歯ブラシの硬さは、充分に歯垢を落とせる「ふつう」の歯ブラシをおすすめします。

「やわらかめ」は歯茎を傷付けにくいので、歯茎が弱い方、歯肉炎で血が出やすいという方にはおすすめです。その分、汚れが落ちにくいので、丁寧に磨くようにしましょう。「かため」は普段の磨き方が弱めという方におすすめです。

1-2柄の形の選び方、突起が無いものを選びましょう

柄の形(持ち手)は基本的には、ストレートで突起の無いものがおすすめです。デザインよりも持ちやすさを重視して選びましょう。実際に使ってみて、どんな角度でも持ちやすく、しっかりと力が入るものを選びましょう。

歯ブラシ、持ち手の選び方

1-3毛の材質の選び方、ナイロン、PBTがおすすめです

歯ブラシの毛の材質もいろいろありますが、一般的に多く販売されている透明なナイロン素材がおすすめです。より良いものを使いたいという方には、ナイロン素材よりも耐久力のあるPBT毛材(ポリブチレンテレフタレート)のものがおすすめです。

歯ブラシの毛には動物の毛のものがあります。動物の毛はナイロン素材に比べてコシが無いため、歯垢が落としにくいです。また、たんぱく質でできているため、口腔内細菌が付着しやすく、不潔になりやすいのも特徴的です。

ただ、動物の毛は、復元力が強くナイロン素材のように、使っているうちに広がってしまうという欠点が少なく、長持ちします。コシがない分、歯茎や歯を傷つけにくいのも特長です。力の入った磨き方をするのが良くない、歯茎が痛んでいるような人には向いている歯ブラシです。

1-4ヘッドの選び方、小さいものを選びましょう

一般に口にあう適正サイズとされているのは、縦が植毛3列、横が2~2.5cmくらいのものがおすすめです。 ヘッドの大きさが大き過ぎると、奥歯や細かい部分に毛先が当たりにくく、磨き残しができやすくなります。なので、ヘッドの大きさは大き過ぎないものを選びましょう。

歯ブラシのヘッドの選び方

1-5毛先の選び方、平らで太めのものが良いです

毛先が平らになっているものを選びましょう。毛先が平らになっているほうが、圧力が均等にかかり、きちんと磨けるので、おすすめです。山切りカットのように、毛先の切り口はギザギザになっているものだと、しっかりと歯に当たらず、歯垢が除去しづらくなります。毛先の太さは、太めのものを選びましょう。

極細で歯周ポケットを狙うような歯ブラシが流行っていますが、極細だと毛の腰が弱いので、硬く付いた歯垢がなかなか落ちないことがあります。なので、太めの毛先を選びましょう。毛先の長さに関しては、1cm以下の短めタイプがよいでしょう。なお、毛先を軽く歯に当て、小刻みに動かすブラッシングを行って使いましょう。

また、毛が密集していると、乾燥しにくくなり、不潔になりやすいのでよくありません。以上の点を踏まえて歯ブラシを選ぶと良いです。

歯ブラシの毛先 平らなタイプ

1-6歯ブラシの選び方、まとめ

・毛の硬さはふつうのものを選びましょう。

・持ち手はどんな角度でもしっかりと力の入りやすいものを選びましょう。

・毛の材質はナイロン素材、PBT毛材(ポリブチレンテレフタレート)のもので、ヘッドが小さいものを選びましょう。

・毛の形は圧力が均一に掛かりやすい、毛先が平らなものを選びましょう。毛先は平らで太めなもので、毛の長さは1cm以下の短めなタイプがおすすめです。

2.赤ちゃんの歯ブラシの選び方

赤ちゃんの歯ブラシの選び方についても記載します。赤ちゃんの初めての歯磨き、どうやったら歯磨きに慣れてくれるのか、どのような歯ブラシを買ったら良いのか、初めてのことなので、迷ってしまいますよね。今回は、自分で歯磨きをするまでの手順と、おすすめの歯ブラシの選び方をまとめました。

2-1赤ちゃんが歯磨きに慣れるまでの手順

歯磨きに慣れてもらうには、まず、赤ちゃんにお口を掃除する気持ちよさを覚えてもらうことが大切です。無理に歯磨きをさせてしまうと嫌になってしまうので、楽しい雰囲気で歯磨きを始めましょう。赤ちゃんの成長に合わせて、徐々に歯磨きに慣れさせていきましょう。歯の状況によって、歯磨きの仕方が変わるので、成長に応じた手順をお伝えします。

歯が生える前

歯が生える前から歯磨きに慣れるために、お口をきれいにする習慣を身につけましょう。おっぱいやミルクの後にガーゼをママの小指に巻いて、やさしく口の中をぬぐってあげましょう。普段から、赤ちゃんの歯茎や唇を指で触れることで、赤ちゃんはその感触に慣れ、歯ブラシへの怖さを無くしていきます。ガーゼの中でも個別包装されていて、持ち運びに便利なタイプがおすすめです。外出先でも磨くことが出来ます。

最初の乳歯が生えたら

最初の1本から赤ちゃん用の歯ブラシで磨いてあげるのが理想ですが、慣れないうちは、乳歯が生えてきてもガーゼやめん棒で、ぬぐうだけで十分です。赤ちゃんが眠っている間は唾液が少なく、虫歯菌が活動的になるので、夜眠る前やお昼寝前は忘れずケアして下さい。

上下の前歯が生えてきてから(1歳前後)

1歳前後には、上下の歯が生えてきます。この頃から歯ブラシの感触も慣れてもらえるようにしていきましょう。赤ちゃん用品店などにある「ゴムでできた歯ブラシ」などを使うと良いです。これを指にはめて赤ちゃんの歯を磨いてあげましょう。

親子で歯ブラシに慣れて、寝る前に1本ずつ磨けるようになっているのが良いです。赤ちゃんが喜ぶようなら、子供用のフッ素入りの歯磨き剤をほんの少し使って歯磨きをするもの良いでしょう。

2-2赤ちゃんの歯を上手に磨くコツ

赤ちゃんに合った歯ブラシを選びましょう

歯ブラシは、赤ちゃんの歯を磨くときに磨きやすいものを使いましょう。歯ブラシの毛が硬いと赤ちゃんが嫌がることがあるので、やわらかいものを選びましょう。

子供の歯磨きの仕方

1歳前後の赤ちゃんが小さい頃は、ママが抱っこしてあげると良いでしょう。赤ちゃんが嫌がらないうちに短い時間で磨きあげるのがコツです。歯磨きが嫌いにならないように、嫌がったら無理やり続けようとせず、止めてあげましょう。楽しい雰囲気でやってあげると、子供が歯磨きを好きになりやすくなります。また、あまり強くこすらないようにするのも大切です。

抱っこで歯を磨く

奥歯が生えてきたら

2歳くらいになると奥歯が生え、抱っこだと歯が磨きづらくなります。抱っこでは奥歯が見えにくいので、ママのひざに頭を乗せ、ママが口の中をのぞき込みながら磨きます。嫌がったりする子には、普段のスキンシップから歯磨きの姿勢なれるようにしましょう。頭をひざの上に体をくすぐったりして慣れさせましょう。

ひざで歯を磨く

赤ちゃんに歯ブラシを持たせましょう

2歳の子供は好奇心旺盛なので、歯ブラシに興味を持つようになったら、おもちゃの代わりに持たせてあげましょう。のどを突いたりしないように、ストッパーのついた歯ブラシを与えましょう。歯ブラシを渡しているときは、間違った使い方をしていないか近くにいて、目を配るようにして下さい。

のど突き防止のストッパーがついて、どの角度からも磨ける360度のリング歯ブラシになっているタイプがおすすめです。

2~3歳になったら1人で磨けるようにしましょう

2歳から3歳にかけて、歯が生えそろい、歯磨きを本格的に習慣化させる時期になります。お手本を見せながら自分で磨けるように教えていきましょう。しっかりと磨けるようになるまでは、歯磨きの仕上げはやってあげましょう。

1人で磨けるようになった子供に持たせる歯ブラシ選びのポイント

ヘッドはなるべく小さいものを選びましょう。 小さいものだと、小回りがきき、磨きやすいです。慣れない歯磨きなので、無駄な飾りなど付いていないシンプルなものがおすすめです。

子供に持たせる用、仕上げで磨いてあげる用におすすめなのが、360度のリング歯ブラシになっているタイプです。

デンタルフロスも使いましょう

大人と同じように、歯ブラシだけでは歯の間の汚れは落とすことは出来ないので、デンタルフロスも使いましょう。子供用のデンタルフロスも売られていますが、使いやすいものではあれば、変わりは無いので、普段使っているものを使っても問題ないです。

3.歯ブラシの交換時期について

歯ブラシは1ヶ月に1本のペースで交換しましょう。「毛先が広がってきた」、「透明なブラシが白く濁ってきた」が歯ブラシ交換のサインです。歯ブラシは使っているうちに、だんだんと弾力が失われ、毛先が開いていきます。すると、歯ブラシが目的の場所に当たらず、歯垢を落とす力が著しく低下します。同じ時間をかけて磨いても、毛先のしっかりした歯ブラシで磨くのと比べて、6割程度しか汚れを落とせないと調査結果が出ています。また、歯ブラシは毛が密に植えてあるので、洗ったあとに付着した口腔内の様々な細菌が毛の中に残ってしまう恐れがあります。口腔衛生のためにも1ヶ月に1本の交換をおすすめします。

歯ブラシの交換時期

4.歯磨き効果をより高める、用途別歯ブラシの紹介

歯ブラシだけでは歯垢は落としきれません。これから紹介する用途別の歯ブラシ(デンタルフロス、タフトブラシ)も使いましょう。

4-1歯の間の歯垢を落とす、デンタルフロス

歯磨きをする皆さんに使ってもらいたいのが「デンタルフロス」です。歯の間は歯ブラシだけでは歯垢を落としきれません。歯の間は歯垢がつきやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所になります。通常の歯ブラシだけでは磨けないので、「デンタルフロス」を使って、しっかりと歯垢を落としましょう。デンタルフロスが毎回同じ箇所で、ひっかかったり、ほつれたりする場合は、そこに歯垢がたまっていたり、虫歯ができている可能性があります。2週間ほど、毎日デンタルフロスを使ってみて、状況が変わらない場合は、虫歯の可能性が高いので、悪くなる前に歯科医院へ検診に行きましょう。

おすすめのデンタルフロス

初めて使う方には、糸ようじタイプがおすすめです。まずは試してみてください。

4-2奥歯や親知らずを簡単に磨ける、タフトブラシ

奥歯や親知らず、歯並びの悪い箇所を磨くのに最適なのが「タフトブラシ」です。通常の歯ブラシでは磨きづらい、奥歯や親知らずなどが簡単に磨けます。タフトブラシはコシが強く短い毛先の付いた小さな歯ブラシで、ブラシの先が少し曲がっているのが特長です。

おすすめのタフトブラシ

ナイロン素材よりも耐久性のあるPBT毛材(ポリブチレンテレフタレート)で作られているタイプは、歯垢を除去しやすいつくりになっているため、歯医者さんでもおすすめされています。1本当たり300円~400円ぐらいで販売しています。

5.電動歯ブラシと手磨きはどっちが良いのか?

結論から言うと、どちらでも正しく磨けていれば、歯の汚れはしっかり落とすことができます。電動歯ブラシは自動でブラシが動くので、子供や高齢者などのうまく手を動かせない方に適しています。ただ、電動歯ブラシは手磨きと動かし方が異なります。手磨きと同じように動かしていると磨き残しが多くなります。

電動歯ブラシを使用するとわかりますが、電気により、毛先が常に機械的に動いているので、毛先が歯のどの部分に、どれくらいの強さで当たっているのかが、手磨き、指先に感覚として伝わってきません。なので、使い方に慣れていないと、歯の表面はしっかりと磨けていても、歯の間や奥歯に磨き残しが出来やすいです。

また、電動歯ブラシのほうが早く爽快感を得ることができるため、磨いた感覚になり、歯磨きの時間が不十分になり、磨き残しが出やすくなることがあるので注意して磨いて下さい。電動歯ブラシは正しい磨き方をすれば、手磨きで磨くよりも短時間で汚れを落とすことは出来ます。電動歯ブラシを利用する場合は、正しい磨き方を覚えた上でお使い下さい。電動歯ブラシの使い方に関しては下記の記事を参考にして下さい。

電動歯ブラシの磨き方

電動歯ブラシの使い方に関してはこちらの記事をご覧下さい。

6.まとめ

歯ブラシの選び方を5つの項目にまとめて記載しました。下記の項目を踏まえて歯ブラシを選びましょう。

・毛の硬さは「ふつう」

・柄の形は「ストレートで突起がないもの」

・毛の材質は「ナイロン」または「PBT」

・ヘッドは「小さいもの」

・毛先は「平らで太め」

赤ちゃんは楽しい雰囲気で歯磨きに慣れさせていきましょう。赤ちゃんの歯磨きは「ガーゼ」、「ゆび歯ブラシ」、「子供用歯ブラシ」を成長に合わせて使いましょう。

・歯ブラシは1ヶ月に1回交換しましょう。

・デンタルフロスとタフトブラシを使い、歯垢を落としきりましょう。

・電動歯ブラシは正しい使い方を覚えた上で利用して下さい。