虫歯

治療したのになぜ!?虫歯の治療後に痛みがある4つの原因とは

chiryougo_itami

76,632view

自分に合った歯医者さん探しはこちら

虫歯の治療が終わったのに歯が痛む…原因がわからないと、不安ですよね。虫歯を取り除いても、治療後に痛む、もしくはしみる原因はいくつかあります。

特に、悪化した虫歯の方が、初期の虫歯を治療したよりも痛みを感じる原因は多く、痛みが治まらないようであれば、虫歯が進行して手遅れになる可能性があります。

今回の記事では、治療後に歯が痛む原因について詳しく紹介しています。また、やってはいけないことや痛みを抑える応急処置も書いていますので、参考にして下さい。

1.虫歯の治療後に痛む4つの原因

冷たいものなどが、一時的にしみる程度であれば問題ないですが、継続的な痛みが出た場合は、歯医者さんに必ず相談をしましょう。

1-1 虫歯の治療後は神経が敏感になっている

虫歯を治療した後は、神経に近い部分の虫歯を削る事により神経が炎症を起こして、過敏になっていることがあります。また、虫歯が奥深くまで進行していると、神経にばい菌が感染してしまい、神経の治療が必要になることもあります。

3日程度経てば、落ち着いてきますが、対処法として、熱いものや冷たいものを痛む部分にあたらないようにしましょう。痛みがいつまでも続くようであれば、神経を取ってしまうという治療法もあります。神経を取り除くデメリットは、取り除いてしまうと歯が脆くなり、割れやすくなっていまうからです。

1-2 虫歯の削り残しがある

虫歯治療をしたが、完全に取り除けていない状態で詰め物をしてしまうと、歯がどんどん侵食されて痛みが出ます。歯医者さんの腕次第ではありますが、虫歯菌を見落としてしまうと治療した歯が悪化してしまうのです。

対処法として、「レーザー虫歯診断器」がある医院で治療をすることをおすすめします。歯にレーザーをあてて、その反射を利用することにより、虫歯になっているかどうかを高精度で解析します。困難とされる虫歯の発見にも有効ですので、削り残しが心配な方はおすすめです。

1-3 神経を取り除いた治療後に痛む

神経を抜いた治療後に痛む原因は、神経自体が残っているからです。神経を取り除く治療は、器具を使い簡単に治療出来る方もいれば、歯根が網状であったり、細かく分かれている方は治療が難しいです。

もう一つ考えられる原因として、ばい菌が取りきれていなくて、痛みが出ているのかもしれません。神経もばい菌も、取り残しているようであれば、治療をやり直す必要があります。神経を取り除いた治療後に痛みがあるのであれば、歯医者さんに相談しましょう。

1-4 被せ物が原因で痛む

虫歯を治療して、被せ物をした時は、歯がしみることがあります。理由としては、虫歯を削った部分に金属を入れるので、熱いものや冷たいものが伝わりやすくなっているからです。しみなくなるまでの期間は、2~3週間程度ですが、数ヶ月経ってもおさまらない場合は、かかりつけの歯医者さんに相談してください。

また、神経のばい菌は取りきれたが、完全に痛みが消えるまでに時間がかかる場合があります。しかも、虫歯の治療後に被せ物をすると、健康な歯よりも高くなり、強く噛めなくなることがあります。

ただ、1ヶ月程度すれば高さも調整され、周りの歯となじんできます。その頃には痛みも引いていきますが、もし数ヶ月経っても痛むようであれば、歯医者さんでレントゲンを撮って確認してもらいましょう。

違和感が取れない…歯医者さんに相談する場合はこちらから

2.歯の痛みを止める応急処置

2-1 市販の痛み止めを飲んで抑える

 ロキソニンSロキソニンS出典 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

ロキソニンSは、歯医者さんで処方される痛み止めと近い成分の薬です。ロキソニンSは服用してから30分後程度で効いてくるといわれています。また、4時間程度は有効だと言われています。

◆ロキソニンSの注意点

・何かを食べた後に服用する
・1回2錠まで、4時間以上は時間を空ける
・アルコールと一緒に飲んではいけない
・15歳未満は服用禁止
・妊娠後期には飲まない
・ぜんそくやピリン系薬剤にアレルギーがある方は服用出来ない

2-2 痛む場所を冷やして抑える

歯痛、頬を冷やす応急処置冷えピタや濡れタオルでほほ側から冷やしてください。歯痛は神経を圧迫する事によって起きるので、冷やす事により、血の流れを遅くします。

注意点として、氷を口に含んで急激に冷やすと痛みが増す場合がありますので、濡れタオルなどで冷やしましょう。

3.歯が痛むときにやってはいけないこと

◆治療した歯をいじる

歯の痛みが気になり、いじってしまうと、手に付着したばい菌が患部に入る可能性があります。歯痛を悪化させてしまうので、手だけでなく、舌先でも触らないようにしましょう。

お酒を飲む

アルコールは血液の循環が良くなるため、強く痛む可能性があります。

◆熱いお風呂に入る

熱いお風呂などは、歯の血液循環が良くなり、血流が神経を圧迫して痛む可能性があります。

歯の痛みが引かない…我慢せずに今すぐ予約!

4.まとめ

治療後に歯が痛む可能性はいくつかあります。しっかりと原因がわかっていれば、全然気にする事はありません。しかし、いつまで経っても痛みが引かない場合は、かかりつけの歯医者さんに相談しましょう。