親知らずを抜かない判断基準は?保存することで生じるメリットも解説

親知らず_抜かない

519view

親知らずは「基本的に抜歯するもの」と考えている人が多いようです。実際、「歯茎に埋まったまま出てこない」「斜めに生えてくる」など、口腔トラブルの原因になるケースも少なくありません。

ただ、「生えてきたら、抜かなければいけないのか?」というと、一概にそうとも言えません。トラブルの原因になっていなければ、「抜かない」という選択肢もあり得ます。こちらの記事では「親知らずを抜くか、抜かないか」の一般的な判断基準について解説することにしました。親知らずが生えてきたときの情報収集にお役立てください。

1.親知らずを抜く? 抜かない? 親知らずを保存する条件

さて、「親知らずを抜くか、抜かないか」を左右する条件とは何でしょうか? こちらでは、親知らずを保存するための必要条件を確認することにします。どのような親知らずであれば、「抜かない選択」が可能になるのでしょうか?

1-1 埋伏していない親知らずは、抜かないでOK!

親知らずは「斜めに生えてきて、一部が歯茎に埋まったまま」というケースがよくあります。このような親知らずを「埋伏智歯」と呼びます。埋伏智歯は、うまく歯磨きできないので、周囲の歯を巻きこんで虫歯になることも多いです。あるいは、周囲の歯茎に雑菌が溜まって炎症を起こすこともあります。(智歯周囲炎)

埋伏智歯になっている親知らずは、残念ながら抜歯するのが基本路線です。親知らずを保存するメリットより、「虫歯が増える」「智歯周囲炎を起こす」といったデメリットのほうが大きいからです。逆に、「きちんと全体が歯茎から出てきている親知らず」ならば、保存することができます。埋伏していないなら、「抜かないでOK」という確率が高くなります。

1-2 真っ直ぐ生えている親知らずは、抜かないでOK!

斜め・横向きの親知らずは、口腔トラブルを起こすリスクが高いです。傾いて生えてくる親知らずは、たいてい第二大臼歯の方向に傾いています。結果、第二大臼歯をぐいぐい圧迫して、悪影響を及ぼしてしまうのです。第二大臼歯の根っこが圧迫されれば、第二大臼歯の寿命が縮みます。第二大臼歯の上部が圧迫されれば、第二大臼歯が移動してしまい、全体の歯列に悪影響が出るでしょう。

こういった問題を起こさず、上向きに生えている親知らずなら、抜かないでOKだと思います。「親知らずを保存するための要件」を一言で表すならば、「周囲の歯に悪影響を及ぼさない状態であること」です。

1-3 上下が揃っている親知らずは、抜かないでOK!

最近では「そもそも、親知らずが生えてこない」という人も増えています。むしろ、4本すべて生えてくる人の割合は少ないくらいです。そのため、「上だけ生えてくる」「下だけ生えてくる」というケースも散見されます

上だけ・下だけに生えている親知らずは、歯茎を傷つける恐れがあります。噛み合わせる相手がいないため、反対側の歯茎を噛む場合があるのです。歯は上下が揃っていないときちんと機能しません。上だけ・下だけの親知らずは、害を及ぼすことも多いのです。

逆に、「上下が揃っていて、きちんと噛み合っている親知らず」なら、抜かないで大丈夫です。きちんと噛み合わせができているなら、歯として機能します。あえて、抜歯する必要はありません。

2.親知らずを抜かないことによるメリットは?

世間一般で、半ば「口腔内のトラブルメーカー」のように扱われている親知らずですが、「抜かないで残すこと」にメリットはあるのでしょうか? まずは、「親知らずを保存するメリット」をまとめたいと思います。

2-1 第二大臼歯を失ったとき、ブリッジの土台になる!

親知らずは、三番目の大臼歯ですから、正式名称は「第三大臼歯」です。そして、親知らずの1つ手前にあるのが「第二大臼歯」になります。もし、「第二大臼歯を失ったら…」と考えてみてください。原因は虫歯だったり、破折(事故などで、歯が割れること)だったり、いろいろと考えられます。第二大臼歯がなくなったとき、もし、親知らずが残っていれば、ブリッジで歯を補うことが可能です。

ブリッジは「1」「2」「3」と歯が並んでいて、「2」の歯が失われたときに適用する治療法です。「1」と「3」の歯を削り「1~3」まで連続した「大きなクラウン(かぶせ物)」をかぶせます。すると、「2」の位置に「かぶせ物の歯」が存在する状態になるので、噛み合わせに問題が起こりません。

つまり、第二大臼歯をブリッジで補うためには、「第一大臼歯」と「第三大臼歯(親知らず)」が必要なのです。親知らずを抜いてしまうと、第二大臼歯にブリッジを適用することはできません。ブリッジの条件が、「両隣の歯を土台にすること」だからです。

もちろん、補綴(失った歯を補うこと)の方法はブリッジ以外にも存在します。ただ、ブリッジができないということは、選択肢が1つ減ることを意味します。入れ歯は「普通の歯と異なり、取り外して手入れする必要がある」という欠点がありますし、インプラントは「保険適用外で高額」という問題があります。その点、ブリッジは普通の歯と同じように歯磨きをしながら維持しますし、保険内での施術も可能です。両隣の歯を削る…という問題があるにせよ、ブリッジにはブリッジの良さがあるのも、また事実です。

2-2 歯牙移植に利用することができる!

失った歯を補う治療法の1つに「歯牙移植」というものがあります。これは、ほかの場所にある歯を移植して、歯を補う治療です。たとえば、第一大臼歯・第二大臼歯が保存できないレベルの虫歯になったとき、親知らずが残っていれば、歯牙移植を実施できます。親知らずは「なくなっても全体の歯列にほとんど影響しない歯」ですから、「親知らずをなくして、ほかの場所の歯を補う」というのは、十分に合理的です。

歯牙移植した歯は、「歯根膜」という組織によって歯槽骨に固定されます。歯根膜は「噛んだものの硬さを認識する役割」も有しているので、普通の歯と同じように「噛むときの感覚」を得ることができます。インプラントには歯根膜がないので、歯牙移植した歯は「インプラントよりも自然に噛める歯」といえます。

ただ、歯の神経を生かしたままで歯牙移植することはできません。移植と同時に神経を抜いて、歯の内部に薬剤を詰める必要があります。移植後、2~6ヶ月の間、薬剤を取り換えながら歯内の無菌状態を維持し、最終的な薬剤を詰めてから、かぶせ物をします。移植した歯は「かぶせ物をした歯」として使うことになるわけです。

ちなみに、歯牙移植は条件を満たせば保険適用が可能です。保険適用になるための条件は、「移植先の歯がまだ残っていて、移植元の歯が親知らずor埋伏歯であること」です。失われる歯(末期の虫歯・歯周病、または歯の破折)が一応、まだ存在しなければなりません。抜歯済みだと、保険外です。そして、移植に使用する歯は「親知らず」または「歯茎に埋まったまま出てこない歯(埋伏歯)」でなければいけません。これらの条件を満たしていれば、保険適用で歯牙移植できます。もちろん、自由診療で良いなら、条件に関係なく歯牙移植が可能です。

ただし、歯牙移植は万能ではありません。うまく定着せずにあっさり抜け落ちることもあります。また、うまく定着しても、寿命は5~10年程度になることが多いです。中には10年を超えて問題なく機能するケースもありますが、長持ちする保証はありません。

3.まとめ

親知らずには、「抜かない」という選択肢も存在します。トラブルの原因になっていないなら、きちんと歯として機能します。また、将来的に「ブリッジの土台」「歯牙移植」などの使い道が出てくる可能性もあるでしょう。親知らずの生え方を確認し、歯科医師と相談の上で「抜くか抜かないか」を判断してください。

高村歯科医院_親知らず_抜かない

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ