親知らずを4本同時に抜歯することはできる?忙しい社会人の抜歯に

親知らず_4本_抜歯

2,476view

親知らずは何かと口腔トラブルの原因になりやすいため、「生えてきた段階で抜歯を検討する」という考え方が主流になってきています。ただ、最終的に4本すべてを抜歯する場合でも、身体への負担を考慮して「1本ずつ」あるいは「左右2本ずつ」の抜歯が原則です。

しかしながら、「通院時間がほとんど確保できない」といった理由で、4本同時の抜歯を希望する患者さんも多いようです。こちらの記事では、親知らずを4本まとめて抜歯する際の方法を解説したいと思います。

1.一般的な親知らず抜歯は、左右2本ずつ!

ごく普通の歯科医院では、通常、一度に抜歯する親知らずを「2本まで」としています。「左の上下」または「右の上下」に生えている親知らずを、2本まとめて抜歯するわけです。多くの歯科医院が「左右いずれの2本」を同時抜歯の上限としているのには、以下のような理由があります。

1-1 抜歯後、問題なく食事がとれるように

抜歯すると、しばらくの間は歯茎に傷が残ります。当然、傷がある側で食べ物を噛むことには、多少の困難が伴います。特に、刺激物(辛いものなど)・熱いものが触れると、強い痛みを感じる恐れもあるでしょう。

それならば、たとえば、「左の上下2本を抜歯したあと、傷口が塞がるのを待ってから右の抜歯をおこなう」という方法を選んだほうが合理的です。左の傷口が治るまでは、右で噛めば良いからです。左右で抜歯するタイミングをずらせば、抜歯後の食生活に特段の配慮をする必要がありません。

1-2 難抜歯が含まれる場合、手術時間の問題も…

親知らずを抜歯するときの難易度には、3段階が存在します。簡単なほうから順に、普通抜歯、難抜歯、埋伏歯となります。

普通抜歯

「真っ直ぐ生えている歯」または「傾いて生えているものの、特に抜歯を困難にする理由が存在しない歯」は普通抜歯になります。

難抜歯

歯が歯槽骨(歯を支える骨)に癒着している場合、歯根肥大・歯根湾曲など歯根の形状に問題がある場合は、骨を削る「骨開削」をしなければなりません。骨開削を伴う抜歯は、難抜歯の扱いになります。また、歯を分割して、一部の歯根だけを抜歯する「歯根分離術」をおこなったときも難抜歯の扱いです。

埋伏歯

歯が横向きのまま歯槽骨に埋まっている場合、「骨性埋伏歯」と呼ばれます。埋伏しているのが親知らずならば、特に「水平埋伏智歯」と呼称します。水平埋伏智歯に対しては「水平埋伏智歯抜歯術」をおこなう必要があり、難抜歯と比べても、さらに抜歯の難易度が上がります。

難抜歯・埋伏歯は、抜歯に30分~1時間ほど要することもあるので、局所麻酔での4本同時抜歯は非現実的です。局所麻酔下の患者さんは「自分の意思で口を開けて、治療を受けている状態」に置かれます。口を大きく開けて治療を受け続けるのは、1時間程度が限界とされています。難抜歯・埋伏歯を含む場合、4本すべてを抜歯するまで口を開けている…というのは非現実的です。

2.総合病院などの歯科口腔外科なら、4本同時抜歯も可能!

ただ、冒頭で記述したとおり、「通院時間が確保できない」などの理由で4本同時抜歯を希望する患者さんもいます。その場合、総合病院・大学病院などの歯科口腔外科で「4本同時抜歯」を受けることが可能です。この章では、「親知らずの4本同時抜歯」がどのようにおこなわれるかを解説することにしましょう。

2-1 親知らず4本の同時抜歯は、静脈内鎮静法 or 全身麻酔!

一般的な抜歯は局所麻酔でおこないますが、4本同時抜歯する場合は「静脈内鎮静法」または「全身麻酔」のいずれかになります。意識がはっきりした状態で長時間、口を開けたまま治療を受けるのは困難だからです。

静脈内鎮静法

点滴から鎮静剤を入れて、意識をぼんやりさせる鎮静法(セデーション)の一種です。分量が異なるだけで、薬剤そのものは全身麻酔薬・全身麻酔導入剤を用います。静脈内鎮静に用いられる代表的な麻酔薬は、「デクスメデトミジン」「ミダゾラム」「プロポフォール」などです。

鎮静の場合、意識が完全になくなることはありません。半分眠っているくらいの意識は保たれていて、医師からの呼びかけに応えることも可能です。また、全身麻酔と異なり、自発的な呼吸も保たれます。

鎮静が切れてから1時間程度で、普通に動けるようになるので、必ずしも入院する必要はありません。ただ、親知らずの4本同時抜歯は身体的負担が大きく、術後は食事をとることもままならないので、1泊2日で入院し、全身管理をおこなうのが一般的です。

全身麻酔

患者さんの意識を消失させる麻酔です。「全身麻酔」という薬があるわけではなく、複数の薬剤を組み合わせて「全身麻酔下の状態」を作りだします。静脈麻酔薬と「フェンタニル(合成麻薬)」で患者さんを眠らせ、気道確保した上で「ロクロニウム」などの筋弛緩剤を投与します。その後、気管挿管をして人工呼吸の状態にすれば、全身麻酔の導入が可能です。その後は、静脈麻酔薬あるいは吸入麻酔薬を継続的に投与して、全身麻酔の維持をおこないます。

自発呼吸が停止することもあり、麻酔の前後も一定の管理が必要です。麻酔から醒めて数時間は酸素マスクをつける必要がありますし、麻酔をする前日夜からは絶食しなければなりません。そういった管理の必要性から、一般的に2泊3日の入院を要します。

2-2 抜歯自体は、1~2本ずつ抜くときと同じ!

抜歯そのものは、歯科医院で1~2本ずつ抜歯するときと同じようにおこなわれます。テコの原理で歯根を脱臼させるだけで抜けるなら「普通抜歯」、骨開削などを伴えば「難抜歯」、水平埋伏智歯なら「水平埋伏智歯抜歯術」です。

3.まとめ

以上から、総合病院・大学病院の歯科口腔外科なら、親知らず4本を同時に抜歯することは可能です。ただ、静脈内鎮静法や全身麻酔をおこない、全身管理のもとで抜歯することになります。

ただし、術後は左右両側とも食事に困る状態ですから、患者さん本人の負担は決して軽くありません。特段の事情がない限りは、左右2本ずつの抜歯をおすすめします。

高村歯科医院_親知らず_4本_抜歯

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ