歯の異変

歯がギザギザになる5つの原因と原因に応じた治療法+予防策

37,782view

自分の歯がギザギザしていることに気付き、何故なのか疑問に思ったことはないでしょうか? このことが原因で、人前で思いきり笑ったり、人と会話するときに自分の歯が気になってしまうこともあるかもしれません。

人の印象を大きく左右する口元ですが、ギザギザした歯の原因が、乱れた歯並びや酸蝕症(さんしょくしょう)からくるものなら、将来的に深刻な影響をもたらす可能性も出てくるのです。

ご自分やご家族の歯がギザギザしている、このまま放っておいても大丈夫なのか、もし治療法があるとすればどんな方法なのか、疑問や不安をお持ちの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯がギザギザになる5つの原因

歯のギザギザには様々な原因があります。食習慣や噛み合わせ、近ごろ問題になっている酸蝕症(さんしょくしょう)などです。ここではその原因を分かりやすくお伝えします。

1-1 永久歯への生え変わりによるもの

お子さんの歯を仕上げ磨きしている時、「あれ、どうして前歯がギザギザなのかな」と思ったことはありませんか? 実は永久歯に生え変わったばかりの前歯というのはギザギザしているのが普通なのです。

この前歯のギザギザは「発育葉」(はついくよう)というもので、生え変わったあと、上下の歯でしっかりと噛むうち、およそ2~3年でしだいに平らになっていきます。

永久歯に生え変わって2~3年が経過しても前歯がギザギザしている時は、きちんと前歯を使っていない証拠と言えます。

1-2 歯並び

前歯が永久歯に生え変わったあと、出っ歯や受け口などで上下の噛み合わせが悪いと時間が経っても歯が平らにならず、ギザギザのままになることがあります。

また物を噛む時にしっかりと噛まずに飲み込んでいる場合や、前歯で噛む習慣そのものがついていない場合も同様に歯のギザギザが残ってしまうことがあります。

1-3 酸蝕症(さんしょくしょう)

酸性度の高い飲食物のだらだら食べ、だらだら飲みや、摂食障害、逆流性食道炎などで歯が溶ける病気を酸蝕症といい、近年大きな問題になっています。

酸蝕症になると、酸によってしだいに歯が薄く脆くなり、変色やひび割れを起こし、歯先がギザギザになることがあります。酸蝕症は初期段階では痛みなどの症状がないため大変気づきにくく、かなり進行するまで分からないことがほとんどです。

初期であれば、予防処置とホームケアで健康な歯に戻すことが可能ですが、進行してしまうと、溶けたエナメル質を白い樹脂や被せ物で治療するしかなくなります。

1-4 加齢

加齢に伴い歯は脆くなり、強く噛みしめた時などに簡単に割れる、欠けるなどしてギザギザになることがあります。

1-5 歯ぎしり、食いしばり

歯ぎしりや食いしばりの癖がある方、奥歯ばかりで噛んで前歯を使っていない方などは、歯がギザギザになりやすいと言えます。

2.原因別治療法 

ギザギザの歯を治療する方法は原因と症状により様々に異なります。原因が歯並びなら矯正を、それ以外の場合は症状の度合いにより一般的な歯科治療や審美歯科治療が施されます。

2-1 歯並びが原因なら矯正治療

出っ歯や受け口など不正校合(ふせいこうごう)が原因で歯がギザギザになると、口元に自信がなくなり、人前に出ることにストレスを感じることにもなりかねません。

また見た目の問題だけでなく、前歯をきちんと使っていないのですから、消化器に負担がかかるほか、将来的には顎関節症や頭痛など全身症状を引き起こす恐れがあります。

矯正治療により歯並びが整い、ギザギザ歯がきれいになると、笑顔に自信が持てるようになるだけでなく、将来起こるかもしれない体の不調を予防でき、生涯にわたって健康的な毎日を送れるようになります。

2-2 酸蝕症が原因なら歯科治療・審美歯科治療

酸蝕症が原因で歯がギザギザになってしまった場合、その症状によって一般的な歯科治療と審美歯科治療、二つのアプローチがあります。

噛み合わせや歯自体に深刻な問題がなく、ほんの少しギザギザしている歯をきれいに整えたい場合は、ギザギザした部分を研磨し、レジンを詰めるなどの治療を施します。

またギザギザの部分が広範囲に及んでいる場合には、歯と同じ色のラミネートベニアという板を貼り付ける治療を行います。この二つの治療は、見た目をきれいに整えるための、いわゆる審美治療になります。

しかし酸蝕症が重度になり神経が炎症を起こしているような場合には、審美治療のみでは対応できません。本格的な歯科治療により神経の処置を行い、その後改めて被せ物をする、見た目をきれいに整えるなどの審美治療を行う必要があります。

また酸蝕症の治療を行う場合、根本原因を特定し、取り除くことが何より大切なのは言うまでもありません。

2-3 加齢が原因なら、まずは歯科治療を

加齢が原因の場合、歯そのものが非常に弱っている場合や神経部分まで悪くなっている場合があります。このような場合には、少しの詰め物や修復などでは対応できません。

クラウンなどの被せ物をする本格的な治療の必要があり、治療期間も長くなります。費用については、保険適応の素材を使用するか否かで大きく異なります。

2-4 歯ぎしり、食いしばりの癖がある方にはマウスピース

歯ぎしりや食いしばりの癖などが原因の場合は、一時的に削ったり、レジン(プラスチック)を詰めて整えたりしても、時間の経過ととともに元のギザギザの歯に戻ってしまうことがほとんどです。

このようなケースでは、マウスピースを装着することで改善を図っていきます。

3.ギザギザの歯にならないための予防策

ここでは大切な歯がギザギザにならないように、私たちにできる予防法をご紹介します。日頃の生活スタイルを振り返り、いつまでも健康な歯で生き生きと過ごしましょう。

3-1 食生活の改善

①お子さんの場合、前歯でしっかり噛む習慣をつけることで、ギザギザの歯を予防できるだけでなく、顎、頬の発育を促し、歯並びを良くすることが可能です。良く噛むように教えると共に、食材を大きく切る、短冊切りにするなど調理の工夫をすることが大切です。

②酸性の飲食物(清涼飲料水、かんきつ類、ワインなどのお酒、酢)を長時間にわたって、だらだらと食べたり飲んだりしないようにします。また酸性の飲食物をとった時には良くうがいをし、30分から1時間程たってから、やさしく歯を磨きましょう。(酸性の飲食物をとった直後はエナメル質がやわらかくなっているためです。)

3-2 生活習慣の改善

①奥歯だけで食べ物を噛む癖などは意識して直すようにします。また前歯を含め、歯の全体を使い、よく噛むようにします。

②歯ぎしりや食いしばりの癖がある方は、歯科医院に相談し、マウスピースを装着するなどして、改善を図りましょう。

③頬杖をつく癖、お子さんの指しゃぶりなどは歯並びに影響する恐れがあります。出来るだけやめるように促します。

3-3 持病の治療

①逆流性食道炎の方や摂食障害で嘔吐のある方は、胃の内容物により歯に重大な影響を及ぼす可能性があります。速やかに通院治療し、症状の改善に努めましょう。

②初期段階の酸蝕症はセルフチェックでは発見しにくい病気です。早期発見、早期治療のためにぜひ定期健診を受けてください。

4.まとめ

酸蝕症や加齢によるギザギザの歯は、一刻も早い歯科医院での治療が必要です。また乱れた歯並びによるギザギザの歯は、早期に発見し、適切な矯正治療を行えばきれいに治ります。

歯並びが綺麗になり、噛み合わせが整うと、将来起こりうる顎関節症や頭痛など、全身の不調を予防することができます。

定期的に歯科健診を受け、お口の健康状態をチェックしましょう。未来のお口トラブルを未然に防ぎ、健康な毎日を送るために歯科医院を上手に利用してください。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ