お悩み解決コラム虫歯

虫歯かどうかわからない!黒いけれど痛くない場合の対処法

虫歯_黒い_痛くない

6,580view

「明らかに歯の一部が黒くなっているけれど、特に痛みはない…」という場合、どのように対処しますか? 痛くないからといって放置すると、最悪、歯を失うことになるかもしれません。「虫歯なのか、そうでないのか」をきちんと判別して、口腔内の健康をきちんと守ることが大切です。

・虫歯かどうか判別が難しいけれど、歯が黒くなっている
・痛くはないものの黒く変色していて、明らかに虫歯である

どちらのケースにおいても、一度は歯医者さんを受診して、「治療の必要性があるか」「治療するなら、どのような治療を要するか」を相談するべきでしょう。こちらの記事では、痛くないけれど黒くなっている…という状況を想定し、「どのような対処があり得るか」をまとめています。

1.歯が黒くなっているが、虫歯かどうか判別が難しい場合

まずは、「歯の表面が黒くなっているものの、虫歯かどうか判別が困難」というケースを想定することにします。痛みがなく、穴があいている様子も見られない場合、「虫歯なのか、どうなのか…」と判断に迷うことでしょう。そういったケースでは、どのような状況が考えられるのでしょうか?

1-1 奥歯の溝に着色しているケース

まずは、虫歯ではないケースから解説したいと思います。奥歯の咬合面には溝があり、この溝を「小窩裂溝(しょうかれっこう)」といいます。小窩裂溝は歯ブラシの毛先が届きにくく、なかなか汚れが落ちません。結果、小窩裂溝には、飲食物・嗜好品に由来する着色が起こりやすくなります。

飲食物・嗜好品による着色を「ステイン」と呼んでいます。特にステインの付着が起こりやすい飲料としては、「お茶」「コーヒー」「赤ワイン」などが有名です。そのほかには、タバコのヤニも着色の原因になります。いったん着色してしまうと、ふだんの歯みがきでは落とせません。

さて、小窩裂溝に黒色・褐色の着色が起こると、外見的には虫歯のように見えます。ただ、ステインによる着色であれば、歯にダメージはありません。ただ、着色かどうかを自己判断するのは難しいので、一度、歯医者さんで「虫歯なのか、着色なのか」を判断してもらいましょう。

1-2 初期虫歯になっているケース

今度は、初期虫歯になっているケースです。虫歯には4段階があり、1段階目の「C1:エナメル質齲蝕」では痛くないのが普通です。2段階目の「C2:象牙質齲蝕」から「冷たいもの・甘いもの」がしみるようになり、3段階目の「C3:歯髄の仮性露出」でズキズキとした激痛を発するようになります。したがって、「小さな虫歯が痛くない」というのは極めて自然なことです。

さて、虫歯には、大きくわけて3種類があり、それぞれ「小窩裂溝齲蝕(しょうかれっこううしょく)」「平滑面齲蝕(へいかつめんうしょく)」「根面齲蝕(こうめんうしょく)」と呼ばれます。このうち、初期虫歯のとき「黒い色になり、着色なのか虫歯なのか判別が困難」という外見的特徴を有するのは、小窩裂溝齲蝕です。

虫歯の発生部位における分類

小窩裂溝齲蝕
奥歯の溝にできる虫歯です。初期は黒い着色のように見えることが多く、急速に進行する傾向があります。

平滑面齲蝕
平らな場所にできる虫歯です。初期は表面が白濁し、象牙質に達する頃から黒い外見に変わります。進行はややゆっくりですが、歯と歯の隣接面にできた平滑面齲蝕は、発見が遅れることも多いです。

根面齲蝕
「歯と歯茎の境目」にできる虫歯です。加齢により、歯茎が下がってきた頃に好発する傾向があります。

初期虫歯は早期治療が大切

黒い変色が小窩裂溝齲蝕だった場合は、早期治療が大切です。幸い、エナメル質齲蝕の段階なら、歯にほとんどダメージを与えずに治療することができます。進行する前にきちんと歯科治療を受けるようにしましょう。この段階なら、表面をわずかに削り、「コンポジットレジン充填」をおこなえば治療が終わります。コンポジットレジンは見た目も白く、自然な仕上がりになるので、「治療後の外見」も気になりません。

1-3 進行が止まった初期虫歯のケース

いったんは初期虫歯になったものの、進行が停止しているケースがあります。小窩裂溝が黒色になったあと、「エナメル質が再び固まって虫歯の進行が止まった」ということです。

エナメル質を構成する成分が溶けだすことを脱灰と呼び、溶けだした成分がエナメル質に戻ることを再石灰化と呼んでいます。エナメル質はふだんから「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。いったんは脱灰して「虫歯寸前」になっても、穴があく前なら再生(=再石灰化)することがあるわけです。

この再石灰化の影響により、「ほとんど虫歯」という段階のエナメル質が再石灰化すると、「黒く変色しているが、そこから進行していない状態」ができあがります。こういったケースではエナメル質を強化する「フッ素塗布」などの予防処置をおこない、経過観察するのが一般的です。削らずに済む歯を、あえて削る必要はないからです。

1-4 歯の内部で虫歯が進行しているケース

表面的には「小窩裂溝が黒く変色しているだけ」に見えても、歯の内部で虫歯が進行していることがあります。この場合、エナメル質には「目に見えないほど小さな穴」があいているだけですが、内部の象牙質は大きく失われています。特に「生えてきたばかりの永久歯」は、象牙質が柔らかいので、「入口は小さいが、内部で急速に進行する」といった経緯を辿りやすくなります。

レントゲンを撮影すると、「内部で虫歯が広がっているかどうか」はすぐに判別できます。なるべく早く治療しないと、神経を抜く「抜髄」が必要になり、歯の寿命が縮むことになります。こういったケースがあり得ることからも、「痛くないけれど、表面が黒い」という段階で歯科医院を受診することの大切さが浮き彫りになります。

2.明らかに虫歯だが、痛くない場合

次に、「大きくて黒い穴があいているが、痛くないケース」を想定しましょう。「痛くないから、治療を受けるのは痛くなってからで良いかな…?」と放置してしまう人も多いようですが、場合によっては大きなトラブルに発展することもあります。

2-1 大きな穴があいているが、痛くないケース

虫歯には4段階があり、最終段階の「C4:残根」になると痛みを感じません。すでに神経が死んでしまい、感覚を失っているからです。この場合、痛みはなくても、虫歯としては末期症状になっています。

もともと激しく痛んでいた虫歯が、あるときを境に痛くなくなったのなら、本人にも「神経が死んだのかも…」と自覚できる余地があるでしょう。しかし、中には「痛みを感じないまま、神経が死んでしまう虫歯」も存在しています。このような経緯をたどりやすいのは「表面には目に見えないほどの穴があいただけで、内部で急速に進行した虫歯」です。

表面の穴があまりに小さいと、歯髄(神経)に刺激が伝わらず、痛みを感じにくいのです。さらに、虫歯が急速に進行したことで、神経があっさりと死んでしまうと、痛みを感じるヒマがありません。気づいたときには神経は腐敗し、液状化して流れ出しています。

さて、痛くないからといってC4の虫歯を放置すると、さまざまな口腔トラブルが生じます。たとえば、虫歯菌が歯根周辺に感染し、歯茎が腫れることがあります。これは根尖病巣・根尖性歯周炎と呼ばれる症状です。上顎の奥歯に根尖病巣が生じると、虫歯菌が上顎洞(鼻の横にある空洞)に感染して上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)を引き起こすこともあります。

以上から、虫歯は「痛くない=放置して良い」というものではないのです。むしろ、C4まで進行した虫歯は一刻も早く抜歯し、周囲に悪影響をもたらすのを阻止しなければなりません。

2-2 詰め物がとれたが、痛くないケース

たまに、過去に治療した歯の詰め物が外れる場合があります。このとき、詰め物の内側が黒い色になっているなら、虫歯が再発したと考えてください。今、痛くないとしても、早急に歯科医院を受診する必要があります。

すでに神経を抜いた歯であれば、痛くないのは当たり前です。放っておくと痛みがないまま進行し、抜歯することになるかもしれません。仮に神経が残っている歯なら、痛みだすのは時間の問題です。いずれにしても、早めに歯医者さんを受診し、適切な治療を受ける必要があります。

3.まとめ

「虫歯かどうかわからないけれど黒い」「虫歯に見えるけれど痛くない」といった状況で、なかなか歯医者さんを受診しない人はたくさんいます。しかし、こういったケースのほとんどは「何らかの治療を必要とする状態」です。歯の一部に黒い点を見つけたり、「虫歯かな…?」と思うような外見的特徴に気づいたりしたときは、迷わず歯医者さんを受診するようにしてください。

コージ歯科_虫歯_黒い_痛くない

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):
ページトップへ