歯の異変

歯にできた黒い点の原因を探る方法と歯医者で行う対策法

33,088view

歯に黒い点ができる理由として一番多いのは、やはり虫歯です。放置しておけばどんどん黒い部分は広がり、穴も空いてしまうので、できるだけ早い処置が必要です。

しかし、歯が黒ずむ理由は実は虫歯だけではありません。歯石、ヤニや茶渋などの着色などさまざまな原因が考えられます。いずれにせよ、虫歯でないならば大丈夫などと安心せず、すぐに対策をとらなければなりません。

この記事では、黒ずみの原因と治療法について詳しく解説していきます。

1.歯にできる黒い点の原因

特に痛みなどがないにもかかわらず、ある日、歯にポツンと黒いシミができてしまうことがあります。気づいた時が治療のサインですが、一概に虫歯ともいえないので注意が必要です。

1-1 虫歯の初期症状

歯の黒ずみの原因の多くは虫歯です。まだ痛みもない初期段階の虫歯でも、歯の表面が黒くなっていることで気がつくことがあります。しかし、すべての虫歯が初期症状で黒ずみを生じるわけではないので注意が必要です。黒ずみや痛みがなくても、口臭によって虫歯が発覚することもあります。

治療方法としては、患部を削って詰め物・被せものをしますが、虫歯がどの段階にあるのかによって、治療の流れも異なります。

1-2 歯石

歯石とは、歯垢が石灰化して歯と歯の間にこびりついた石のようなものです。歯石は乳白色のものがほとんどですが、黒い歯石は歯周病のシグナルといえます。歯周病由来の歯茎からの出血で作られる歯石は、黒いことが特徴なのです。

歯石の除去方法には大きく2つあります。ひとつは専用マシンで除去する方法、もうひとつは手動で除去していく方法です。除去した後にも適切なメンテナンスが必須となります。

1-3 ヤニや茶渋などによる着色

タバコのヤニ、お茶やワインなどに含まれているタンニンが歯に着色し、黒ずみを作ります。白い歯を保つためには、タバコはなるべく控えるようにし、またお茶やワインを飲んだ後には軽く水で口をすすぐことを習慣にするようにしましょう。

クリーニングやホワイトニング、ブリーチングなどの治療法がありますが、どのような理由による着色なのかによって、適切な方法はそれぞれ異なります。

2.歯科医院で行う黒い点の種類を見分ける方法

2-1 虫歯かそうでないかの見分け方

虫歯による変色なのか、その他の理由による変色なのかは、歯科医師でも目で見分けるのは難しいとされています。そこで、歯科医院では「う蝕探知液」という虫歯だけを着色する検査液が使用されます。

また、レントゲン写真を撮影して検査する方法やレーザー照射器を使って虫歯の深さを測ったり、探針で探って歯の表面が柔らかくなっているかどうかを判断したりする場合もあります。いずれにしても、歯科医師でも難しいのですから、素人が見た目だけで判断してしまうのは非常に危険です。

2-2 虫歯ではなくても放置しない方がいい理由

歯科での検査の結果、虫歯ではないことがわかったとしても、放置していてはいけません。なぜなら、その歯の着色の原因が、さらなるトラブルを招く可能性があるからです。

たとえば、原因が歯石だったとしても、それが歯周病などを引き起こすこともあります。必ず的確な治療をしてもらうようにしましょう。

3.歯にできた黒い点の治療法

歯にできた黒ずみは虫歯、歯石、着色が主な原因であることは上記の通りです。いずれの場合でも歯科医院での治療が必要になります。それぞれの治療法をみていきましょう。

3-1 虫歯の場合の治療

虫歯初期

歯の表面にできている黒い点も、“ポツンとした点”程度のごく初期の虫歯の場合は、ブラッシングなどで自然治癒することも期待できます。歯科医院でブラッシングの指導を受け、毎日根気よく続けましょう。

もし、表面を削って詰め物をしなくてはいけない場合でも、初期虫歯ならばごくわずかで済みます。

象牙質まで進行している虫歯

歯の表面のエナメル質から、さらに奥の象牙質まで進行してしまった虫歯は、黒ずみの範囲もかなり広がっています。冷たいものや、熱いものがしみる場合もあるでしょう。

このような状態まで進んでしまった場合は、広範囲を削り、詰め物をしなくてはいけません。通院回数も、どうしても初期段階の虫歯よりは多くなります。

神経まで進行している虫歯

エナメル質、象牙質のさらに奥の神経にまで進んでいる場合、歯の黒ずみもかなり広範囲に及びますし、神経が圧迫されることによってズキズキとした痛みを感じるようにもなります。

ここまで進んでしまったケースでは、神経を取って薬をつめる根管治療をしなくてはなりません。通院回数もかなり増えますが、まだ自分の歯を残すことはできます。

虫歯末期

歯茎の上に出ている歯の部分がほとんどなくなり、大きな黒い穴になっているような状態です。神経も死んでいるので痛みはありませんが、こうなったら末期です。

ここまできたらもはや歯を抜くしかありません。その後に入れ歯やインプラントで補うようにします。

3-2 歯石が原因であった場合の治療

歯石除去

「超音波スケーラー」で細かい振動を歯に与えることで歯石を粉々にし、その後で冷却水を噴射して歯石を洗い流します。

一方、手動で歯石を除去する場合には、鎌形のスケーラーでひっかくようにして除去していきますが、施術者の技がある程度必要となります。

メンテナンス

歯石を除去した後も、しっかりとメンテナンスをしなければまたすぐに歯石がたまってしまいます。デンタルフロスや歯間ブラシなどを使用して、こまめに歯垢を取り除くようにしましょう。

時々「歯石を取り過ぎて歯が削れるのでは?」と、心配する人もいるようですが、まったくそのようなことはありません。年に1度の間隔で、歯石を除去するように心がけましょう。

3-3 着色が原因の場合の対策

クリーニング

タバコのヤニやお茶のタンニンなどによる歯の表面の着色汚れは、クリーニングで対処可能です。超音波やエアーで大まかに色素を落とした後、研磨剤とブラシで黒ずみを落としていきます。仕上げにフッ素やアパタイトでコーティングを施します。

ホワイトニング

歯が全体的に黒ずんだり黄ばんだりしている場合には、ホワイトニングが有効です。さまざまな手法がありますが、アミノ酸の粒子を歯に吹き付けて汚れを除去する「エアーフロー」や、歯の表面の傷を修復する「リエナメルトリートメント」といった手法があります。

ブリーチング

歯の神経を取ってしまったことなどにより変色を起こしている場合には、歯の内側からの漂白であるブリーチングを行う必要があります。漂白剤を歯の中に封入して、変色している象牙質に直接働きかけることによって歯を白くしていきます。

4.虫歯や歯石の付着を歯磨きによって予防する方法

正しい歯磨きは、虫歯はもちろんのこと歯石がたまることも防ぎます。黒ずみのない歯のためには、まず正しいブラッシングを心がけるようにしましょう。

4-1 歯垢をしっかりと取り除く

正しいブラッシングをすることで、歯垢をきちんと除去することができます。虫歯も歯石も歯垢が原因となるため、諸悪の根源であるこの歯垢を、毎日の歯みがきでしっかりと除去することが重要なのです。

4-2 歯垢が残りやすい場所を理解する

歯垢は歯と歯の間、歯と歯茎の間などにたまりやすいものです。そのため、歯の表面だけではなく、そういった歯垢がたまりやすい部分こそよく磨くようにしましょう。歯ブラシの毛先を歯の表面にしっかりとあて、軽い力で小刻みに振動させて、歯垢を掻き出すイメージでやってみましょう。

4-3 食後の歯磨きを習慣付ける

正しいブラッシングには、タイミングも大切です。食後は、食べかすが歯に残っていて歯垢ができやすい状態になっています。この時に、しっかりと歯磨きで食べかすを除去していくことを、毎日の習慣にするようにしましょう。

5.まとめ

歯に黒い点があらわれたら、さまざまな原因が考えられます。虫歯、歯石、着色、いずれにしても歯科に相談してなるべく早く治療するようにしましょう。

また、虫歯と歯石はとくに歯垢が大元の原因なので、毎日の正しい歯磨きで予防することもできます。歯科ではブラッシング指導もしているので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

ごうデンタルクリニック_歯_黒い点

ページトップへ