歯の異変

歯が黒いのは何故!?黒くなる7つの原因と治す方法とは

8,903view

笑った時に黒い歯が見えて、思いきり笑うことができない…出来る事ならば、今すぐにでも白い歯にしたいですよね。歯が黒くなる原因は、主に7つあります。黒くても問題ない歯もあれば、治療をしなければ、どんどん悪化してしまう場合もあります。

少しでも黒い歯を白く出来れば、笑顔も自然と増えると思います。今回の記事では、歯が黒い原因とその対処法について記載しています。また、歯を白くするおすすめ方法も紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

1.歯が黒い7つの原因

1-1 歯の神経が死んでいるので黒い

歯の神経が死んでいる

歯の神経が死んでしまうと、水分を失ってしまい黒ずんでしまいます。神経が無くなると、歯の寿命が短くなってしまいますので、なるべく抜かないほうが良いでしょう。しかし、痛みが続いてしまい、取り除いたほうが良いと判断した場合は、神経を取り除く治療を行います。

◆対処法

神経が無い歯は、黒ずんでしまうため、黒ずみを無くしたいのであれば、セラミック等の被せ物をする必要があります。セラミックの歯とは、本物の歯と見分けが付かないほど、精巧に作られています。

歯の詰め物に関して詳しくは「虫歯治療した詰め物が取れてしまった時の対処法/選び方」を参考にして下さい。

1-2 虫歯が原因で黒い、小さい点でも要注意

中の虫歯

虫歯になると、歯のエナメル質に含まれるリンやミネラルが抜けてしまい、色が黒くなります。虫歯が大きく進行している場合は、削る必要があり、放置していても治ることはありません。また、黒い点が歯についている場合に、小さな虫歯だと思っていても、実は内部で大きく侵食されている可能性があります。

◆対処法

歯の中で虫歯が進行しているのかわからない場合は、レーザー虫歯診断器(ダイアグノデント)がある歯医者さんで治療を受けましょう。レーザー虫歯診断器とは、レーザーで虫歯の進行度を調べる器機であり、視診よりも2倍近く虫歯を発見できます。歯が黒ずんでいて、痛みがあるようであれば、歯医者さんへ行きましょう。

虫歯の治療費に関して詳しくは「虫歯の治療費!私の治療はどのくらい掛かるの?」を参考にして下さい。

1-3 着色やヤニの汚れで黒くなっている

歯の裏側にヤニが付着している

歯が黒ずんでしまう原因として、着色汚れが考えられます。歯の着色は、毎日の食事でどんどん蓄積されて、カレーやワインなどの色が強い食べ物は、特に色が付着します。また、タバコのヤニも、着色汚れの大きな原因の一つです。

◆対処法

自宅で着色汚れを落とすには、ホワイトニング専用歯磨き粉やヤニ取りグッズなどが効果的です。また、歯医者さんでのクリーニングは着色汚れを落とす専用の機械がありますので、効果が高いです。

歯のクリーニングに関して詳しくは「口内環境を正常化させる歯のクリーニング3つの目的と中身」を参考にして下さい。

1-4  詰め物が劣化している

歯の詰め物が劣化すると、黒ずんできます。約3~4年程度で劣化してきて、色が変化してきたのであれば、削って治療をすることになります。

◆対処法

黒ずみが気になるようであれば、審美性の高いセラミックを入れると、綺麗な歯を手に入れることができます。

1-5 黒い歯石が付着している

歯ぐきの中に隠れている歯石は黒い色で、それが歯と歯茎の境目から見えるようになると、歯が黒く見えてしまいます。歯石は白い物が多いのですが、歯周病が進んでいる方は歯茎が下がっているので、歯と歯茎の境目から黒い歯石が目立ちます。

◆対処法

まずは歯のクリーニングをして、歯石を取りましょう。しかし、歯周病が進行しているのであれば、繰り返し黒い歯石が付着してしまうので、歯周病治療を受けると良いでしょう。

自分が歯周病なのかをチェックするには「もしかして歯周病?悪化を防ぐチェック方法」を参考にして下さい。

1-6 金属イオンが原因で黒い

銀歯をしている人であれば、金属イオンが漏れ出して、歯を黒くすることがあります。金属というのは、濡れてくると空気中の硫黄分と反応して黒くなります。そうなると、歯茎に浸透してしまい、黒ずんでしまうのです。

◆対処法

黒ずんでしまった部分は、削らないと白くする事は出来ません。先程も紹介しましたが、セラミック等の詰め物をすると綺麗に仕上がります。

1-7 薬が影響して黒い

幼少期や妊娠中は、抗生物質の影響で歯が黒く変色することがあります。

◆対処法

ホワイトニングでも均等に白くすることはできません。ホワイトニングを行っても色にむらがでてしまうため、白いジェルを貼り付けるラミネートベニアという治療法で対応します。歯は悪くないので、治療法に関しては、掛かりつけの歯医者さんと相談しましょう。
実際に歯科医院へインタビューして、医師も見解を聞いておりますので参考にしてみてください。

2.歯を白くする3つの方法

2-1 ホワイトニング効果の高い歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉毎日使う歯磨き粉を、ホワイトニング効果のあるタイプに変更するだけで、着色汚れを落とすことが出来ます。ホワイトニング効果のある歯磨き粉であれば研磨力が強いタイプの物が多く、汚れを分解するタイプの歯磨き粉もあります。

おすすめの歯磨き粉に関しては「こだわり派は必見!あなたの愛用品になり得る歯磨き粉おすすめ7選」を参考にして下さい。

出典 http://www.lion-dent.com/

2-2 歯科衛生士によるクリーニング(PMTC)

PMTCPMTC(professional mechanical tooth cleaning)というクリーニング方法があります。PMTCとは、歯のクリーニングのプロである歯科衛生士が、専用の機械を使用して汚れを除去する治療です。

着色汚れを落とすのには効果が高く、虫歯予防にもおすすめです。費用に関しては、自費治療になりますので5,000~30,000円程度になります。

2-3 歯医者さんでホワイトニング

ホワイトニング

歯を白くする方法として、定番なのがホワイトニングです。

歯医者さんでのホワイトニング方法は主に3つあり、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。その両方を合わせた方法を、デュアルホワイトニングと言います。

◆ホームホワイトニング

歯医者さんでオーダーメイドのマウスピースを作り、自宅で好きな時間にホワイトニングをする方法です。自分の望む白さを手に入れることが出来て、白さを保つ効果も長いので、人気のホワイトニングになります。しかし、白くなるまでの期間は、他のホワイトニング方法と比べると時間が掛かってしまいますので、すぐにでも白くしたい方はオフィスホワイトニングがおすすめです。

◆オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、薬剤を歯に塗布して、歯医者さんにある専用の機械で光を当てて、白くする方法になります。白くなるのが早く、1回でも白くなるのが実感できますので、数回通院する必要がありません。しかし、白さを保つ期間が短いので、結婚式や面接など、すぐに白くしたい場合におすすめのホワイトニングになります。

◆デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用して行うホワイトニングになります。なので、効果も長く、白くなるのも早いです。しかし、費用が併用するので最も高く、予算に余裕がある方におすすめです。

様々な歯を白くする方法に関して詳しくは『すぐに白くしたい人へ!!効果のあるホワイトニングとは』を参考にして下さい。

3.まとめ

歯を黒くする原因は、主に7つあります。放置しても問題ない黒い歯もありますが、危険な症状の歯もあります。歯医者さんで相談すれば、着色汚れや虫歯はもちろんのこと、神経が死んでしまって黒く変色した歯も、白くすることが出来ます。ぜひ、参考にしてみて下さい。

ページトップへ