その他

歯の麻酔の特徴と麻酔を受けたあと気をつける重要なポイント

220,424view

歯医者さんで治療を受けるとき、歯の麻酔に不安を覚える方も多いと思います。歯医者さんで使われている麻酔の種類や行う手順、効果の持続時間や切れたあとの対処の仕方なども気になるところです。

また、現在では患者さんの痛みを軽減するために、麻酔を施す際にさまざまな工夫もされています。注射針の太さや注入する麻酔液の温度にまで気をつかい、治療がスムーズに行われるように努めてくれるのです。

この記事を読めば、歯の麻酔の特徴について知ることができます。そして、歯医者さんで使われる麻酔が、どれだけ患者さんに配慮されたものなのかがわかってきます。歯科治療への恐怖心も和らぐ内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.安心して治療に臨むために!歯の麻酔の特徴を知る

歯医者さんは患者さんに安心して治療を受けてもらうために、治療中の痛みをなくす手段として、歯茎に注射をする「局所麻酔」を行ってくれます。この章では、その局所麻酔の種類や麻酔を施す手順など、歯の麻酔の特徴について紹介していきます。

1-1 麻酔の種類

◆3つに分類される「局所麻酔」

・表面麻酔

歯茎の表面に塗り、麻酔針を刺すときの痛さを軽減させる

・浸潤(しんじゅん)麻酔

一般的な麻酔を指し、細い針を使って歯茎に麻酔薬を注入していく

・伝達麻酔

麻酔薬が効きにくい下顎の奥歯に使用する麻酔で、親知らずの抜歯の際にも用いる

歯医者さんで行う局所麻酔は上記の3つに分類されます。これら3つの麻酔を使い分けて、痛みの少ない治療を進めていくのです。

1-2 麻酔を施す手順

①粘膜を乾燥させた状態で、ゲル状の表面麻酔を綿棒やガーゼ、コットンに付け、歯茎に接触させる(※)

※表面麻酔には、ゲル状のもの以外に「スプレー式」や「シールタイプ」もあります

②約2分経過すると、歯茎の表面の感覚が麻痺してくる

③表面麻酔をぬぐったあと、すぐに「浸潤麻酔」の注射を行う

1-3 注射の痛みを和らげる工夫

患者さんの中には、注射の痛みを苦手とする方も多くいます。こうした患者さんのために、注射の痛みを和らげる工夫をしてくれる歯医者さんも存在するのです。

◆麻酔の針は“細い”

歯の麻酔に使われている注射針は「0.2mm」サイズの『33ゲージ』の細い針を使用して、注射時の痛みを軽減してくれる歯医者さんも存在します。糖尿病の患者さんが「インスリン投与」で使用するのが“世界で一番細い”「0.18mm」の『34ゲージ』といわれているので、歯医者さんの麻酔針は、その次に細いサイズを使用して、痛みを和らげる工夫がされているのです。

◆麻酔注射は“電動式”

麻酔液を歯茎に注入するとき、余計な圧力が加わることが痛みを招く原因です。それを回避するために、「電動注射器」を使って麻酔液の注入速度をコントロールすることができるのです。

◆麻酔液の温度は“人肌”

痛みを緩和させるために、麻酔液にも工夫がされています。麻酔液は、人の身体の温度より冷えていると、体内に注入されたときに痛みを感じてしまうため、機械を使って“人肌”に温められた状態にすることができるのです。

1-4 妊娠中や授乳中の方でも受けられる

妊婦さんでも麻酔を受けることは可能です。歯医者さんで行うのは部分的に麻酔液を注入させる「局所麻酔」のため、胎児に悪影響を及ぼすことはありません。

また、胎盤や母乳を通じて麻酔が送られることもないので、麻酔を受けたあとの授乳も心配いりません。

2.治療中・治療後の麻酔の効果

浸潤麻酔を注射すると、その効果は「約2時間」といわれています。また、伝達麻酔の場合は「約3時間」です。

ただ、治療後も麻酔の効果は持続しているのです。麻酔の種類だけでなく、大人か子どもか、によっても持続時間が違ってきます。

◆大人の場合

・浸潤麻酔…治療後1~3時間程

・伝達麻酔…治療後3~6時間程(親知らずの抜歯後)

◆子どもの場合

・浸潤麻酔…治療後1~2時間程

※子どもの歯茎や骨の厚みが薄く、成人の半分以下の麻酔の量で行う

・伝達麻酔…治療後、半日程度

※骨が薄いため、大きな神経まで麻酔が効いてしまうことがあるため

3.麻酔を受けたあと気をつけること

2章で示したように、治療後も麻酔の効果は持続しています。その間、日常生活で気をつけなければいけないことがいくつか存在します。ではここで、注意するべきポイントをカテゴリ別に分けて紹介していきますので、ぜひご覧ください。

◆食事

・感覚が鈍っているため、誤って唇やほっぺたを噛んでしまわないように気をつける

・熱いものが感じにくくなるため、やけどに気をつける

・小さいお子様の場合は特に気をつけ、麻酔が効いている間はなるべく食事は控える

◆運動

・激しい運動やスポーツを行うと血行が促進され、傷口からの出血が起きやすい

◆アルコール

・お酒を飲むことで体調が悪くなるということはないが、血行が促進されることで傷口から出血しやすい

◆入浴

長い間、入浴していると傷口からの出血が起きやすいため、短時間で済ませるようにする

◆その他

・麻酔が切れ始めると、かゆみや違和感を覚えることがあるので、触ったり引っかいたりして、傷つけないように気をつける

麻酔を受けたあと気をつけること

4.麻酔が効きにくい状態

人によっては、歯医者さんの麻酔が効きにくい場合があります。その原因として考えられるのが以下の3つになります。

・「皮質骨(ひしつこつ)」が硬くて厚い

歯を支えている「歯槽骨(しそうこつ)」の周りの『皮質骨』が硬くて厚みがある場合、麻酔が効きづらいので、『歯根膜(しこんまく)注射』をして効果を発揮させる

・歯茎が強い炎症を起こしている

歯茎が炎症を起こした「酸性」の状態は麻酔が効きづらく、炎症を抑えるための薬を服用して対応する。それでも無理な場合は、次回の治療に持ち越すケースもある

・歯の根っこの先に膿が溜まっている

歯の根っこの先に膿が溜まった状態は、膿の袋ができ、その中で強い炎症が起きてしまうと麻酔の効果が得られなくなってしまう

5.麻酔の副作用について

歯医者さんの麻酔による『副作用』も実は存在します。あくまで可能性ですが、麻酔に含まれる成分も交えてこの章で説明していきます。

◆表面麻酔による副作用

歯医者さんで使われる表面麻酔は主に「ハリケイン」と呼ばれる「アミノ安息香酸(あんそくこうさん)エチル」という成分でできた薬のことです。歯茎に塗るためのこの表面麻酔のフレーバーは、「バナナ味」などの口に入れても不快にならない味で作られています。

この「ハリケイン」の副作用として、以下のようなケースが考えられるのです。

・じんましん

・むくみ

・めまい

・眠気

・不安感

・興奮

・嘔吐

・メトヘモグロビン血症

こうした症状が仮に出た場合には、すぐに歯医者さんへ報告するようにしてください。

 

◆注射による麻酔の副作用

表面麻酔のあとに行う「浸潤麻酔」や「伝達麻酔」は「キシロカインカートリッジ」と呼ばれるものです。これには『アドレナリン』が含まれている関係で、注射をした際に副作用として、動悸が起こる可能性があるのです。

このような症状が起きる患者さんは、高血圧や心臓疾患のある方ですが、仮に症状が出た場合でも、安静にしておくことで改善されます。心配な方は、麻酔を受ける前に歯医者さんに事前に相談しておくようにしましょう。

6.麻酔が切れたあとの痛みを鎮める方法

治療後、麻酔が切れたあとの痛みを心配な方もいるでしょう。歯医者さんは、痛み止めとして処方する薬は主に「ロキソニン」です。処方される「ロキソニン」とほぼ同成分の薬が、市販の「ロキソニンS」になります。外出の時など痛みが強くなった場合は、薬局で購入することが可能です。頭痛や生理痛などにも有効と言われていますので、常備薬として保存して置くのもおすすめです。

市販の「ロキソニンS」

ロキソニンS

【出典】http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

7.特殊な麻酔の方法

歯医者さんの麻酔には、「笑気(しょうき)麻酔」と「静脈内鎮静法」という2つの特殊な方法で、痛みや恐怖心を和らげるやり方があります。この2つの特徴をこれから紹介していきます。

7-1 恐怖心も消せる「笑気麻酔」

治療の際、「亜酸化窒素」と呼ばれるガスを吸うことで頭がボーっとした状態になり、痛みだけでなく恐怖心も消すことができます。この亜酸化窒素の別名を「笑気(しょうき)」といい、ガスを吸うことでひきつった顔が笑った顔に見えるというところから、この麻酔のことを「笑気麻酔」と呼ぶのです。

笑気麻酔はすべての歯医者さんで取り入れているわけではありません。また、笑気麻酔だけでは麻酔効果は不十分なため、通常の麻酔と併用する必要があります。ただ、保険が適用されるため、費用は「1000円程」で済むという利点があります。

7-2 外科手術の際に行う「静脈内鎮静法」

鎮痛剤を静脈内に投与させることで痛みや恐怖心を軽減させるのが、「静脈内鎮静法」です。外科手術を行う際に使われるやり方で、全身麻酔と違うため、手術中に意識がある状態で行います。単に歯医者さんへの恐怖心が強い方だけでなく、嘔吐反射(おうとはんしゃ)が強い方にも適用されます。

また、手術中のストレスを緩和できるので、高血圧や糖尿病の方、心臓病の方にも適した麻酔の方法です。

ただ、静脈内鎮静法の効果が高いため、手術中は麻酔医が付き添い、管理した状態でなければいけません。治療後は1~2時間ぐらい休憩を取ったあとに帰宅する、という流れになっています。

保険が適用されないため、「5~10万円」の費用が掛かってしまいますが、手術後の痛みや腫れを抑制できるというメリットがあります。

8.まとめ

歯の麻酔について、細かく理解している方は少ないと思います。この記事では、歯の麻酔の種類とその特徴、麻酔が効きにくい状態とはどんな場合かといった、歯の麻酔に関するさまざまな情報をお伝えしてきました。治療に欠かせない麻酔について知ってもらうことで、早期治療へのきっかけになってもらえればと思っています。

また、QAサイトで歯医者さんに麻酔をする先生と、麻酔はしない先生の違いについて質問してる方がいます。ぜひ参考にしてみてください。

『麻酔』に関して歯医者案の回答を見る

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ