お悩み解決コラムその他

舌癌の治療法・初期症状!口腔癌の分類方法まで一から解説

舌癌

261view

口の中にできる癌を「口腔癌」と総称します。癌は全身のあらゆる場所にできるので、口腔内でも舌・歯肉・頬粘膜などいろいろな部位に発生する恐れがあります。ただ、部位ごとに発生確率は異なっており、特に発生頻度の高い口腔癌は舌癌です。

こちらの記事では「舌癌の一般的治療法」「代表的な初期症状」について解説しています。口腔内の健康に関心を持つきっかけとして、皆さんのお役にたてば幸いです。

1.舌癌の進行度に応じた「一般的治療法」を確認

舌癌の治療は、外科手術・放射線治療・化学療法を組み合わせておこないます。ただ、具体的な治療方法は、舌癌の進行度によって変わってきます。そこで、まずは進行度による舌癌の分類を確認して、その後に具体的な治療法を紹介することにしましょう。

舌癌の病期分類をおこなうためには、まず「TNM分類」を知る必要があります。そこで、まずはTNM分類の詳細を解説したいと思います。

1-1 TNM分類の方法とは…?

TNMは「Tumor(腫瘍)」「Lymph Node(リンパ節)」「Metastasis(転移)」の頭文字をとった表現で、癌の進行度を端的に表す指標となります。TNM分類を知るためには、「T」「N」「M」の3要素について理解しなければなりません。

T:腫瘍の大きさ

「T」は腫瘍の大きさを指しています。外科手術は「腫瘍を除去する手術」ですから、外科手術の規模はほぼ「T」の要素で決定づけられます。「治療方法への理解を深める」という意味では、特に重要性の高い要素と言えるでしょう。腫瘍の大きさは、T0~T4で表現されます。

【腫瘍の大きさ…分類基準】

T0…腫瘍が認められない
Tis…腫瘍が上皮内にとどまっている
T1…腫瘍の最大径が2cm以下
T2…腫瘍の最大径が2cmを超えて、4cm以下
T3…腫瘍の最大径が4cmを超える
T4a…「舌深層の筋肉」「骨髄質」「周囲の口腔粘膜」などに浸潤
T4b…「顔面の皮膚」「頭部」「喉の奥」などに拡大・浸潤

N:頸部リンパ節転移

「N」は所属リンパ節である「頸部リンパ節への転移状況」を示しています。リンパ節を通って癌が拡大する「リンパ節行性転移」を防ぐ(または止める)ための「頸部リンパ節郭清(けいぶりんぱせつかくせい)」を実施するか否かに影響を与える要素です。リンパ節郭清とは、リンパ節を取りのぞく手術になります。頸部リンパ節への転移は、N0~N3で表現されます。

【頸部リンパ節転移…分類基準】

N0…頸部リンパ節への転移が認められない
N1…腫瘍と同じ側の頸部リンパ節に転移(単発 / 3cm以下)
N2a…腫瘍と同じ側の頸部リンパ節に転移(単発 / 3cmを超え、6cm以下)
N2b…腫瘍と同じ側の頸部リンパ節転移(複数 / 6cm以下)
N2c…腫瘍と異なる側、または両側のリンパ節転移)(複数 / 6cm以下)
N3…6cmを超えるリンパ節転移

M:遠隔転移

「M」は血管を通じて遠くの臓器に転移する「遠隔転移の有無」を示しています。遠隔転移が認められる場合、残念ながら根治は望めません。積極的に医療行為をおこなう場合は、延命・疼痛緩和が主となります。場合によっては「QOLの維持・向上」を基軸とした医療に移行するため、ホスピスでのターミナルケア(終末医療)を視野に入れることも必要でしょう。遠隔転移の有無はM0~M1で表現されます。

【遠隔転移…分類基準】

M0…遠隔転移が認められない
M1…遠隔転移が認められる

1-2 TNM分類を踏まえた病期分類(Stage)

病期分類はStageⅠ~Ⅳで表現されます。5年生存率などのデータは病気分類に応じて示されることが一般的なので、多くの人が癌のStageを気にかけています。この項目では、TNM分類をふまえて、舌癌を含む口腔癌の病期分類基準を確認することにしましょう。

ちなみに、「M1(遠隔転移あり)」の場合、無条件でStageⅣcに分類されます。そのため、特に「M」に関する記述がない場合は「M0」を示しているものとご理解ください。

【口腔癌のStage分類】

Tis・N0→Stage 0
T1・N0→StageⅠ
T2・N0→StageⅡ
T3・N0 / T1~3・N1→StageⅢ
T4a・N0~2 / T1~3・N2→StageⅣa
T4b・N0~3 / T1~T4b・N3→StageⅣb
M1→StageⅣc

参照URL:http://jsco-cpg.jp/guideline/04.html

1-3 舌癌の進行度に応じた一般的治療法

舌癌の治療には外科手術・放射線治療・化学療法がおこなわれます。ただ、主としておこなわれるのは外科手術と放射線治療の2つであり、化学療法は「超選択的動注(腫瘍に栄養を送っている血管に抗癌剤を注入)」が放射線治療と併用されるなど補助的に用いられます。また、腫瘍を切除して根治を目指すにあたっては、やはり「外科手術が治療の中心を占める」という認識が正しいでしょう。

さて、外科手術の規模を決定づけるのは「TNM分類」における「T:腫瘍の大きさ」の要素です。そこで、T1~T4における一般的な「外科手術の規模」を解説することにしましょう。

T1 / early T2 / late T2(表在型) / T3(表在型)

「舌部分切除」で根治を目指せます。腫瘍と「腫瘍の周囲」だけを切除するのが、舌部分切除です。舌の変形はあるものの、機能面ではほとんど問題ありません。入院を要するとしても数日、切除範囲が小さければ日帰り手術も可能です。

early T2(深い浸潤) / late T2(深い浸潤) / T3(深い浸潤)

「舌可動部半側切除」で根治を目指します。腫瘍ができた側の半分を切除するのが、舌可動部半側切除です。欠損部位を再建する治療もおこなわれるので、日常生活レベルの発音・嚥下に大きな影響はありません。味覚も保たれます。

T3(非常に深い浸潤)

「舌可動部全摘出」で根治を目指します。舌根を残し、舌をほぼ摘出する手術です。欠損分の再建もおこないますが、嚥下・発音には大きな障がいが残ります。味覚はある程度残りますが、流動食中心の生活になります。

T4

「舌可動部全摘出」または「舌全摘出」になります。いずれにしても、嚥下・発音には大きな障がいが残ります。

LateT2~T4・N0症例 / N1~3症例

「頸部リンパ節郭清」をおこない、頸部リンパ節を切除します。頸部リンパ節に転移がある場合(N1~3)はもちろんのこと、転移がなくても予防的に切除する例があります。具体的にはLate T2以上の腫瘍があるケースで、予防的切除がおこなわれます。

下顎骨・口底に浸潤している症例

「下顎合併切除」をおこない、腫瘍の浸潤部位を取りのぞきます。浸潤の程度に応じて「下顎辺縁切除」または「下顎区域切除」の適応になります。辺縁切除は「えぐるように切除し、下顎を真っ二つにはしない手術」で、区域切除は「下顎の一部を完全に切除し、左右の連結が保たれなくなる手術」です。

参照URL:http://jsco-cpg.jp/guideline/04_2.html

2.舌癌の代表的な初期症状は?

舌癌は早い段階で所属リンパ節に転移する傾向があるので、できる限り早い段階で発見することが大切です。早期発見ならば舌部分切除で済み、嚥下・発音・味覚へ影響しないよう根治させることも可能になります。

2-1 白斑病変

舌の辺縁(ふちどりの部分)に「表面が白くてざらざらする部分」があれば、白斑病変かもしれません。前癌病変(癌の一歩手前)または初期癌の疑いがあります。この段階では痛みがないので、見づらい部分の白斑病変は発見するのが難しい場合も多いです。

2-2 潰瘍形成

舌の一部に「裂け目」「穴」のような部位があれば、潰瘍の疑いがあります。この段階まで来ると持続的な痛みを伴うことも多いです。「治る気配のない口内炎」を見かけたら、舌癌を疑ったほうが良いでしょう。

3.まとめ

舌癌は口腔癌の中でもっとも発生頻度が高い癌です。とはいえ、鏡を見れば自力で発見できる可能性もありますから、わりと早期発見しやすい癌でもあります。「口腔内の状態に関心を持つ習慣」をつければ、癌を早期発見できる可能性もあるのです。

癌に限らず、すべての口腔トラブルを予防・早期治療するため、常に口腔内の健康状態を意識するようにしましょう。そして、何か違和感を覚えたときには、早めに歯科口腔外科に相談するように心がけてください。

ごうデンタルクリニック_舌癌

ページトップへ