虫歯

ひどい虫歯の治療法と費用+虫歯がひどくなると起きる悪影響

6,473view

ひどい虫歯で歯がボロボロ。けれど歯医者に行くのも恥ずかしい、人前で口を開けるのも躊躇してしまう。それに歯医者は怖いし…という方もいるかもしれません。また、自分の虫歯が治療可能なのか、可能であるなら治療費はどのくらいかかるのか、ひどい虫歯は抜歯しなければならないのかなど、不安は尽きないものです。

一昔前までは、ひどい虫歯といえば「抜歯」しなければいけませんでしたが、最近では医療技術も進化し、抜歯をせずに「歯を残す」治療法が主流となっています。個人差はありますが、かなりひどい虫歯でも治療は可能となっています。

この記事では、ひどい虫歯の治療法と費用について紹介しています。また、虫歯に関する正しい知識も記載していますので、自分に合った治療法を見つけてみてください。

1.ひどい虫歯の治療法

1-1 抜歯の可能性のある治療法

通常、虫歯菌が神経のある「歯髄腔」まで感染している場合は、抜髄が必要になります。また、場合によっては抜歯の可能性もあります。

虫歯で歯を抜く場合は、髄床底(ずいしょうてい)という歯の床にあたる部分まで虫歯になり、このままだと歯が割れてしまうという場合です。

もし、抜歯した場合、失った歯の機能を取り戻すための治療があります。以下で紹介していきます。

部分入れ歯

ブリッジが適用できないが、歯を残したい場合に有効な治療法として、残っている歯に金属などの止めがね(クラスプ)で人工歯を取りつけます。

メリット

  • 取り外しが可能
  • 保険で安価に作れる
  • ほとんどの症例で有効

デメリット

  • 金属のクラスプをかけるので見た目が悪い
  • 噛む力が弱く、違和感がある
  • 定期的な調節が必要
  • 金属以外のクラスプの場合は保険外となり高価になる

ブリッジ

抜いた歯の両隣の歯を削って土台を作り、橋のように両隣から人工歯でつなげる治療法です。

メリット

  • 保険が適用され安価
  • 見た目もよく違和感が少ない
  • 天然歯とそれほど変わらない

デメリット

  • 土台となる健康な歯を削るため歯の寿命が短くなる
  • 保険の場合は変色しない材料は使用不可で、前から3番目までしか白い材料が使えない
  • 保険外では白い材料が使用できるが高価になるなど

インプラント

人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、上部に義歯をつける治療法です。

メリット

  • 残っている歯に負担がかからない
  • 歯を削らずに治療が可能

デメリット

  • インプラントを埋め込むための手術を受けなければならない
  • 高額な治療費がかかる
  • 治療期間が長期にわたる場合がある
  • 感染に弱い

1-2 抜歯しない治療法

抜歯をしなくてもいい状態

歯の中にある神経や血管が通る「歯髄腔」まで虫歯菌が侵入している場合でも、感染の度合いにより抜歯しないことがあります。このような場合は、歯髄(神経)を取り除いて歯の中(根管)をきれいにして消毒する「根管治療」を行います。

神経を取り除かなければならない状態

①虫歯が深く、歯髄(神経)にまで達している

②すでに歯髄(神経)が腐敗している

③歯髄(神経)がひどい炎症を起こし、激しい痛みがある

上記のような状態の場合、歯髄(神経)を取り除いた治療が必要となります。放置すると歯の中に膿が溜まり、突然激しい痛みを感じることもあるため注意が必要です。

根管治療後の治療

根管治療の後の療法を以下で紹介します。

クラウン法

虫歯による歯冠の欠損が大きい場合に適用。根管治療をした8割の人がこの療法を用います。

硬質レジン前装冠:前歯のみ保険内

オールメタルクラウン:奥歯のみ保険内

オールセラミックスクラウン:全額自己負担

CAD/CAM

インレー法

奥歯の歯冠の欠損が中程度の場合に適用。前歯に入れることはありません。

レジン法

歯冠の欠損が小さい場合に適用。前歯でも奥歯でも可能。

1-3 ひどい虫歯でも抜歯をしない最新治療

10年ほど前までは、ひどい虫歯は抜歯して義歯にする方法が主流でしたが、現在ではより多く自分の歯を残すという方向で技術が進んでいます。

クラウンレングスニング治療

クラウンレングスニングとは、歯茎を少し下げて歯茎の下にある健康な「歯根」の部分を出すことで土台となる部分を確保し、歯冠は被せものを作る治療法です。

歯冠がほとんど無くなり歯茎が覆いかぶさった状態になるひどい虫歯では、土台が作れずに抜歯しなければなりませんでした。

しかし、クラウンレングスニング治療を適用すれば、抜歯をせずに治療が可能となります。

エクストルージョン治療

エクストルージョンとは歯科矯正を応用した治療法で、矯正力で歯を引っ張り「歯根」を出すことで土台となる部分を確保し、歯冠は被せものを作る治療法です。

 

2.ひどい虫歯の治療費

2-1 虫歯の数と状態により異なる

虫歯の本数あるいは深さには個人差があるため、治療費に関しては具体的な数字をあげるのが困難となります。もちろん虫歯がひどければ治療が長くなり、治療が長くなれば治療費も高くなるといえるでしょう。

根管治療が必要な場合、土台を作る治療では虫歯1本の治療費は保険内で4,000円~1.5万円程度、保険外で2万~20万円が目安となります。

また、抜歯する治療では保険内で7,000円~3万円程度、保険外で5万円~50万円が目安です。あくまでも目安となりますので、実際の治療費には差異が出るかもしれません。

2-2 「保険」が使える治療と使えない治療

虫歯の治療には、「保険診療」と「自由診療」があります。歯科治療ではほとんどが保険内で治療できますが、全てではありませんの注意してください。

「保険内」と「保険外」の違い

保険適用の治療は、国の制度の基で行っていく治療です。そのため、保険内の治療ではあらかじめ材料や治療法が決まっているのに対し、自由診療では制限なく治療が受けられます。しかし、自由診療は保険が適用されないということになりますから、治療費を全額負担しなければなりません。

保険外の歯科治療

予防:保険は治療が必要とされる病気に対する保障となるため、予防のためだけには使えない

審美治療:最低限の治療を保障する保険では、見た目を重視したインプラントや奥歯の白いクラウン、ホワイトニング、矯正などは適用外

最新治療:ほとんどの先進医療や最先端医療は保険適用外

2-3 高額な歯科医療費は医療費控除で還付

医療費控除とは、本人あるいは家族が1年間に支払った医療費が10万円を超える場合に、確定申告で税金の還付が受けられる制度のことです。もちろん、歯科治療で10万円を超えれば対象となりますが、全ての治療が対象となるわけではなく、審美目的の場合は除外されます。

医療費控除の対象となる歯科治療

  • 保険外のクラウンや入れ歯など
  • インプラント
  • 矯正
  • エムドゲインなどの保険外治療
  • バス・電車などの交通費(ガソリン代は除く)

医療費控除の申請について

申請期間:毎年2月16日~3月15日 但し、期限日(3月15日)が土曜日の場合は翌々日、日曜日あるいは祝日の場合は翌日まで申請可能

申請先:所轄の税務署

申請に必要なもの:1年分(申請の前年1月1日~12月31日)の家族の医療費領収書、交通費のメモ(氏名・理由・日付、交通機関など)、印鑑、源泉徴収票

医療控除のヒント

医療費控除は家族で一番所得が高い人が申請をする方が、より高い節税効果があるためお得になります。また、申請するのを忘れてしまった場合でも、5年以内であれば申請が可能となっているので諦めずに申請しましょう。

3.虫歯をひどくする原因とひどい虫歯による弊害

虫歯の原因は「歯垢(プラーク)」です。歯垢は食べカスではなく細菌の塊で、この細菌が口の中の糖を分解して作る「酸」が歯の表面を溶かしてしまいます。一度溶けた歯は自然治癒することはありませんので、早めの治療が大切なのです。

放置しておくと虫歯はひどくなる一方です。この章では、虫歯をひどくしてしまう原因と虫歯がひどくなることで起きる弊害を紹介していきます。

3-1 ひどい虫歯を引き起こす「歯科恐怖症」

歯科恐怖症とは、過去の不快な治療経験がトラウマとなり、治療だけでなく歯科自体に恐怖を感じ、心と体が過剰反応する現象です。ひどい場合は、緊張で極度の脂汗をかいたり、震えが止まらなくなったり、呼吸困難を起こしたりすることもあります。

そのため、歯科恐怖症の方は虫歯があっても痛みがあっても歯科治療を後回しにしてしまい、ひどい虫歯を引き起こすことが少なくありません。虫歯がひどくなれば、それだけ治療にも時間がかかり、歯科恐怖症の方にとっては悪循環となるばかりです。

しっかり治療するためには、この悪循環を断ち切り、心と体の過剰反応を修正する必要があります。最近では「無痛治療」を取り入れている歯科も増えているので、上手く活用して歯科恐怖症を克服しましょう。

3-2 ひどい虫歯による弊害

ひどい虫歯は歯髄まで細菌感染が広がっている場合が多く、根管治療が必要なケースも少なくありません。根管治療には時間がかかり、精神的にも金銭的にも負担が大きくなります。

また、体調を崩したときや抵抗力が衰えたときに歯の痛みや腫れが出ることが多く、ひどい虫歯が引き金となり口内から細菌が体内に入り込んで病気を引き起こす場合もあります。

これらの弊害を避けるためにも、ひどい虫歯は放置せずに治療するようにしましょう。

4.虫歯治療後の注意点

4-1 虫歯のできにくい環境を作る

虫歯のできにくい環境を作ることが大切です。まず、口の中の歯垢(プラーク)=細菌を減らすことを心がけましょう。

「プラークコントロール=歯磨き」と思われがちですが、歯磨きで全てのプラークを取り除くことはできません。デンタルフロスや歯間ブラシなども使用して、口内を清潔に保つことが大切です。

4-2 定期健診を受ける

ひどい虫歯を治療した後は、再発しないように3~6カ月毎に定期健診を受けることをおすすめします。虫歯の有無、歯のクリーニング、歯石取り、フッ素塗布などのメンテナンスを受けることが可能です。

通常、メンテナンスは保険外の治療となり、1回あたりの費用は5,000円~1万円前後が目安となります。

5.まとめ

ひどい虫歯でも治療は可能な上、医療技術も進化して抜歯をせずに自分の歯を残すこともできるようになってきています。費用に関しては一概にいえませんが、虫歯の状態と予算、保険内でできる治療とできない治療を考慮し、歯科医と相談の上で治療を進めることが大切です。

また、高額な医療費を支払った場合は、医療費控除を申請して賢く還付を受けましょう。さらに、虫歯に関する知識を身につけ、ひどい虫歯の再発を防ぐようにすることも重要です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ