顎関節症を招く5つの原因!顎が痛むメカニズムも解説

33,964view

「口を開けるとき、顎がカクッとして違和感がある」「顎に痛みが出る」「顎から雑音が聞こえる」などの症状を総称して「顎関節症」と呼びます。決して珍しい病気ではなく、疫学的統計によれば、人口の70~80%が「顎関節に何らかの問題を抱えている」と考えられています。

こちらの記事では、「顎関節症の原因・メカニズム」を解説しています。「顎に違和感がある…」という人のために、「顎関節症の疑いがどの程度あるか」を推し量るためのセルフチェック表も掲載しているので、ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

1.痛みの原因は、顎関節症? まずはセルフチェック!

この記事を読んでいるということは、「顎の違和感・痛み」に悩んでいるのだと思います。「もしかしたら顎関節症かも…」と不安に感じているのではないでしょうか? 当然、確定的な診断を受けるには、きちんと医療機関を受診する必要があります。ただ、「顎関節症の確率が高いかどうか」の簡易セルフチェックであれば、web上で可能です。

漠然と心配していても致し方ありませんから、まずは「簡易セルフチェック」を実施してみませんか? 以下のセルフチェック表を確認して、「症状」「原因」のそれぞれに当てはまる要素があるなら、顎関節症の疑いを念頭に置いたほうが良いでしょう。特に(★印)のついた項目に当てはまっているようなら、顎関節症である確率が高いです。

【顎関節症の症状があるか!? ~セルフチェック表】

◆口を動かしたとき、特に大きく開けようすると痛みを感じる
◆痛みを感じるのは、「耳の前」「こめかみ」「頬」のいずれかである
◆口をスムーズに開閉できず、引っかかりを感じる
◆リンゴを丸かじりしたり、大きなあくびをしたりが困難である
◆常日頃から、肩こり・頭痛に悩まされている
◆3本指(人差し指・中指・薬指)を縦にそろえて、口に入れることができない(★)
◆口を大きく開閉すると、「カクッ」「ピキッ」などの音がする(★)
◆下顎を左右に動かすと、「ピキッ」「ジャリッ」などの音がする(★)

【顎関節症の原因があるか!? ~セルフチェック表】

◆今、上下の歯が接触している(本来、2~3mm離れているのが正常)
◆睡眠中の歯ぎしりを指摘された経験がある
◆ふとした拍子に、歯を食いしばっていることがある
◆左右のどちらか一方でばかり噛む癖がある
◆ふだん、精神的ストレスを感じることが多い

2.顎関節症の原因は? 顎を痛める5つの悪習慣

顎関節症は、「1つの明確な原因により発症する」というものではありません。虫歯なら「虫歯菌」、インフルエンザなら「インフルエンザウイルス」と原因をあっさり特定できる疾患もありますが、顎関節症はそうではないのです。

そうはいっても、「顎関節症を発症しやすくなる原因(リスクを高める生活習慣)」はいくつか知られています。この章では「顎関節症の発症・悪化リスクを高める原因」を5つ紹介したいと思います。

2-1 歯列接触癖(TCH)

本来、何もしていないとき、上下の歯は少し離れています。だいたい2~3mmほど離れているのが普通で、この隙間を「安静時空隙(あんせいくうげき)」と呼びます。

そもそも、上下の歯が接触する(噛み合う)必要があるのは、「食べ物を噛むとき」と「会話で口を動かしているとき」くらいです。何もしてないとき、わざわざ歯に圧力をかける必要などありません。そのため、上下の歯が接触している時間は、「1日あたり合計20分未満」が適正とされています。

しかし、人によっては「常に上下の歯を噛み合わせる癖」「頻繁に上下の歯を接触させる癖」を持っている場合があります。このような癖のことを「TCH」と呼ぶのです。TCHは歯・歯周組織・顎関節にダメージを与える悪習慣であり、さまざまな口腔トラブルを招く原因となります。

2-2 歯ぎしり・食いしばり

人間の噛む力は想像以上に強く、普通に噛むだけで「体重と同程度の圧力」がかかります。そして、歯ぎしり・食いしばりなど、不自然に強い力を加えているときは、体重の約2倍に相当します。

歯ぎしり・食いしばりの癖があると、歯・歯周組織・顎関節に(体重50kgと仮定して)100kg相当の圧力をかけることになります。歯ぎしり・食いしばりを繰り返すことで、ダメージが蓄積するのは間違いありません。

特に睡眠中の歯ぎしりに注意してください。無意識のうちに強い力がかかりますので、歯・歯周組織・顎関節へのダメージは相当のレベルです。睡眠中の歯ぎしり(睡眠時ブラキシズム)が疑われる場合、歯科医院で歯ぎしりの力を分散するマウスピース(ナイトガード)を作ってもらったほうが良いでしょう。

2-3 偏咀嚼(左右片方でばかり噛む習慣)

左右のどちらか一方でばかり噛む癖がついていると、顎に負担がかかりやすくなる…と考える歯科医師も多いです。片側の咀嚼筋が緊張する一方、反対側が緩みがちになり、顎のバランスが崩れる…と考えられています。

ただ、偏咀嚼に関しては「左右の筋肉は連動しているので、それほど影響はない」と考える歯科医師もいるようです。

2-4 横向き寝・頰づえなどの悪習慣

「毎日、同じ側を下にして、横向きに寝ている」「同じ側でばかり、頻繁に頰づえをついている」といった悪習慣も、顎関節の負担を増やすと考えられています。日常的に同じ方向から押されることで、顎のバランスが崩れる…という理由です。

ただ、横向き寝・頰づえに関しても、「影響の大きさ」は諸説あります。近年は「TCH、歯ぎしりなどに比べれば、影響は限定的」と考える歯科医師が増えているようです。

2-5 神経質で、ストレスの多い環境にある

慢性的にストレスを受けていると、「睡眠時ブラキシズム(歯ぎしり)」の頻度が向上する…と考える人もいます。また、ストレス下に置かれていると筋肉が緊張しやすくなり、「顎関節を動かしている咀嚼筋がダメージを受けやすくなります。

「ストレスを感じない」というのは不可能だと思いますが、ストレスを溜めこまず、適度に発散できる生活習慣を心がけてください。

3.顎関節症には4つの種類が…!それぞれのメカニズム

顎関節症という用語は「スムーズに口が開かなくなったり、顎関節に痛みを感じたりする症状」の総称です。そのため、顎関節症の原因・メカニズムは1つではありません。人によって、顎関節症の原因・メカニズムは異なるのです。

とはいえ、「100人いれば100通り…」というわけではありません。顎関節症の発症メカニズムは、4種類に大別することができます。この章では、4種類の顎関節症それぞれに関して、発症メカニズムを解説することにしましょう。

3-1 咀嚼筋障害(1型顎関節症)

顎関節を動かしているのは、「咀嚼筋」と呼ばれる筋肉です。咀嚼筋障害は「咀嚼筋の痛み・コリが原因で、顎関節症の症状が出た状態を指します。「口を開くと痛む(開口痛・開口困難)」が主な症状で、悪化すると肩こり・頭痛・手のしびれなどを伴うこともあります。あくまでも筋肉が原因なので、「関節から音がする」という症状はありません。

3-2 顎関節痛障害(2型顎関節症)

関節は「骨と骨が結合した場所」です。結合部であるには、骨以外の軟部組織も存在しています。骨同士をつなげている「靱帯(じんたい)」、関節を覆っている「関節包」などが、関節の軟部組織です。顎関節痛障害は、靱帯・関節包などの軟部組織が損傷を受けた状態を指します。顎関節を捻挫した状態…と表現するのが、わかりやすいでしょうか。軟部組織が原因なので、やはり「関節の雑音」は生じません。

3-3 関節円板障害(3型顎関節症)

関節は「骨と骨が接して、動く構造」になっています。しかし、骨同士が直接擦れ合うことはありません。骨同士が擦れるようでは、痛くて関節を動かすことなど不可能です。そのため、関節には「骨と骨の間を埋めるクッション材」が存在しています。膝関節であれば、軟骨・半月板がクッションの役割です。

顎関節でクッションの役割を果たしているのは、「関節円板」と呼ばれるものです。側頭骨と下顎骨の隙間で、クッション材として機能しています。関節円板障害は、「関節円板の位置がずれて、顎関節がスムーズに動かなくなった状態」です。

ほとんどの場合、口を動かそうとすると、関節円板が本来の位置に戻ります。この状態を「復位性関節円板転位」と呼びます。復位性関節円板転位の人は、顎を動かしたときに「パキッ」「シャリッ」などの異音が聞こえます。この異音は「ずれている関節円板が本来の位置に戻るときの音」です。

症状が悪化すると、口を動かそうとしても、関節円板の位置が戻らなくなることがあります。この状態を「非復位性関節円板転位」と呼びます。非復位性関節円板転位の状態では、口を大きく開けることができません。どう頑張っても2cm程度しか開かず、食事・会話さえ困難になります。関節円板障害による開口障害を指して、「クローズドロック」と呼んでいます。

3-4 変形性顎関節症(4型顎関節症)

長期間にわたるダメージが蓄積すると、「顎関節の軟骨が摩耗する」「骨自体が変形する」といった問題が起こります。レントゲン撮影で顎関節の変形が認められる場合は、変形性顎関節症と呼ばれる状態です。変形性顎関節症では「口を開くときに痛む」「口を開閉するときに異音が聞こえる」といった症状をきたすことがあります。

4.まとめ

顎に違和感・痛みがある場合、まずは顎関節症を疑う必要があります。セルフチェックなどをおこなって「顎関節症の疑いがある」と感じたのなら、早めに医療機関を受診するようにしてください。顎関節症の診療は、歯科医院・歯科口腔外科でおこなわれています。ただ、町の歯科医院には「顎関節症は専門外」というところも多いようです。「顎関節症の診療をしてもらえるかどうか」を事前に問い合わせると良いでしょう。

コージ歯科_顎関節症_原因

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ