歯の異変

歯が茶色に変色する7つの原因と歯医者での治療法+自宅ケア

47,192view

歯の色にはそもそも個人差があります。歯の形をつくる「象牙質(ぞうげしつ)」が本来の歯の色を決めていますが、一人ひとりの肌色が異なるように、象牙質の色も違うのです。肌色や髪色とのバランスがいい歯が、自分に適している色ともいわれています。

ただ、歯が茶色に変色してしまうトラブルも起こり得るのです。これにはさまざまな原因が考えられますが、変色の理由は主に7つ。いずれも日常的に、誰にでも起こる可能性があります。一体なぜ、歯が茶色になってしまうのか、この記事で詳しく説明していきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯が茶色く変色する7つの原因

1-1 ステインによる変色

ステインとは、歯の着色汚れのことです。象牙質は歯の表面の「エナメル質」に覆われていて、このエナメル質に、食べ物や嗜好品などの色素が付着・蓄積することが、ステインによる変色の理由です。

付着したばかりの色素は、歯みがきやうがいで取り除けますが、色素が付きやすいものを日常的にとっていると蓄積してしまい、簡単なケアでは落ちにくくなります。

ステインの元となる食べ物

コーヒー、紅茶、赤ワイン、チョコレート、カレーなど、色素の強い食べ物はステインの元です。例えば、コーヒーだと「タンニン」と「カテキン」、チョコレートだと「ポリフェノール」によって歯が着色されます。これらの食べ物をとったあとは蓄積を少しでも防ぐために、簡単な口内ケアを心がけましょう。

1-2 加齢による変色

歳を重ねると肌の老化と同じように、象牙質が厚くなったり、エナメル質が黄ばんだりして、歯は茶色に変色します。これは加齢による変化であり、どうしても防ぐことはできません。

ただ、変色の度合いには個人差があります。治療は、漂白などで本来の色に近づける、もしくはより白くするといった方法を用いるのが一般的です。

1-3 脱灰による変色

脱灰(だっかい)とは、歯が溶けることです。食べ物などに含まれる糖が、歯のエナメル質に作用して生じます。逆に溶けた歯を修復することを「再石灰化(さいせっかいか)」といいますが、実は脱灰と再石灰化は日常的に繰り返されているのです。

このバランスが上手にとれていると健康的な口内を維持できますが、甘いものを食べ過ぎたりしてそのバランスが崩れたとき、脱灰のみが起こり続けて歯が変色してしまいます。

また症状が悪化すると「虫歯」になることから、虫歯の初期症状ともいわれます。脱灰は、丁寧なブラッシング、また再石灰化を促す治療などで抑制可能です。

1-4 虫歯による変色

脱灰が進行し、穴が開くなどの虫歯になると、菌の繁殖によって歯が茶色に変色します。さらに悪化すると黒色に変化するケースもあるために、気づいた段階で早期の解決を目指してください。

治療法として、菌が繁殖している箇所を削ったり、詰め物をしたり、人口歯を取り付けたりします。

1-5 歯の神経の死滅による変色

虫歯治療や外的要因による損傷で歯の神経が死滅した場合、神経が通っていない歯には十分な栄養が届かなくなるので、少しずつ茶色へ変色していきます。

ブラッシングなどの簡単なケアでは元の色に戻すことは難しいために、治療では漂白などの方法を用いるケースが多いです。

1-6 抗生物質による変色

抗生物質による変色は、「テトラサイクリン」を原因とするケースがほとんどです。呼吸器疾患、皮膚疾患、ニキビの治療薬などに含まれている物質であり、歯が生える時期(0~12歳)に摂取すると、歯が茶色、紫色、黒色などに変色する可能性があるといいます。

妊娠中に母親が服用していたことで、子供の歯が変色することもあるようです。テトラサイクリンが象牙質の形成に影響しているため、漂白治療をしてもさほど効果が現れないとされますが、症状が軽度であれば一定の効果は見込めます。

1-7 詰め物の劣化による変色

詰め物を長期間使用していると、経年劣化や色素沈着により変色します。表面を磨けば元の色に近づけることもできますが、内部まで変色しているケースが多く見られます。

治療法として詰め物自体を取り替えるのが一般的です。ただ、詰め物の性能は年々進化しており、新しいものほど劣化が起こりにくくなっているといわれています。

2.歯医者さんで行う茶色くなった歯の治療法

2-1 クリーニング

エナメル質に付着した汚れを落とし、本来の歯の色を取り戻す治療です。ステインが原因の変色であれば、クリーニングがもっとも効果的な手段になるでしょう。

ただ、あくまで本来の歯の色にする治療であり、人によってはイメージしていたような色にならないかもしれません。

2-2 ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の色素を分解し、科学的に脱色する治療法です。歯にホワイトニング専用の薬剤をぬり、レーザーなどの光を当てて歯を白くしていきます。

歯の表面にこびりついたステインなどの着色汚れが気になる場合はもちろん、加齢や神経が死んでしまった歯を白くしたい場合など、幅広いお悩みを解決できる場合もあるので、困ったときはホワイトニングの施術も検討してみてください。

ただし、「ハッキリとした白さ」を手に入れたい場合には、歯の表面にセラミックを貼り付ける『ラミネートベニア』や、『クラウン』を被せる施術をおすすめします。

2-3 コーティング

歯の変色している部分に白いコーティング剤を塗る治療です。変色が進行していて、ホワイトニングなどでも大きな効果が見込めないときに用いられます。

「歯のマニキュア」といわれることもありますが、そのイメージにかなり近いです。変色が濃い場合は、歯の表面を少し削ってから治療することもあります。

2-4 セラミック

本物の歯と見分けが付かないほど精巧につくられた、人口歯(じんこうし)を取り付ける治療です。虫歯が進行している、神経が死滅した、抗生物質で変色したなど、改善が難しい原因で変色が生じているときに採用します。

従来、人口歯といえば銀歯でしたが、一見すると人口歯だと分からないために、セラミック治療を望む患者は多いようです。

ただ、セラミックにも金属の被せものにセラミックを付けた「メタルボンド」と、すべてセラミックでつくられた「オールセラミック」などの種類があります。担当医と相談の上、自分に合った方法で治療を行ってください。

3.歯の変色を防ぐ自宅ケア

3-1 ステインの元となる食べ物を控える

ステインの元であるコーヒーやチョコレートなどの食べ物を控えることが、歯の変色を予防するひとつの方法です。色素が付着・蓄積しにくくなるので、意識的に取り組めばいつまでもキレイな歯でい続けられるかもしれません。

ただ、すべてを控えるのは大変なことです。たとえば、ステインが付きやすい食べ物をとった後はうがいを必ずする、などのケアを習慣化すれば、汚れを最小限におさえられます。

3-2 喫煙を控える

よく知られているように、歯の変色の原因となりやすいのが「タバコ」です。タバコに含まれるヤニによって色素沈着が進行し、少しずつ歯は茶色に変色してしまいます。

喫煙が習慣化しており、歯の変色に悩んでいる人はやはり、喫煙を控えることが改善の近道になるでしょう。

3-3 ステイン除去用の歯みがき粉を使う

近年、ステイン除去用の歯みがき粉が続々と登場しており、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで手軽に購入できるようになりました。

ステインを落とす成分が含まれているので、毎日のブラッシングに用いれば変色予防になり得ます。

ちなみにブラッシングの際、あまりに強い力で磨くと歯の表面が削れてしまい、ステインが付着しやすくなるため、できるだけ優しく磨くようにしてください。

4.まとめ

歯の変色は、誰にでも起こり得る口内トラブルです。ただ、変色の予防として日ごろから取り組めることは多いために、手を出しやすいところから試してみてください。

また、既に変色に悩まされている人は、変色の原因に合った治療法をきちんと理解し、担当医の元で最適なケアを行いましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ