矯正中におすすめの歯ブラシを紹介! 毛束が三角形のブラシとは?

矯正中におすすめの歯ブラシを紹介! 毛束が三角形のブラシとは?

歯科矯正をしている人の中で“歯ブラシでうまく汚れがとれない”とお困りの方もいると思います。長い治療期間中に歯をうまく磨くことができないと、口腔内の環境を悪くしてしまうのではないかと不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

歯ブラシの専門店「Megadent(メガデント) 銀座店」に伺い、歯科矯正中の方でも磨きやすい歯ブラシについて調査しました。メガデント銀座店とは、日本では珍しい歯ブラシ・デンタルグッズの専門店です。今回は、店長である酒向淳(さこうじゅん)さんに、矯正中の方でも磨きやすい歯ブラシがあるのかを調査いたしました。

歯科矯正をしている方は参考にしてみてください。

この記事の目次

①歯科矯正中の方におすすめの歯ブラシとは?

①-1:歯科矯正中は三角形の歯ブラシを!

※三角形の歯ブラシ

歯科矯正中の方には、歯ブラシの毛束が三角形になっている形状のタイプを推奨しています。

歯科矯正中は、汚れがたまりやすい歯科矯正器具の、特にブラケット周りを集中して磨く必要があります。しかしワイヤーの下のブラケット周りに毛先を十分に届けるのは、とても難しいです。

そこでワイヤーの下に毛先を潜り込ませやすい三角形が必要になるのです。

①-2:あまり時間をかけられない時はU型の歯ブラシを

※U形の歯ブラシ

歯を磨くのにあまり時間をかけられない時は、U型の歯ブラシもおすすめです。

U型とは、ブラケットにブラシが当たらないよう、ブラシの真ん中がくぼんでいる歯ブラシのことです。

そのため、歯科矯正器具の上から磨くことができます。

ブラケットの上からゴシゴシ磨くことができるので、時間の節約になります。

使用上の注意点

今回紹介をした歯ブラシのどちらも、矯正器具が装着している歯面専用です。

つまり器具が装着されていない反対側は十分きれいにならないため、ワイヤーなど矯正器具がついている側は歯科矯正用歯ブラシで磨き、器具がついていない反対側は通常使用している歯ブラシを使用しましょう。

歯の教科書 編集部まとめ

歯科矯正中は矯正器具をつけているので、食べ物が挟まりやすいですよね。だからこそ、汚れを落とすための努力が必要です。2種類の歯ブラシを使用して、きれいな口腔環境を保ちたいですね。

執筆者:歯の教科書 編集部

執筆者:歯の教科書 編集部

歯の教科書では、読者の方々のお口・歯に関する“お悩みサポートコラム”を掲載しています。症状や原因、治療内容などに関する医学的コンテンツは、歯科医師ら医療専門家に確認をとっています。

矯正中におすすめの歯ブラシを紹介! 毛束が三角形のブラシとは? 2020-03-13T18:02:12+09:00
歯の教科書ロゴ
ページトップへ