口内炎が舌にできた場合の治し方は?種類別で見る病変の知識・総まとめ

口内炎_舌

870view

悪化すると、食事をするのさえ困難なほど痛むのが、口内炎です。中でも、舌に口内炎ができた場合は痛い思いをすることが多くなります。舌は「食べ物を飲み込む動き」にも関与しているので、「舌が食べ物に当たらないように食べる」というのは現実的ではありません。

こちらの記事では、「舌に発生する口内炎」の種類をまとめ、それぞれの治療法を解説しています。また、「口内炎と間違いやすい病変」についても触れているので、あわせて参考にしていただければ幸いです。

1.「舌に発生する口内炎」の種類・治療法

「口内炎」というのは、口腔粘膜に生じる炎症の総称です。「口内炎という名前の1種類の病気」が存在するわけではありません。口内炎には、さまざまな種類があるのです。そこで、この章では「舌に発生する口内炎の種別」を解説することにしましょう。

舌に口内炎ができた女性

1-1 アフタ性口内炎の特徴

アフタ性口内炎は、口内炎の中でもっとも一般的なものです。外見的には2~6mm程度の白斑で、患部はやや窪んでいることが多いです。物理的刺激のほか、「からいもの」「酸っぱいもの」など刺激の強い食べ物が触れると、鋭い痛みを覚えます。同時に発生するアフタ性口内炎は1~3個が一般的ですが、それ以上になる場合もあります。

アフタ性口内炎の原因

明確な発症メカニズムはわかっていません。ただ、「疲労」「睡眠不足」「過度のストレス」などで免疫力が低下していると、発症しやすくなると考えられています。また、「ビタミン・鉄分の不足」「舌への物理的刺激」などもアフタ性口内炎を誘発するようです。

アフタ性口内炎の治療

基本的には、1~2週間で自然治癒します。ただ、同時にいくつものアフタ性口内炎が発生した場合などは、医療機関を受診したほうが良いでしょう。医療機関では、治癒を早めるために「ステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)」「非ステロイドの消炎剤(トラネキサム酸など)」が処方されます。

1-2 カタル性口内炎の特徴

赤色の口内炎ができている場合、多くがカタル性口内炎です。舌に赤い斑点が生じ、全体的に赤っぽくなります。斑点の境界線はぼやけていて、輪郭がはっきりしません。熱感(ひりひりと熱っぽい感覚)と痛みがありますが、それほど強い痛みではありません。別名で「紅斑性口内炎」と呼ばれることもあります。

カタル性口内炎の原因

「舌への物理的刺激」「不衛生な口腔環境」が原因になると考えられています。「尖った歯が舌に当たっている」「詰め物・かぶせ物の不適合」「矯正器具の金具が当たる」など舌に慢性的刺激があると、カタル性口内炎の発症率が上がります。また、口腔ケアを怠り、雑菌が繁殖している場合も発症率が上がる傾向にあるようです。

カタル性口内炎の治療

だいたいの場合、1週間~10日で自然治癒します。「イソジン」「コンクール」など市販のうがい薬で口腔内を殺菌・消毒し、適宜、抗生物質の軟膏を塗布すると、より治癒が早まります。医療機関を受診した場合も、外用薬による対症療法がおこなわれます。

1-3 ウイルス性口内炎の特徴

発熱・倦怠感などの全身症状を伴い、口腔内に多数の発疹が出ている場合はウイルス性口内炎を疑ってください。舌・口腔・喉に水疱ができて高熱を伴う「ヘルペス性口内炎」、口腔内だけでなく手足にも発疹が出る「手足口病」、発熱があり喉の奥に発疹が出る「ヘルパンギーナ」などが主なウイルス性口内炎です。

ウイルス性口内炎の原因

当然ながら、原因はウイルスへの感染です。ヘルペス性口内炎は「単純ヘルペスウイルス1型」、手足口病は「エンテロウイルス属の複数ウイルス」、ヘルパンギーナは「コクサッキーウイルス」が原因となります。

ウイルス性口内炎の治療

ヘルペスウイルスは「アシクロビル」「ビダラビン」などの抗ウイルス薬を用いて治癒を早めることができますが、手足口病とヘルパンギーナには有効な抗ウイルス薬が存在しません。対症療法で諸症状を抑えながら、回復を待つことになります。

2.口内炎と間違えやすい「舌の病変」

口内炎であれば、「自然治癒を待つ」という選択肢も有力ですが、世の中には「口内炎と間違いやすい重病」も存在しています。この章では、「口内炎と間違えやすい主な病変」を解説したいと思います。

2-1 白板症

舌の一部が白く変色し、盛り上がっている…という場合、白板症を疑ってください。擦っても取れることはなく、だんだん大きくなることもあります。白板症は代表的な前癌病変(癌になる前触れ)とされており、3~5%が癌化すると考えられています。白い口内炎が2~3週間経過しても治癒しない(小さくもならない)という場合は、歯科口腔外科を受診したほうが良いでしょう。

2-2 紅板症

舌の一部が赤く盛りあがり、粘膜が薄くなっている…という場合、紅板症の恐れがあります。表面はつやつやしていることが多いです。前癌病変であり、こちらは約半数が癌化すると考えられています。赤く盛り上がった口内炎が2~3週間待っても改善しない場合、紅板症かもしれません。早急に歯科口腔外科を受診するようにしてください。癌化するリスクが高いので、多くは外科切除になります。

2-3 舌癌

口内炎のようなデキモノが2~3週間経過しても改善せず、以下のような外見的特徴を有している場合、舌癌の恐れがあります。

・不定形の隆起がだんだん大きくなっている
・一部が潰瘍のようにえぐれている
・粘膜の表面が荒れて、ただれている

舌癌は舌の真ん中ではなく、縁どり部分に発生することが多いです。舌の左右に「不定形の病変」を見つけた場合は、早急に歯科口腔外科を受診してください。

3.まとめ

舌に発生する口内炎・病変にはさまざまな種類があります。中には「前癌病変」というケースもありますから、「口内炎らしき病変」ができたときは注意深く経過観察するようにしてください。目安として、2~3週間で治癒する気配がなければ、歯科口腔外科を受診するべきです。

ごうデンタルクリニック_口内炎_舌

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
コメント(オプション):
ページトップへ