冷たいものがしみる!虫歯・知覚過敏の症状かも…?

冷たいものがしみる

1,034view

アイスクリーム・かき氷といった冷たい食べ物を口に入れた瞬間、歯に激痛が走った経験はありませんか? このように「冷たいものがしみる」という形で口腔トラブルに気づく例はよくあります。

さて、冷たいものがしみる場合、虫歯・知覚過敏の両方を疑う必要があります。こちらの記事では、虫歯・知覚過敏の症状・治療法を解説することにしました。冷たいものがしみる…と感じたときの参考にしてください。

1.冷たいものがしみる要因は…?

冒頭に示したとおり、冷たいものがしみる原因は2通りが考えられます。歯に痛みが生じる2大要因―虫歯と知覚過敏です。まずは、虫歯と知覚過敏のそれぞれについて基礎知識を確認することにしましょう。

1-1 虫歯で冷たいものがしみる

「歯の痛み」を引き起こす原因の代表格は、もちろん虫歯です。実際、歯が痛いとき、最初に頭をよぎるのは「虫歯かな…?」という一文だと思います。ひょっとすると、「虫歯なら何もなくてもズキズキ痛むのでは?」と思うかもしれません。しかし、進行具合によって、「冷たいもの・甘いものがしみる」という痛み方をする時期も存在するのです。

進行度別!虫歯の痛み方

まずは、虫歯の進行度によって「それぞれ、どのように痛むことが多いか」を確認することにしましょう。

C1 エナメル質齲蝕
歯の表面―エナメル質にわずかに虫歯ができた状態で、痛みはまったくありません。

C2 象牙質齲蝕
虫歯が象牙質に及んだ状態で、冷たいもの・甘いものがしみることがあります。何もしていないときには、痛みません。つまり、虫歯が原因で冷たいものがしみる場合、この段階である確率が高いです。

C3 歯髄の仮性露出
とうとう象牙質を突破され、歯髄(神経)が虫歯菌に感染した状態です。歯髄炎という炎症を起こしているため、何もなくてもズキズキと痛みます。このように、外部からの刺激がなくても痛むことを「自発痛」と呼びます。この段階になると「抜髄」といって神経を抜く処置が必要になることが多いです。抜髄した歯は10年ほど寿命が縮むと言われているので、なるべくなら、この段階に至る前に治療をおこなうべきです。

C4 残根
歯髄炎の果てに歯髄が死んでしまい、すでに痛みを感じることもなくなった状態です。歯を救うことは難しく、多くは抜歯になります。

虫歯で冷たいものがしみるなら、「C2」の段階

上述のとおり、「ふだんは痛くないけれど、冷たいものがしみる」という場合、「C2:象牙質齲蝕」の段階です。今なら虫歯治療の際、神経を抜く必要がありません。歯の寿命に大きな悪影響をもたらすことなく、虫歯の治癒を目指すことができます。

ちなみに、象牙質齲蝕になっていれば、外見的に「虫歯の穴」を確認することが可能です。あるいは、舌先で触れたとき、触覚的に虫歯の存在を知覚することができます。つまり、虫歯が原因で冷たいものがしみるのであれば、「虫歯ができているかどうか」を自分で確認することが可能です。

1-2 知覚過敏で冷たいものがしみる

虫歯が見当たらないのに「冷たいものがしみる」という自覚症状があるなら、知覚過敏を起こしている疑いがあります。知覚過敏は自発痛がなく、「冷たいもの・甘いもの・物理的刺激」に対して「短く鋭い痛み」を感じるのが普通です。

なぜ、知覚過敏が起こるのか?

歯に穴があいているわけでもないのに、なぜ、冷たいものがしみるのでしょうか? 知覚過敏のメカニズムを簡単に解説することにしましょう。

さて、知覚過敏が起こる理由を知るためには、まず「歯の構造」を理解する必要があります。歯の構造は歯冠・歯根で少し異なりますので、歯冠・歯根それぞれの意味を含めて、解説したいと思います。

歯冠
歯本体のうち、歯茎より上の部分を指します。外側はエナメル質で覆われ、その内側に象牙質があります。

歯根
歯本体のうち、歯茎に隠れている部分を指します。歯根にはエナメル質が存在せず、表面はセメント質という層に覆われています。セメント質の内側には、歯冠と同様に象牙質が存在しています。

表面のエナメル質・セメント質が何らかの理由で削れると、象牙質が露出することになります。問題は、この象牙質の構造です。象牙質には象牙細管と呼ばれる無数の穴が存在しています。そして、象牙細管は「象牙質の表面」から「歯髄」の方向に、まるで細いトンネルのように存在しているのです。

以上から、エナメル質・セメント質は象牙細管の表面に蓋をする役割を負っていたことになります。エナメル質・セメント質が削れるということは、「象牙細管の入口を塞ぐものがなくなること」を意味します。

ここで問題になるのは、象牙細管の中身です。象牙細管の内側には、組織液と呼ばれる液体が入っています。そして、組織液は「温度が上がると膨張し、温度が下がると収縮する性質」があるのです。

結果、冷たいものが象牙細管の入口に触れると、象牙細管内の組織液が収縮し、体積が小さくなります。組織液の体積が小さくなると、象牙細管内の圧力がさがり、歯髄に「引っぱる方向の力」が働きます。その結果、歯に痛みが走るのです。

今、説明した「痛みが生じるメカニズム」を「動水力学説」と呼んでいます。神経の通っていない象牙質が痛みを感じる理由として、広く支持されているものです。本当は象牙質齲蝕の段階にある虫歯が痛むのも同じメカニズムなのですが、あまり気にしなくて構いません。とりあえず、「知覚過敏になる理由は、冷たい刺激が象牙細管を通じて歯髄に伝わるから」という程度に理解していただければ十分です。

2.冷たいものがしみるときの治療方法

それでは、冷たいものがしみる症状の治療法を解説することにしましょう。原因が虫歯なのか知覚過敏なのかで治療方針が変わってきますので、それぞれのケースごとに「一般的な治療方法」を解説したいと思います。

2-1 虫歯(C2:象牙質齲蝕)の治療法

C2の段階にある虫歯の治療は、原則、「虫歯になっている歯質を削って、詰め物を入れる」という方法でおこなわれます。詰め物は「コンポジットレジン充填」と「型取りを要する詰め物」の2種類があり、虫歯の大きさ・部位によっていずれかが選択されます。

コンポジットレジン充填

奥歯の溝部分にある虫歯を削った場合、虫歯の穴が比較的小さい場合には、コンポジットレジン充填がおこなわれる傾向にあります。コンポジットレジンは歯科用のプラスチック樹脂で、見た目は白色です。型取りの必要がないので「虫歯を削ってレジンを詰める」まで1日で完了するのが普通です。

詰め物(インレー)

奥歯の隣接面にある虫歯の場合、虫歯が比較的大きい場合には、通常の詰め物を入れることが多いです。型取りをしたあと、歯科技工士が詰め物を作製するので、通院回数は少なくとも2回になります。保険内で使用できる詰め物を選択するなら、いわゆる銀歯を入れることになります。

2-2 知覚過敏の治療法

知覚過敏の場合、問題は「冷たい刺激が象牙細管を通じて歯髄に伝わる」というところにあります。ということは、「何らかの方法で、刺激が歯髄に伝わるのを阻止すること」が治療方針の主軸になるはずです。そして、刺激が歯髄に伝わるのを止める方法として、次の3通りの方法が用いられています。

感覚を鈍麻させる方法

刺激を受けとる神経を鈍らせて、痛みを感じにくくする方法です。刺激の伝達を妨害する成分としては、「硝酸カリウム」が知られています。市販の「知覚過敏向け歯磨き粉」は、この方法を採用していることが多いです。

組織液を凝固させる方法

刺激を歯髄に伝えるとき、重要な働きをしているのは「象牙細管内の組織液」でした。組織液が膨張・収縮して移動することで、歯髄に刺激が伝わるからです。ならば、組織液を固めてしまえば、歯髄に刺激が伝わることがありません。組織液を凝固させる成分としては、「グルタルアルデヒド」が知られています。一部の歯科医院で、グルタルアルデヒドを用いた知覚過敏治療がおこなわれています。

象牙細管を封鎖する方法

健康な状態であれば、エナメル質・セメント質が象牙質表面の象牙細管に蓋をしています。象牙細管がきちんと封鎖されていれば、刺激は伝わりにくいわけです。それならば、象牙細管の表面に蓋をして、刺激が伝わりにくいように封鎖すれば良いのです。象牙細管の入口を封鎖する成分としては、「シュウ酸カルシウム」「フッ化物」などが知られています。歯科医院で、象牙細管の表面に蓋をする治療がおこなわれています。

3.まとめ

冷たいものがしみるときには、まず「原因が虫歯なのか知覚過敏なのか」を判別しなければなりません。セルフケアで改善できる可能性があるのは「軽度の知覚過敏」というケースだけなので、多くは歯医者さんで治療を受ける必要があるでしょう。

しかし、虫歯にせよ、知覚過敏にせよ、「冷たいものがしみる」という段階で治療を開始すれば、「歯に大きなダメージを与えることなく治療できる確率」が高いです。むしろ、早期に治療を開始するチャンスだと考え、歯医者さんで受診してもらいましょう。

コージ歯科_冷たいものがしみる

ページトップへ