お悩み解決コラム歯の異変

歯根嚢胞の痛み・症状を解説!「神経を抜いた歯」を長く残すために

歯根嚢胞_痛み

2,893view

「過去に治療で神経を抜いた歯」「悪化しすぎて神経が死んでしまった歯」が痛むのであれば、「歯根嚢胞(しこんのうほう)」の痛みかもしれません。「神経がないのに、どうして痛みが…?」と不思議に思う人もいると思います。

しかし、歯根嚢胞の場合、痛んでいるのは歯ではなく、「歯茎の内部」です。こちらでは、「神経がない歯に生じる痛み」―歯根嚢胞の原因・治療法を解説したいと思います。

【関連記事】歯根嚢胞が再発したらどうする?歯医者さんで実施する治療法まとめ

1.歯根嚢胞はどんな症状?痛みのメカニズムを解説

「嚢胞」というのは、「液体の入った袋状の病変」です。歯根嚢胞は「歯の根っこ部分にできる嚢胞」になります。歯根嚢胞の場合、中に入っている液体は「膿(うみ)」です。簡単に説明するならば、「歯根嚢胞は、歯の根っこ付近に膿の袋ができた状態」ということになります。

さて、歯根嚢胞が痛むのは、嚢胞が周囲を圧迫することによります。大きくなった嚢胞が歯・骨を押したり、嚢胞に膿が溜まりすぎて内部の圧力が高まったりすることで、痛みが生じるわけです。

1-1 歯根嚢胞ができる原因は?「神経のない歯」に要注意

歯の内部にある空間を「歯髄腔(しずいくう)」と呼び、歯の根っこ部分を「根管」と呼びます。歯髄腔は部屋、根管は細く入り組んだ穴のようになっています。歯髄腔は根管につながっており、本来、歯髄腔から根管にかけて「歯髄(歯の神経)」が入っています。

しかし、「治療で神経を抜いた歯」「虫歯が悪化して神経が死んだ歯(失活歯:しっかつし)」の場合、歯髄腔・根管に歯髄は入っていません。では、「神経のない歯」には、何が入っているのでしょうか?

「治療で神経を抜いた歯」であれば、歯髄腔・根管に虫歯菌を入れないための薬剤が入っています。ただ、薬剤は万能ではありません。一定の確率で、再び虫歯菌が入りこみ、内部を汚染することがあります。すでに神経はなくなっているので痛むことはなく、虫歯が再発したことに気づくのは簡単ではありません。

「虫歯で神経が死んだ歯」だと、歯髄が腐って液状化し、流れ出してしまっていることもあります。この場合、中は空洞になっています。空洞となった歯髄腔・根管内は虫歯菌の巣窟になっています。また、流れ出していなくても、死んだ歯髄は虫歯菌への抵抗力を失っていますから、やはり、内部にはどんどん虫歯菌が入っていきます。

歯髄のない歯髄腔・根管は、どんどん虫歯菌に汚染されていきます。すると、歯の根っこ部分で炎症が起こり、放置すると、次第に膿が溜まっていくわけです。この膿が袋状の組織内に溜まったものを「歯根嚢胞」というわけです。

1-2 歯根嚢胞の痛み・症状をチェック!

「神経がなくなっている歯の根っこに発生する」という特徴もあり、早い段階から自覚症状が出ることはありません。嚢胞が小さいうちは、たいてい無症状です。しかし、嚢胞は少しずつ大きくなっていき、いずれ痛みなどの症状を引き起こします。それでは、歯根嚢胞によって生じる痛み・症状の詳細を確認してみましょう。

噛んだ拍子に痛みが出る

歯の根っこには「歯根膜(しこんまく)」という部位があります。これは「噛んだものが固いのか、柔らかいのか」を判断するための組織です。歯根膜に炎症が及ぶと、噛んだときに痛みを感じるようになります。

歯茎が腫れて、脈拍に合わせて痛む

歯根嚢胞に膿が溜まりすぎると、内部からの圧力が強まります。結果、歯茎の腫れが強くなり、圧迫による痛みが生じます。この場合、「脈拍に合わせてズキズキと痛む」と訴える患者さんが多いです。

歯茎から膿が出てくる

歯茎の腫れが強くなり、表面にオデキのようなものが現れることがあります。オデキの中には膿が入っているので、オデキが破れると膿が出てきます。

歯が浮くような感覚が生じる

歯根嚢胞が膨れ上がると、内側から歯を押すような状態になります。そのため、「歯が浮く」「歯が動くような感じがする」といった自覚症状を訴える患者さんもいます。

1-3 歯根嚢胞を放置すると、危険な状態になることも…!

痛みが生じるほどになった歯根嚢胞をさらに放置すると、全身の健康状態を悪化させることがあります。

たとえば、歯根嚢胞の中にいる細菌が副鼻腔(鼻の裏側にある空洞)に入りこむと、蓄膿症(ちくのうしょう)の原因になります。また、顎全体に感染するようなことがあると、顔が非対称に見えるほど大きく腫れる恐れもあります。

糖尿病などの全身疾患がある方、人工透析を受けている方などは、歯根嚢胞を放置すると、細菌が全身に広がることもあります。こうなってしまうと、敗血症などを起こし、生命にかかわるケースも出てくるでしょう。「たかだか虫歯の延長線上」と軽く考えず、早めに歯医者さんを受診することが大切です。

2.歯根嚢胞の痛みを解説!具体的な治療法は?

放置すると全身症状を起こす恐れもある歯根嚢胞ですが、治療するためには、どのような方法が用いられるのでしょうか?

この章では、歯医者さんを受診した場合におこなわれる一般的な治療をいくつか紹介したいと思います。

2-1 感染根管治療で、歯の内部を無菌化する!

歯根嚢胞が小さければ、虫歯治療と同じように「感染根管治療」をすることで完治することがあります。感染根管治療とは、「ファイル」「リーマー」といった針状の器具で、根管内の感染部位を除去する方法です。

感染した部分をすべて取り除いたら、再感染を防ぐために「ガッタパーチャ」という薬剤を詰めていきます。隙間なく薬剤で埋めて、虫歯菌が入ってこられないようにするわけです。

2-2 歯根端切除術で、感染部分を取りのぞく!

根管治療だけでは無菌化できない…という場合、「歯根端切除術」という処置をおこないます。この方法では、麻酔をかけた上で歯茎を切開し、外科的に嚢胞を摘出します。さらに、歯の根っこ部分を切除し、医療用のセメントを詰めて塞ぎます。

これは要するに「嚢胞を摘出し、さらに虫歯菌に感染した根管を切除する治療法」です。時間が経過すれば、切除した歯の根っこ部分は骨に覆われます。

2-3 嚢胞開窓術で、膿を外に出す!

歯茎を切開し、嚢胞に穴をあけて膿を外に出す方法です。傷口を縫合するとき、一部だけ「穴が開いたままの状態」で残しておき、継続的に膿が外に出るための道を用意します。傷口が治るときに骨が再生し、嚢胞を覆ってしまうことを期待する治療法です。

しかし、嚢胞自体を中に残したままなので、一定の再発リスクがあります。そのため、あまり採用されることは多くありません。

2-4 治療が困難な場合は抜歯に…

歯を残して治療することが困難であれば、抜歯となります。抜歯すれば歯根嚢胞は治りますが、歯を失うことになります。

3.まとめ

歯根嚢胞は悪化すると、全身症状を起こす恐れもあります。全身症状までは進展してなくても、放っておけば歯を失うことに直結します。「神経のない歯(失活歯:しっかつし)」に違和感を覚えたら、早めに歯医者さんを受診するようにしてください。

また、特に歯根嚢胞を起こしやすいのが、「神経を抜いたあと、治療を完了せずに放置している歯」です。歯科治療を途中で放棄すると、歯根嚢胞などのトラブルで歯を失う恐れがあります。虫歯治療は途中で投げ出さず、きちんと完治させることが大切です。

ページトップへ